春の山

DSC_1739_convert_20150421152050.jpg

やったー。
雨やんだー。

3月に行われた野焼きにより、
例年通り真っ黒に焼けてしまった由布岳。
優しい雨と温かな春の日差しの下、
ゆっくりと緑のスカートに履き替えようとしています。

こんな日は・・・、
誘われてみようか・・・。

そうして今日も街のはずれのローソン近くの登山口から、
奥深き山へと入っていく2つの影。

DSC_11741_NEW_convert_20150421153927.jpg

あんまり時間もないので今日は途中の「見晴らしが丘」まで。
下からちょうど30分足らずで行けます。
多少空を覆う雲がまたいい感じです。

ほとんど人が通らないこの西登山道。
しかしこのルートこそが由布岳の隠れた最強スポットなのです。

こんなに開放感溢れていて、
そして誰一人いない世界ってなかなかないですよ。

岩上から世界に吼える。
イエェェーーーーィイ!!!

DSC_11747(1)_NEW_convert_20150421154924.jpg

見上げる先には由布岳。
もう今の時期は中央登山口からたくさんの人たちがあのピーク目指して歩いています。
いよいよ山の季節ですからね!

気温も寒くも暑くもなくちょうど適温。
時間さえあれば1日中ここでほげほげしてたいな・・・。

DSC_1755_convert_20150421152200.jpg

そして振り向くと由布院の街が一望。
空が広いっ!
そして心地よいヒバリの歌声!

なんつーいい時間だ。
お昼の休憩時間という制限に縛られる2人は
僅か15分の滞在時間を存分に楽しみ、
その後は獣道を使い一気に地上まで急降下です。

しかしいつ来てもここはほんとにいーとこですね。
正直由布岳頂上とかまで行かなくても、
ここで十分に山独特の世界を堪能できますよ。

いつでも僕に聞いてください。
どっからでもアクセスルートを説明します。

山の地図さえ持っていればユースホステルからの
直接行けるルートも説明しますよ。
ただし遭難・怪我等はすべて自己責任でお願いします。
それほど道なき道は難しい。

今日も途中でシカさんが4頭あいさつに来てくれましたが、
そろそろ彼らの姿が見える前に強烈な野生の臭いだけで、
その存在が分かるような気さえしてきた僕です。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック