玖珠の万年山へ

SN3O0025_convert_20150213153911.jpg

お休みの2日目。
せっかく朝の仕事がないので早朝から出かけて、
午前中だけでちょこっとどっか登ってこよう。

そういや近くの玖珠町にいい山があったな。
万年山(はねやま)標高1140m。

近すぎて行ったことなかったのですがこれは手ごろだ。

というわけで子供の登校と一緒に悠々と出発です。

この山、登山口のギリギリまで車で行け、
そこから歩いて30分程で山頂と絵にかいたようなお気軽山。
今日はのんびりピクニックとなるはずだったのですが・・・。

なんだ・・・。
登山口までのこの道は。
ガッチガチに凍りついた車道。
まったく先に進めない。

しょーがないので途中で車は乗り捨てて、
延々と歩くことになりました。

なんか長い一日になりそうだぞ。

SN3O0034_convert_20150213153935.jpg

誰もいない雪道を歩いていくと、
ようやく見えてきた登山口。

そこから先は見事なまでに両側に牧場が広がっていました。

青い空と白い雪原が広がる異次元の世界。
ここ、いいとこだなー。

思わず歓喜の大ジャーンプ!

全国でも珍しく台形状に山頂付近が広がるこの山。

なんとここをくるっと回るトレッキングコースがあるじゃないですか。
全長 10km。
結構距離あるな・・・。

少々悩むがここまできたらこりゃ行くしかないっしょ。
しかし許される時間は午前中のみ。
かーなーり厳しい、しょーがない、走るか・・・。

SN3O0037_convert_20150213153955.jpg

そうして突如始まってしまったトレイルランニング。
雪は思いのほか深く30cm程あります。

深みに足を取られながらも全力疾走。
とにかく走れ~!
時間がねぇ~!

その途中に突如現れたのがこの、
「ミヤマキリシマ大群生地」です。

写真ではまったく分からないですが、
これすべて九州だけに生えているツツジの仲間のミヤマキリシマです。

スゴイ株数だ。
もちろん冬の今は何も咲いていない、
モノクロの寂しい風景ですが、
これは6月の開花シーズンはすっごいことになりそうですね。

よし今年の6月の花のイベントはここにしよう!

SN3O0038_convert_20150213154121.jpg

そしてくるっと大回りして、
ゼーゼー言いながらも無事にピーク奪取!
疲れた・・・。
相当やられました。

由布岳よりも圧倒的に疲れた。
ひさびさにここまで追い込んだな。
予想外のハードな登山に疲労感と満足感でいっぱいです。

SN3O0045_convert_20150213154051.jpg

そして再び帰りの大草原より。
ここ日本じゃないですよね。
あまりの気持ち良さに寝転がってボーっとしてしまい、
一気に体温が下がりえらいことに・・・。

広がる風景は実にご機嫌ですが、
遮るものが周りにないと寒風がとにかく痛いのです。
やはり1000mを超えると気温が低い。

ここからは由布岳はもちろん九重連山もはっきりと見ることができました。

大したことないだろう・・・、
と今までまったく来なかった万年山。
すみませんでした。

灯台下暗しとはこのこと。
素晴らしい山ですね。

すっかりと魅せられてしまいました。
これからはぜひご贔屓にさせてください・・・。

SN3O0046_convert_20150213154023.jpg

結局この日は計14km程走らされました。
下から見上げるとほとんど雪なんてないと思っていたのですが、
山ってやつはいつも懐が深い・・・。

そして3時間程一人で遊びまわっているちょうどその時、
奥さんは向かいに見えていた由布岳に登っていたそうです。

油断も隙もない女。
今度ここに連れて来たるぜ。
絶対に好きになるはず!

まだまだ無数に存在する今だ登ったことのない大分県内の
いわゆるマイナー山。
今年は片っ端からやっつけていきたいと思います!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック