決意の山へ

DSC_1161_convert_20150321211223.jpg

やー、惚れ惚れするような天気でしたね。
気温といい空といい、もうこれを春と言わずしてなんというのか・・・。

現在我がユースホステルをしっかりと支えてくれている、
韓国・香港・オーストラリアのお手伝い3人娘を連れて、
スーパー狭霧台へと弁当を持ってやってきました!

由布岳が最も美しく見えるこの場所で、
ここ数日の忙しさをゆっくりと癒しましょう。

ポカポカと心まで温めてくれる陽光の中、
聞こえてくるのはヒバリの恋の歌声。

優しく頬をなでる風が運んでくれるのは、
「平和」という心安らぐ時間です。

DSC_1163_convert_20150321211254.jpg

気が付けば隣の草原からは大きな翼を静かに広げた
パラグライダーが大空に飛び立っていきました。

こりゃ気持ちいいでしょうねー。
この遥かに広がる世界をただ眺めてるだけでも爽快なんですが、
そこを飛んでいくなんて最高でしょう!

ただ本日は風が少し弱かったのか、
パイロットがまだ初心者だったのか、
空中を疾走するパラグライダーは一度も上昇することなく、
数分で下の草原へと落ちていきました。

しかも着地点がかなり草深き山の中腹。
ありゃー帰ってくるの時間がかかるぞ・・・。
がんばれよー。

SN3O0144_convert_20150321211434.jpg

そして3人娘には草原で1時間ほど自由に遊んでもらい、
僕と奥さんは2人で別にお出かけ。

隣りにある倉木山へと向かいました。

目に見えぬ花粉という敵に怯える僕は、
この時期ほとんど山にはいきません。

しかし今年はなんか調子がいいんですよね。
ほとんど花粉症がでない!
こりゃひょっとして治っちまったんじゃーねーか?
と淡い淡い期待をしながら本日は久々の山歩きです。

来月に「鶴見岳一気登山」を控える奥さんにお付き合いし、
今日は登りからいきなりエンジン全開!

走るぞ~、いっくぜぃ!

SN3O0146_convert_20150321211324.jpg

この倉木山。
往復の平均タイムが2時間20分のとってもお手頃な山。
本日土曜日という事も相まって、
山中はたくさんの登山客で賑わっていました。

彼らの迷惑にならないようにギリギリまで走っていき、
大きな声で「こんにちは~(超笑顔)」とあいさつして僕たちに気づいてもらい、
道を開けてもらった瞬間にダッシュで抜き去る。

という行程を何度か繰り返し、
たいした景色もない殺風景な頂上まで22分で到着!
だいたい由布院駅からうちのユースホステルまで頑張って歩くのと同じくらい。
こりゃいかん、全然登った気がしない。
速すぎだ・・・。

下りはさらにかっ飛ばして僅か14分で地上へ。
こんなに一瞬で終わってしまった登山も、
消化不良だった登山もおそらく初めてです。

まぁ奥さんが満足してたからいいとするか。

そして本日の昼休みは終了~。
今日も満室のユースホステル。

帰って仕事だ!
あとはどれくらい花粉が夜僕を苦しめるのかを確かめるのみ。

さぁ来るなら来い!
こっちはばっちりと大量のティッシュを用意してるんだぜぇ!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック