登り初め 2016 由布岳 大雪っす

DSCN1343_convert_20160125165614.jpg

この日本列島を襲った寒波の影響ですっかりと雪に覆われた由布院。
由布岳もいつもの1.5倍ほど着ぶくれして重そうです。

実は・・・。
まだ今年になって一回も登ってないんですよね。

こりゃ行くしかねぇーな。
登り初めだ!

奥さんと2人ですでにすっかり雪で埋まった登山口よりいざ出発。
当初肌着とカッパだけで登ろうとした僕ですが、
あまりの寒さに瞬時に凍りつき慌てて車に戻るもあったのはこの分厚いダウンのみ。
やむなくこのモコモコ姿で登ることにしました。

「・・・あなた一体何回山に登ってるの・・・?」

隣りから突き刺さる冷たい視線。
僕の今まで積み上げてきた山での知恵と経験は全く生かされません。
この見事なまでの還元力のなさよっ!

DSCN1348_convert_20160125165648.jpg

まず歩き出した僕たちを迎えてくれたのは、
雪の重みで垂れ下がった枝達が作り出す白いトンネルでした。

標高を上げるにつれ吐く息は白く染まり、
吸い込む呼吸で鼻毛が凍り出しましたよ。
こりゃ相当冷えてますね。

実は雪の由布岳は初めてという奥さん。
いつも見慣れた風景の見事なまでの変わり様に大興奮です!

いつもの通り「ちょっと買い物に・・・」
的なノリでいつも出かける僕たちはもちろんアイゼンなんてものはありません。
ストックもありません。
というか水も食料もカバンも何もありません。

本日すれ違った7名の完全冬山装備を施した登山者さん達。
みんな僕たちのあまりの場違いな格好に目を丸くしておられました。

DSCN1360_convert_20160125165732.jpg

ただ途中の7合目くらいまではこれで十分だったのです。
深い雪だまりでも50cm程度。
サクサクと進んで行けたのですが、
状況が一気に急変し始めたラストの岩場。

突如身体半分を埋め尽くすほどの雪が待ち受けていました。
1mはありましたね。
歩けば埋まる、歩けば埋まるの繰り返し。
身体全身を使って渾身のラッセルで少しずつ距離を稼ぎます。

今となっては体温をしっかりと保持してくれていたこの厚いダウンが憎いです。
白い海を泳ぎ続ける事20分。
安物の手袋はすっかりと防水機能を放棄し、
もはや指先の感覚は一切ありません。

DSCN1357_convert_20160125165709.jpg

そしてついに2つのピークの分時点の「マタエ」に到着。
ここまで1時間半。
いつもの2倍の時間がかかってます。

吹き荒れる風雪にこれ以上のこの地への滞在はヤバいと睨み、
なんと今年の登り初めは中途半端にここで終了~。

失われていく体温を補うべく即全力下山開始です。
フッカフカの雪を目がけて遠慮なく躊躇なく転げ落ちる。
これが雪山登山の一番の醍醐味ですよねー。

滑って転んで、雪と心ゆくまで戯れた下り道。

途中で行きに抜いて行った登山者たちに挨拶するも、
変わらず冷たい視線で一瞥されてしまいました。
しかし完全装備の彼らにこう言いたい。
恐らくあの深い雪道を抜けるのは無理ですよ。

この8年間登り続けてきた由布岳で今日は冬山のベスト3に入る程の雪深さ。
いつもはどんな甘い格好の登山者も優しく受け入れてくれるこの山ですが、
今日の彼女はとってもご機嫌斜めです。

必死に1人で引きこもろうと雪雲のカーテンをまたまた引き始めました。
どうかこれ以上怒り出す前に素直に下山しましょう。

またすぐに機嫌を直していつものいい顔見してね!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック