近隣調査報告 ②

DSC_0461_convert_20160509160547.jpg

今由布院がどんな状態なのか・・・。
それはもちろん日々その復興具合を見ている僕たちが一番分かっています。

しかし他の場所は?と聞かれたら同じ九州にいても、
入る情報は他県の人と同じくTVのニュースだけ。
報道される由布院と現実の由布院の違いを実感した僕は、
どうしても自分の目で今の現実を確かめに行くことにしました。

お客さんも少ない今しか行けない!
そこでお客さんが去って掃除が終わった日曜お昼から由布院を出発。
まずは福岡に預けていた子供を引き取りそのまま高速で南下開始~。

下りたのは熊本ICです。

あの壊滅的なイメージの残る熊本。
本当にそうで、また今もそのままなのか・・・。
ドキドキしながら高速から降りるといきなり本日目指す阿蘇方面通行禁止の看板が!

やはりまだまだ大変なことになっているのか・・・?

DSC_0462_convert_20160509160604.jpg

今回は時間の関係で熊本市内や益城方面へは行けませんでした。
ただ阿蘇方向に進む道路から辺りを眺めた感想は、

あまり被害を受けた家屋は見れない。

というものでした。

あるのは所々でブルーシートで屋根を覆った由布院でもおなじみの光景だけ。
ひょっとしたらもうかなりこのあたりは復旧が進んでいるのかもしれないですが、
お店も通常通り開いており、道路もしっかりと東に延びていました。

熊本ICから阿蘇方面に向かうのには最初はまったく問題なしです。

DSC_0471_convert_20160509160636.jpg

しかし大動脈の57号線を東に辿るにつれ看板が増えてきました。
「阿蘇方面 通行禁止」

この先があの「阿蘇大橋」と共に国道も全て土砂に埋めつくされた場所です。
迂回路はミルクロードと書いてあるのですが、
一応そのあたりの細道もトライしてみたのですが、ことごとくダメでした。

どうやら熊本から阿蘇に抜けるにはミルクロード経由しかないようです。
山の中のワインディングをクネクネと進み、
ようやく阿蘇のカルデラ内に入ってきました。

そして振り返ると阿蘇の外輪山が大きく崩れている!
こ、これは・・・?
今回の地震の影響なのか?
それ以前からあったのか?

残念ながら真実は分からないままでした。
 
DSC_0474_convert_20160509160618.jpg

道路が1本という事でやはりかなり渋滞が発生していました。
しかしGW最終日ながら観光客という感じではなかったです。
仕事でか、ボランティアでか。

しかしやはり走っていて感じるのは意外にも被害の実態が見えないということ。
報道では阿蘇エリアもかなりやられてるように感じたのですが、
倒壊した建物も道路沿いではほとんど見れなかったです。

またブルーシートの数も由布院の方が多いですね。

途中で阿蘇でお勧めの「ASO BESE」というゲストハウスに立ち寄ったのですが、
ほとんど被害はなかったようでした。

しかしお客さんは0。

主要道路の遮断と鉄道の運休。
そして阿蘇山への入山禁止が大きく響いているとのことでした。

ただ僕は今の過剰なTV報道が影響している気がしてならなかったです。

DSC_0481_convert_20160509160651.jpg

そして阿蘇にある「阿蘇ユースホステル」にももちろん御挨拶に。
この遠征の目的は阿蘇のYHの状況を知るために来たのですから。

ここ阿蘇ユースホステルは50年物歴史を誇る老舗のユースホステルですが、
今回の地震で1か所館内に大きな亀裂が入ってしまいました。

この亀裂に市が待った!をかけているらしく。
今後営業が再開できるのかどうか非常に微妙な所の様です。

元気いっぱいのおばあちゃんがやっている九州の名物YHだけに、
なんとか無事に再開して欲しいものです。

ちなみにこの近くにある阿蘇YMCAは人がいなかったのですが、
遠目からでは大きく壊れた様子はなかったです。

DSC_0482_convert_20160509160706.jpg

その後南阿蘇まで足を運び「村田屋旅館ユースホステル」にも寄ってみました。
こちらはお皿が数枚割れた程度でほとんど被害なし。

行ったときもお客さんがチェックインしているところで、
無事な姿にホッとしました。

DSC_0484_convert_20160509160721.jpg

最後はラクダ山の地鶏を食べて、
車でキャンプして遠征は終了~。
午後スタートでしたが350kmを超える大移動になりました。

今回強く感じたのは古い建物は傾いたり瓦がとんだりしていたのですが、
旅行したり観光したりできない状態ではまったくないということ。

もちろんこれは阿蘇に限ってのことで、
熊本市内の状況は高速からしか見ていないのでなんとも言えないのですが、
今もよくTVで映し出される酷い映像はかなり特定の場所だけの様に感じました。

必要以上に恐れて熊本観光を慎重に考える必要はないかもしれません。
事実道路沿いのお店は人は少ないのですが、みんな元気に営業をしていました。

熊本・大分が受けた今回の地震の影響は直接的な物以外にも、
これからじわじわと効いてくる間接的なものもとても大きいです。

余震も確実に止まって来ています。
夏前にはぜひもっと復興を遂げて、
世間の皆さんの不安をかき消せるようにしたいですね!

がんばれ!熊本・大分!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック