若く美しきあの頃よ・・・

IMG_20150516_0006_convert_20160226160847.jpg

人生という長い長い迷路のまさに入り口に立つ学生時代。
誰もが将来のことはもちろん今の自分自身さえ確立できずに、
悩み迷う混沌としたあの頃。

そしてあまりに自分を見失いすぎた僕たちは、
ついに性別さえも分からなくなってしまったようです・・・。

これは大学祭の女装大会での一コマ。
みんな目一杯おしゃれしてセクシービーム出しまくりで自信満々で舞台に立つ!
どうですか?!この美しさ。
ちなみに腹だしルックスの美魔女が僕です。

しかし時代はまだまだこんな僕たちを受け入れてはくれなかった。
結果は大惨敗・・・。

そして迎えた翌年の大学祭。

1年間スポンジのように世の中の善悪を吸収した僕は、
昨年の失敗の原因を探求し、さらに緻密に計算を重ね、
導き出した完璧な答えのもとこの鬼門である女装大会に再び挑むのです。

その結果は・・・、
みごとに 優勝っ!!
やったっ!!

その時の麗しき姿が、

IMG_20150516_0007_convert_20160226160904.jpg

これだっ!

え?
どれって・・・、
この一番左の物体ですよ。
(写真は女装大会後のうどんかなんかの早食い大会のもの)

そう。
分かったのです。
大学祭でだれも美しさなんて求めていないのです。

ちなみにこれは手作りのミニーちゃん。
みためはかなり雑ですが結構時間かけてます。

一番のセールスポイントはミニミニスカートの下からちらっとこぼれる際どいパンツ。
ですかね。
このころは髪が腰くらいまであったので黒く丸めた耳は地毛ですよ。

2年目にして登りつめた頂。
こうしてこの世界からは無事に引退したのです。

しかし、
一度手を染めてしまったこの危険な世界の誘惑を振り払うことは、
なかなかできなかった。

それは大学時代最後の卒業式の日。
この晴れの舞台に再びうずきだした悪い虫。
だ、だめだ・・・。
我慢できねぇ~・・・。

IMG_20150516_0008_convert_20160226160919.jpg

そのやっちゃった写真がこれです。
朝から美容室にまで行って整えた髪。
そして彼女に塗ってもらった化粧。

背広と袴の男性軍の中で輝く紅一点です。
完全に浮いちゃってましたね。
まーでも学生ですから!
なんでもありありでしょう!

ちなみにもうこの悪癖は完全になくなってます。
人間年と共に確実に成長していくんですよ。

今はただこの妖しきDNAが息子の中に流れていないことを願うばかりです。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック