蘇れ床!全館ニス塗り直しー

10421144_998764053468654_158552923641051897_n_convert_20150613204834.jpg

沢山の人が波のように訪れては去っていく。
数えきれない無数の足をしっかりと受け止めてくれる我がユースホステルの床。

今年も年に一度の全館床塗り直しの日がやってきました!
例年では2日間かけてじっくりと仕上げていくのですが、
思わず油断した今年。

なんと2日間の休みが取れない・・・。
しょーがないので今年は初の試み。
一日ですべて仕上げてしまおうという事になりました。

忙しいぞ・・・。

さっそく床に乗るすべての家具を動かし、
掃除機をかけ、
水拭きした後たっぷりのニスで塗っていきます。

一年間の様々な障害から床をしっかり守るためには、
ワックスではなくニスなのです。

11391512_998764136801979_1776033194794509831_n_convert_20150613204857.jpg

今回参加してくれたのが我が夫婦とお手伝い2人と父母と、
なんと飛び入り参加のお客さん1名。

この計7名の大軍で片っ端から塗りつぶして行け~。

このニス塗の難しいところは、
塗れば塗るほど足場が少なくなっていき身動きが取れなくなっていくこと。

狭い空間を縫うように作業にかかるのですが、
至る所で塗りたての床に思わず踏みつけた足跡がくっきりと残り、
それはまるでハリウッドのチャイニーズシアターに迷い込んだよう・・・。

しかししゃがみ続けた腰の痛いこと。

DSC_2322_convert_20150613205035.jpg

そうしてお昼に塗って一旦休憩し、
夕方からまた縫って一旦休憩し、
翌早朝からまたまた塗ってと3部構成で塗りまくり、
その後掃除して元に戻してなんとか土曜日に間に合いました!

一年ぶりにお色直しした床はピッカピカの笑顔。

DSC_2337_convert_20150613205109.jpg

下を覗き込むとうっすらとこちらを見返す自分も映ります。

夏の前の大仕事をなんとか終えました。
しかしやっぱ一日じゃあ乾ききらないですね。

あちこちでよく見るとうっすらと足跡が残っちゃってます。
急いてはことを仕損じる。

来年はきちんと2日間確保しないといかんですね。

DSC_2300_convert_20150613204914.jpg

途中乾くのを待ってる間にみんなでお出かけ。

まずは近くの神楽女湖へ今が旬の菖蒲を見に行ってきました。
7分くらい咲いてました。
キレーですよ。

あと1週間くらいはいけそうでした。
また園内にもうひとつたくさん植えられていたのがアジサイ。
こっちはまだまだ。
残念ながら2大梅雨のスターの共演とはいかなかったか。

DSC_2315_convert_20150613205137.jpg

もうひとつこれもほとんど知られていないと思われる、
内成の棚田を見に行ってきました。

神楽女湖から車で10分。
狭い山間の道を進むと小さい田んぼが所狭しと並んでいます。

時間があればゆっくりと歩き回ると気持ちよさそうなとこ。
「日本の棚田100選」にも選ばれてる場所です。

日本人って100選ぶの好きですね。
何でもかんでも選んでしまうようです。

こんなサイトを見つけたので暇な人はじっくりと見てください。
http://j100s.com/

まだ少し気持ちがハイになる匂いが残る館内ですが、
これから夏にかけ磨き上げた床と共に皆さんのお越しをお待ちしています!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック