金を食う犬

IMG_20150516_0003_convert_20160311155506.jpg

長く南米を回ろうとする旅人がだいたい立ち寄る場所があります。
それがここ グアテマラにある古都 「アンティグア」です。

歴史情緒漂う山間の静かな街に続々とザックを背負った怪しげな人間たちが集結。
なぜかというとここのスペイン語学校の授業料が桁外れに安いのです。
旅行をより充実したものにしようと難解なスペイン語に挑む旅人達。

でも語学を短期間で学ぶって並大抵の努力ではできないです。
始めの数日は誰しも真面目に取り組むのですが、
そのうち周りにたくさんいる脱落した楽しげな旅人の輪に引き落とされていってしまうのです。

そりゃ勉強よりも夜飲んで踊って騒いでる方がどれだけ楽しいことか・・・。

僕も滞在2か月間でかなり誘惑には抗い続けたつもりですが、
最後はやっぱり夜の飲み会とサルサに夢中になっちゃいましたね。
遊びに行ってたんでいいんですけどね。

今回はそんなアンティグアで起こったある不思議な事件を聞いてください。

滞在中僕はより現地人との会話の機会を増やすため、
ある一般家庭にホームステイしながら学校に通っていました。

市内で雑貨屋さんを営むその家庭はもう今までに何人もの旅人を引き受け、
僕たちの扱いにはすっかり慣れっこ。
慣れ過ぎてほとんどかまってくれなくて寂しいくらいでした。

あてがってくれた部屋は1階の奥の小さいベットと机のある部屋。
初日から気になっていたのが扉の鍵がないことでした。
しかし疑い出したら旅なんて続けられないのが中米。

昼間は荷物は当然そこに置いておき毎日お出かけしていたのですが、
学校帰りのある日。
部屋に入ってびっくり!

明らかに僕の荷物が動かされていたのです。
しかもベットの上には現金のドルを入れた貴重品入れの腹巻が放りだされていた。
慌てて中身を確認するとすべてではないのですがかなり抜かれてる!
や、やられた~!

速攻で家族に説明しに行くと慌てて部屋にやってきた。
そして現状を見ながら家族みんなでなにやらひそひそと話しだしたのです。
もちろんまだまだ何を言ってるのかは分からない僕。

「泥棒か?」
と聞くと いや泥棒ではない と断言。
昼間は常に人がいるのでここまで入ってくることはできないのだ。

実は僕には一人目星をつけているヤツがいたのです。
この家の3兄弟のお兄ちゃん。
どーも初日から彼と馬が合わなかったのです。
もちろんそれだけで断定はできないのですが、
おそらく家族も身内の犯行を疑っているような雰囲気でした。

しかしそれをはっきりと言い出せない理由があるようです。
この生徒受け入れは彼らにとっていい小遣い稼ぎ。
ここで変な噂を立てられては次からの受け入れに問題が出るのでしょう。

しばらくひそひそ話していた父親から、
ついに衝撃の説明が飛び出したのですっ!

「リョウ ほんとにすまなかった。犯人が分かったよ・・・。
 お前の金を取ったのは、いや食ったのはこいつだ!」

指さされた先にいたのはこの家で飼われている大きくて白い犬。

はーーーーぃ?

「ちょっと待て。犬は扉開けれないでしょ!」

「いや、こいつは開けるんだ」

「腹巻のチャックも開けられてるんだけど!」

「いや、こいつは開けるんだ」

「犬がお金を食うわけないだろ!」

「いや、こいつは食うんだ」

あまりのバカな言い訳に興奮してしまい、
結局一旦みんな引き上げてもらい僕一人にしてもらった。

しばらくじっと考えてみる。
この家はちょっとやばいな・・・。
新しいとこに替えてもらおう。
そう決意したその時。

激しくドアがノックされる。
そこには勝ち誇った顔のお父さん。
そして得意げに手に持っていたものを見せてくれた。

それは・・・、
犬のうんち。
しかも中にはまだ新しい紙幣が丸めて埋め込まれていた。

「見ろ!金が出てきた。これが証拠だ!」

いやー、
それあんた、そこまでやるか・・・。
こりゃある意味もっとヤバい・・・。

そしてはっきりと明言しておくと僕が取られたのはドルで、
うんこにねじ込まれていたのは現地通貨のケツアールだったという事実。
なんて甘すぎる詰め。

もはや失ったお金の事よりもここに滞在し続けることの方に強く恐怖を感じた僕は、
翌朝速攻で学校にお願いして家を替えてもらったのです。

突如犯人に仕立てられた犬ちゃんには悪いことしたな。
お父さん犬がうんこするまでじーっと待ってたんでしょうね。
ある意味スゴイ執念だ。

ただ当然取られた金額分はうんこネタでその後かなり笑わせてもらいましたよ。
ありがとうございましたー。

この情熱の街アンティグアではまだまだいろんな人間の情念に巻き込まれたなー。
またいつかその辺は機会がありましたら別のお話で・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック