城島・猪の瀬戸トレッキングコース

SN3O0194_convert_20150402162356.jpg

時々あるのですが、
お客さんの出ていくタイミングと掃除のタイミングが何故かぴったりとあてはまり、
実にスムーズに事が進むそんな朝。

いつも通りに掃除が終わるといつもより15分ほど早いっ!
この偶然が生み出した時空の狭間を有効利用しない手はない。
さぁ即出発だ!

そうして15分の恩恵を受けた夫婦は、
うちから車で15分のところにある城島高原遊園地へとやってきました。

ここは今まであまりに近すぎてどーも寄る気がしなかったのですが、
いつも気にはなっている看板があるのです。

「城島・猪の瀬戸トレッキングコース」

今日の獲物はてめぇだ。

SN3O0187_convert_20150402162325.jpg

さぁ行くか。
足首グリグリ。
今日も走りますよ。

裏手の山中へと延びる道こそが今日のルート。
いつでも初めての場所は
「キャーン ストーップ ワクワク!」(注 ワクワクが止まらない)

SN3O0190_convert_20150402162344.jpg

そして森林の中を颯爽と駆け抜けます。
道幅は車が通れるようになっているので実に広くて快適。

時折聞こえる遊園地からの歓声も気分を高めてくれます。
多少のアップダウンを織り交ぜながら、
道はどんどん奥へと僕たちを導いてくれます。

突然の来訪者に驚いて警戒の鳴き声を上げながら、
一斉に目の前を走り去っていく鹿たち。

森の香りの中で春を陽気に歌うウグイス。

この一体感がトレランの魅力ですね。

SN3O0196_convert_20150402162502.jpg

そして猪の瀬戸湿原に到着。
3年ほど前から整備が始まったこの湿原。
まだまだ整備の途中の様です。

それでも突然目の間に広がる広い空間は実に壮大な気持ちにさせてくれます。
いやー、ここイイですね!

周りにまったく駐車場がない辺りが、
いったいこの湿原をどうアピールしたいのか理解しかねるところなのですが、
邪魔にならない辺りに路駐して、
お弁当でも持ってのんびりするには最高の場所ですよ。

自然のなかでゆっくりしたいけど、
由布岳まではさすがにちょっと・・・、

と感じていたなんちゃってネイチャリストの方にはぜひお勧めの湿原。
由布岳登山口から車で2分です。
そのうち尾瀬みたいになってくれたないいなー。

SN3O0198_convert_20150402162425.jpg

「病は気から」

というように人の気分ってとても大切です。
最近時間を節約したくて思わず近くのB&G体育館のルームランナーを使い、
あたかもランニングしているように誤魔化していた僕ですが、
大空の下で大地を走るのと全然違う!

ルームランナーでは2kmも走ると、
すぐ心が折れてヘロヘロになってしまうのですが、
やっぱり自然の中では消耗度合いが桁違いっす。
なんかエネルギーが外部から入ってくるんですよね。

SN3O0203_convert_20150402162527.jpg

そうして気持ちよく湿原帯を走り抜け、
あとは元の駐車場を目指すだけなのですが、
やはり最後に待っていた落とし穴。

あー気持ち良かった!だけでは終わらしてくれない。
ラストに残されていたのは、
これまでの爽快そのもののランニングをすべて否定するかのような鬼の登りでした。

さすがだ・・・。
やっぱこうこなくっちゃな

結局最後の最後で汗だくのヘロヘロになりなんとかゴール。
総距離は約9km。

時間にして1時間3分のランニングでした。

このルート。
距離感。環境。難易度。
すべてが実に適度!
気張る必要もないしまた満足できないわけでもない。

とってもいいです。

まだこんな近くにいいとこあるんですよ。
大分県どんだけ素敵なんだ。

好きだ・・。
大分めっちゃ好きや~!!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック