今年一発目の別府越え

DSCN1378_convert_20160208200120.jpg

午前中お休みの今日。
前に家で働いてくれた別府在住のマオに、
自転車を届けるために別府に向かうことにしました。

せっかくなので奥さんに塚原まで送ってもらい今年一発目の別府越え。
もう何度この峠を越えた事か・・・。

好きなのです。
ここが山と名のつくルートの中で一番好きなのです。

誰もいない孤独な世界といい、
木々の作り出す天然のトンネルといい、
途中に広がる風景といい、
とにかく僕のすべてのツボがここにあり!

キーンと冷え切った朝ですが、
今日も心ゆくまで楽しませてもらいまっせ!

DSCN1380_convert_20160208200140.jpg

晴れた青空に白い雪はほんと良く似合う。

街中や幹線道路では完全に溶けきった雪ですが、
山の中ではまだまだたっぷりと生き残ってます。

目の前の真っ白な絨毯に残るのは無数の動物たちの足跡だけ。
まっすぐに目的地に向かって延びているはずの彼らの足跡は、
時折絡まるようにして大きく乱れる所があります。

きっとテンション上がって踊ってるのでしょう。
2匹が楽しそうにじゃれ合う姿が目に浮かびますねー。

DSCN1387_convert_20160208200202.jpg

おりゃ!
3点倒立に挑戦!

しかし朝、いつもの様にほぼ何も考えずに準備してきた僕の手にはただの軍手1枚。
雪と戯れて遊び回るうちに、
当然のようにびしょ濡れになる軍手。

つ、冷たい・・・。
手がかじかんできてヤバいぞ。

それなりに山に登り場数だけは踏んできているのですが、
何度行っても全く学べない山の常識。
ほんとバカですね。

こんな僕にはこの言葉を贈りたい。

「備えあれば憂え無し」

きっちりと準備して備えさえすれば困ることはありません。
ただしこれができるようなら今の僕はないでしょうが・・・。

DSCN1390_convert_20160208200224.jpg

そして今日も山中を気持ちよく1時間ほど走り抜けさせてもらいました。
最後に別府の全景をどうぞ~。
気持ちいいですよ。

このルート最大の見せ場。
ここからの風景は爽快そのもの。
清々しい心にエナジー充電完了っす!

そして迎えに来てもらった奥さんに拾ってもらい、
今日の運動はおしまい。
無事に自転車も送り届けることができました。

この別府越え。
ルート的にはただ単に高地の湯布院から海沿いの別府まで、
ぐぐーっと走り降りてるだけともいえるのですが、
一応途中で「鍋山」というピークをゲットしてるんですよ。

そんなわけで一応 登山 というカテゴリーに入れさせてください。
さぁこれでまた一週間すっきりと働けるぞ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック