復活へ向けてのちょっと息抜き

DSC_0291_convert_20160424225204.jpg

あの天地をひっくり返す地震から一週間が過ぎました。
まだ余震は止まらないのですが回数は確実に減って来てます。
皆さん、今日も元気に揺れてますか!?

こういう時の発言っていろいろ気を使うものですが、
被災者はその点楽ですよね。
なにせ当事者なので。

この状況で遊びに行ったブログを書くの気が引けるものですが、
復旧のためだけに働き続けているわけでもないので久々に投稿しまーす。
本日は朝から休養日。丸一日元気に走り回りましたよ。

まずは自然エネルギーで気力を回復。
近くにある上から滝を見下ろせる冨貴野の滝へ。
誰もいない緑の中にいるだけで救われますね。
いやはや変わらず素晴らしい眺めだ!

DSC_0293_convert_20160424225221.jpg

明日で2か月半働いてくれた香港人のコビーがお別れ。
大変よく働いてくれました。
感謝の言葉もない程です。

そんな彼とこれまた水曜日にお別れの台湾人お手伝いヤンのために、
いつもの定番コースをぐるり。

続いて訪れたのは安心院のワイナリーです。
ここは試食と試飲の王国。
さぁ胃袋にエネルギー注入だ。

お手伝いと奥さんはワインでほろ酔いいい気分に。

DSC_0297_convert_20160424225248.jpg

続いて宇佐市へ鬼のミイラを見にいてきました。
ここは写真撮影禁止なので現物を見たい人はぜひ十宝山大乗院に行ってみて下さい。

お寺に入るとかなり無造作に置かれたミイラに約1mの至近距離で会うことができます。
今回の地震でもその乾ききったお身体には一片の損傷もなく大変元気に座っておられました。

DSC_0299_convert_20160424225313.jpg

続いて訪れたのが大分では恐らく一番の藤の名所である「千財農園」。
過去2年続けて激務のGW明けに訪れているのですが、
全て花が散り終わった後の垂れた茎をみるのみという悲しい想いをした場所です。

しかし今年はついにやりましたよ!
見事満開!
GW前のこの時期に来ることはなかなか難しいことです。
ある意味地震のおかげとも言えるでしょう。

B612_20160424_121130_convert_20160424225327.jpg

240本もの藤が植えられているそうです。
辺り一面には見事に垂れ下がる藤の密林と甘い香り。
これは一見の価値大いにありです。
そして本業のお茶販売ではなく、
これほど藤に力を入れてくれているのになんと駐車場も入場も無料。
なんて懐が深いんだ!と来た誰もが感じます。

みんなせめてお茶でも買おうと入り口の直売店に長い列を作っていました。
もしこれが戦略なら・・・、
かなりの策士がここにはおられますね。

DSC_0313_convert_20160424225350.jpg

続いて国東にある 冨来神社へ参拝。
そのありがたい名前から宝くじの当選を願ってくる参拝者が後を絶たない神社です。
今回の地震もある意味 大当たり(?) なのですが、
もう十分です、と今後の当選ははっきりと辞退してまいりました。

DSC_0321_convert_20160424225409.jpg

国東まで来たのなら、
もちろんいつものあの場所に来ますよね。
自分に気合い入れ直しとお浄めの意味も込めて今年最初の海へ!

生憎の曇り空でしたが僕の禊にヤンもつき合ってくれました。
しかしそこはまだまだ4月の海。
一切手加減なしでした。
呆れるほどの冷たさ。

澄み渡る海中へ漕ぎ出して数秒で手足はピリピリとかじかんできました。
しかもズルをして2枚無理やり着込んだウェットスーツが特大の浮力を与えてくれ、
まったく潜れない!大いなる誤算だ。

震えながら海面でじたばたすること20分。
あまりの寒さに速攻で2人ともリタイアです・・・。
まだ、ちょっとだけ早かったな。

それでもなんとか今年初のお恵みを少しだけ海から頂きました。
醤油炒めで大変美味しく頂かせてもらいました。
しかしその後1時間は震えが止まらず。

ちくしょー、また来るぜ。
何度でもな。

DSC_0333_convert_20160424225424.jpg

一旦湯布院に戻り、
友達のところに遊びに行っていた長女と長男を拾い、
別府のカラオケでお手伝いサヨナラ歌会を実施しみんなで2時間熱唱!
ここでも当然やり切りましたよ。
歌って叫んで踊って・・・。
イカレた喉に滴る程の汗。もう話もできない位です。
いやー気持ち良かった。

すっかりと発散しきった今日。
明日からまだあと少し復旧作業が残っています。

そして残すは温泉の浴槽復帰のみ!
でもこれは残念ながら業者さんの順番待ちなんですよね~。
いつ来てくれるかな~?

もうここまで来たら気長に待つしかないですね。
早くお客さん第一号をお迎えしいっす!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック