雨のバカヤロー 宮崎へ

DSCN0717_convert_20151125162213.jpg

連休を無事に乗り切り、手にした2日間のお休み。

いつもは迷わずどこかに出かけるのですが、
今回は以前より温めていたある計画に挑戦することにしました。

ここ数年すっかりと山にはまってる僕ですが日本人の魂の一部でもある
「富士山」に登ったことがないのです。

しかし実際問題今の仕事の時間や状況から考えてあと20年はまず無理でしょう。
そこで僕は考えました。
行くことができないのなら、我が由布岳で富士山を超えるしかないな。

由布岳の標高差が約800m。
つまり・・・、一日で由布岳を5往復すると・・・、
富士山の標高 3,776mを超えることができるのです!

そんなバカな計画のためにこの2週間しっかりと身体を作り上げ、
あらゆる準備も万端にしてきました!

そして気合い十分で目覚めた朝5時半。
湯布院 まさかの雨でした。
がちょーーーーーん。

ただでさえ限界ギリギリになると思われる中、
雨で濡れた服と靴で山の5往復はきつすぎる。

そして涙涙で予定は断念。
また来年、いつかその機会が来たときにやってやるとするか・・・。。

突然降ってわいた自由時間。
そこから一気に心はいつもの旅人モードへと切り替わります。
大慌てで計画を練り、準備をし直し、
保育園に行く寸前の末っ子を無理やり連れ去り、
さーお出かけだー!

天気予報を見ると九州南部は晴れてるな・・・。
よし、南だ!

末っ子一人だと車で退屈しまくるので、
急遽家でのんびりしてた母親もついでに拉致して出発!

DSCN0720_convert_20151125162239.jpg

分厚い雲のかかる由布院を抜け、
高速でどんどん南下すると心洗われるコバルトブルーの空が!

くっそー。
やっぱ南は晴れてるのか。

大分県南部の海辺でまずは太陽の温かさを堪能しながらお絵かき。

DSCN0724_convert_20151125162300.jpg

そしてランチはもちろん海鮮丼っ!
美味いっ!

DSCN0726_convert_20151125162333.jpg

さらにどんどん南下を続けていると道路沿いの歩道を、
一人の若者がチャリで疾走していました。

おー元気だな~。
しかしどっかで見たことがある顔だな・・・。
こやつはもしかしてっ!!

なんと3週間ほど前にうちでお手伝いしてたコースケでした。
チャリで日本1周中の熱い漢とここでまさかの再会!
高速道路で移動していた僕ですがこの区間だけ下道に下りてきたのです。
その僅かなチャンスで出会うべくして出会った我ら。
今回の旅での一番のびっくりでしたね。

久々にお互いの近況を話し合い再びがっちりと握手してお別れ。
きっとまたこいつとはどっか出会うな。
そんな予感がプンプンする。

DSCN0732_convert_20151125162400.jpg

今回目指したのは日向岬です。
ここは東尋坊にも匹敵すると言われる70mもの柱状節理の岩場が続く場所です。
断崖絶壁の稜線上から真っ青な海へとまっすぐに続く観光遊歩道。
これぞ南国!と思わず叫んでしまうほどの絶景です。

飛ばされそうになる程の強風が吹き荒れる中でしたが、
ここはほんとーに良かった!

DSCN0776_convert_20151125162544.jpg

そのまま車は順調に南下を続け本日の宿である宮崎市のホテルに到着。
今回は母親も一緒なので少し贅沢にホテル泊です。

夜は地鶏・チキン南蛮・肉巻きおにぎりと宮崎の食を美味しくいただき、、
最後は知り合いに激しくすすめられた「なんじゃこれ大福」を食しました。
あらゆるものがこれでもかと詰められた腹いっぱい間違いなしのボリュームスイーツ。

こうして宮崎の夜は満腹に膨れ上がってとにかく苦しいお腹と共に更けていくのでした。

DSCN0762_convert_20151125162504.jpg

朝からまだまだ南下を続行。
どんどん増えていく自宅までの帰宅距離に不安を感じつつも、
ここまで来たからにはいっとこう!

まずは青島の神社に参拝。
相変わらず野性味あふれるトロピカルな境内だ。

ここもやはり由布院と同じく、
観光バスがガンガンと乗り入れ、
他言語が入り乱れるほぼ異国となっておりましたが。

DSCN0775_convert_20151125162529.jpg

そして今回どーしてもいきたかった「サンメッセみやざき」へ。
特に何かアトラクションがあるわけではないのです。
むしろ入場料 700円の割には園内にはほとんど何もないと言ってもいいでしょう。

ただ唯一あるのがこの海辺の高台に清々しく立ち並ぶモアイ像たちだけ。
しかしこの日南の気候と世界観がこやつらとベストマッチ!
一瞬だけとはいえ確実に心はイースター島に飛ぶことができます。
こりゃーほんといい瞬間でした。

こうして今回の旅はお終い。

もはや冬将軍に完全支配されようとしている由布院。
僅かな時間ですが時計の針が巻き戻り晩夏を感じることができました。

そして一気に高速で震える由布院まで走る事4時間。
総移動距離520km。
なかなか疲れ果てましたが今日からまたまた仕事再開です。

Welcome 日常!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック