ちょっと一息の山へ

SN3O0057_convert_20150218170156.jpg

今日も昼間の空き時間をフル活用してお出かけです。

僕のほぼ日記代わりのこのブログ。
活動可能時間が極めて短いため、
行動範囲も限りなく限定的となってしまいます。

何度も何度も同じ場所が出てきてしまいますが、
どうかご容赦ください。

同じ場所とはもちろん由布岳周辺のこと。
ただ今日は少し趣向を変えてみることにしました。

いつもなら登山口に車を停め、
2人で登って降りてくるだけなのですが、
今日はまず奥さんが僕を由布院の街に降ろし、
僕はそこから登山口目指しスタート。
奥さんは由布岳登山口に車を停め由布院に向けスタート。

お互いに別々の入り口から歩きだし、
どっちが早いかの競争です。

DSC_0938_convert_20150218170119.jpg

こうなると俄然テンションが上がってくる僕は、
誰もいない由布院の街から始まる「西登山道」を全力登山!
滴る汗が鼻と口に入り、
溺れるかと思うくらいに張り切っちゃいました。

そして途中で奥さんと合流!
一瞬の出会いを終え、
再びそれぞれの旅路へ・・・。

SN3O0060_convert_20150218170208.jpg

僕はそのまま近くの飯盛ヶ城に登り、
駐車場まで急降下。

置いてあった車に乗り込み、
待ち合わせだったローソンに滑り込みました。

見渡すとまだ来てない。
よしっ!
勝ったな!

DSC_0941_convert_20150218170140.jpg

と勝利の余韻に浸っているとき、
実は奥さんはそれどころではなかった・・・。

方向音痴という名の伝家の宝刀を振りぬくっ!
どこまでも見渡せる草原でまさかの迷子?!
しかももうここ何回来てるんだ??

結局迷いに迷ったいう連絡を電話で受けた僕は、
当分帰ってこれないことを確信し、
彼女の帰巣本能を信じて、
先に車で帰っちゃいました。

その後崖を必死でずり降りた彼女は、
無事に1時間後に帰ってきました。

お疲れ様でした。

最近電話でよく由布岳の上京を聞かれるのですが、
山頂付近は今日も真っ白でしたね。
決して必須ではないですが、
もし持っているのならアイゼンがあった方がスムーズに登れそうです。

まだまだ冬山気分が味わえる2月。
どうぞ白銀の世界をお楽しみ下さい!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック