新たなるイベントへの道

DSCN1368_convert_20160204213959.jpg

「24時間サバイバル登山」
「24時間サバイバルサイクリング」
「24時間サバイバルキャンプ」
「24時間サバイバルヒッチハイク」

数々の歴史に彩られてきた我がYHの名物イベント。
24時間シリーズ。

そろそろ新しい血を入れる時でしょう。
今回満を持しての登場は
「24時間サバイバルランニング」

一番ありそうでなかったこの企画。
なぜなら・・・。
僕が走るのキライだからです・・・。

しかし昨今の巷のランニングブームをみるとそうも言ってられない!
そんなわけでまずはルート設定から考えることにしました。
やっぱりゴールした時にやり切った感がある場所がいいですよね。
もうこれ以上先はないという場所。
そして今回最終的に選ばれたのが大分の遥か東に位置する「佐賀関灯台」です。

我がユースホステルからの距離は 実測 73km。
おー、なかなかいい距離じゃないですか。

試走と言っても僕は人生でこんな距離走ったことないので、
いきなり全部やると死ぬこと間違いなし。
しかもそんな時間も取れない。

そんなわけで今回は奥さんと2人で半々で走ってみることにしました。

と言っても奥さん32km。 僕が41km。
かなり僕の責任重大です。

朝の掃除を終えまず僕が車で別府と大分の間の公園まで車で移動。
ここに車を停めいざ出発です!

空は願ってもない青空。
海から流れてくる潮の香りが闘志をぐっと高めてくれます。

DSCN1372_convert_20160204210619.jpg

海沿いを駆け抜け、
大分の街中を突っ切り、
それでも道はどこまでもどこまでも続きます。

途中でなんとも可愛らしい橋を発見っ!
ちなみに川の名前も 「子猫川」です。
いけてる~。

順調に走り出した僕ですが、
まず最初のアクシデントが発生。
ザックにスピーカーを搭載し、大音量のノリノリで走っていたその時、
なんとスピーカーの充電切れですよ。

やっぱあの音量では2時間が限界だったか・・・。
早速音楽という方翼を奪われてしまった僕。

ここからは長い孤独な自分との戦いが続きます。

そして走り出して2時間半が経過したあたりで、
右の膝が痛み出しました。

もはや持病の左肩痛のため左手をふれないため、
走るバランスがひょっとして悪くなってるのか?

なんてこった・・・。
まだまだ先は長いんですけどー。

DSCN1373_convert_20160204210643.jpg

それでもえっちらおっちらと走る事3時間半。
ついにゴールの佐賀関灯台の看板がちらほら見えてきました!
残りは12km。

終わりの予感に安堵しながら本日3度目のカフェにてまったりタ~イム。
この至高の時間に、
またどえらい事件が発生っす!

今回僕が車を置いた場所までの32kmを奥さんがYHから走ってきて、
そのまま車で帰ってくれる予定となっています。

では僕はどうするのかというと、
父親が車で灯台まで迎えに来てくれることになっていました。

今回はルート視察も兼ねているので、
たっぷりと時間の余裕をもたせて灯台集合時間は夕方の6時。
どれだけ道に迷おうとも大丈夫という時間設定です。

なので途中膝が痛み出し、
ペースがガクンと落ちた僕もまだまだ時間的余裕はありありです。
しかしここには一つ大きな不安がありました。

僕の父親とは思えないほど時間に厳格で慎重派の父親。
あやつの事だから「6時!」といってもきっと5時半くらいには来てしまうだろう・・・。
そこを目安にラストはちょっとペースを上げるかな・・・。

そんなことを考えながら珈琲を味わっていたその時。
信じられない物が目に飛び込んできたのです・・・。

なんと・・・。
今目の前を悠々と走り去っていったあの車は・・・、
父の車ではないかっ~!!!!

その時まだ時計は午後3時を少し回ったところ。

おい、ふざけるなよ!
30分どころか3時間前に来るってどういうことっ~!

慌てて電話すると
「いや~思ったより道が空いてて早く着いたよ」

って早いにも程があるわっ!

DSCN1374_convert_20160204210710.jpg

結局その後30分ほど進んだ道の駅 佐賀関にて早々に父に合流。

皆さん。
これがあの「慌てん坊のサンタクロース」をも凌ぐのではないか言われる
キングオブセッカチのマイファザーです。

これ以上彼を待たすのも申し訳なく、
また今回は視察という点を考慮して、
かなり中途半端ながらここで走るのは終了~。

気合十分だった割には走った距離は奥さんと同じく32km。
しょぼーん。

なお同じ距離を同じくらいの時間で走っている僕たち夫婦ですが、
夜膝が痛いと叫ぶ僕に対して奥さんは余裕綽々。
さすが毎日10km走ってるだけありますな。

DSCN1377_convert_20160204210736.jpg

そしてラストの9kmは車でスイスイと走り、
ゴールの灯台の海星館へと到着!

やっぱ岬の最果て感は実にいいっ!
当日はやり遂げた感でいっぱいになるでしょう。

そして今回思ったのが24時間という時間を使い切るのもこのイベントの趣旨の一つ。
走り切るとかなり時間が余りそうです。

これは歩いて目指した方が24時間という枠にはぴったりと収まりそうですね。

というわけで「24時間サバイバルウィーキング」としていよいよこの4月に開催したいともいます。
ウォーキングに変わったことでかなりハードル下がりましたよ。

詳しい日程は近々HPに発表します。

また新しい特別なストーリーが始まり出しそうな予感。
ぜひご一緒に春の大分を歩き抜けましょう~!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック