湯布院 ソリンピック 開催

DSCN1324_convert_20160119214244.jpg

湯布院の街中より100mも標高を上げた山の中腹に位置する当ユースホステル。
その一気に上がる高度差は当然のように狭い等高線を作りだし、
そこには素晴らしき角度の道が姿を現します。

これが駅から歩いてきたり自転車で漕いでくる旅人を苦しめ続ける、
もはや名物と呼んでもいい鬼坂です。

いつもは忌み嫌われる一方のこの坂が生まれ変わる日があります。

そう。
まさにこんな雪の降る夜・・・。
目の前に悠々と広がる天然の雪の滑走路。

今夜もまた、
スピードという名のスリルに魅せられたちびっ子たちの歓喜の夜の始まりです。

DSC_2395_convert_20160119215318.jpg

滑ると言ってももちろんここは普通の道路。
普段から交通量はほとんどないのですが、
それでも上と下に大人が付き安全を確認後スタートの号声が鳴り響きます。

車によってツルッツルに踏み固められた道路の摩擦係数は限りなく低く、
時にとんでもないスピードが出てしまうこともあります。

ある程度の段階で自発的に転んだり横の雪だまりに突っ込んでくれたらいいのですが、
何の手も打たずにソリにかかる重力を自由に遊ばせてしまうと、
もはや自力では決して止まれない状態に陥ります。

ここでいよいよ常に下で構えている僕の出番です。
足場はツルツル。
向かってくるのは超スピードのソリ。

これを止めるにはかなりの覚悟が必要です。
タイミングを見計らって向かってくる相手になるべく優しくフライングボディーアタック。
ソリごと乗り手をなぎ倒し、そのままお互いに絡まり合いながらなんとか停止。

今夜で何度吹っ飛んだことか・・・。
身体ボロボロです。

DSCN1337_convert_20160119214350.jpg

小一時間ほど滑りまくり疲れ果てたちびっ子達。
大変楽しかったようで興奮冷めやらぬようです。
雪のベッドで静かに高まった鼓動を冷やしましょう。

今夜は今シーズン初めてのしっかりした積雪。
やっと活躍の場を貰った2台のソリ。
あと何回位使えるかな?

ただ今夜の道路状況から考えても明日の朝はかなりの危険状態に陥りますね。
例年何台もの車を気まぐれに躍らせてきたこの坂道。
またしても血の午前中になってしまうのか?

明日湯布院を訪れる皆さまはどうぞ御十分に御注意くださいませ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック