雨乞岳へ

SN3O0948_convert_20150129211920.jpg

せっかくのお休み!
さぁ何をしよっかっ!?

という興奮もインフルで倒れた息子の前に空しく消沈・・・。

やむなく全館掃除後、
奥さんと交代で面倒を見ることになりました。
僕の自由時間は12時から4時までの4時間。
短けーな、こりゃ遠出は無理だ。

おもいっきり近場で楽しもう。

そんなわけで車で近くの林道を突き進む事20分。
その終点から目指す今日のピークは

「雨乞岳」です。
おそらく地元の人でもあまり知らないのではないかという、
実にマイナーな山です。

さぁ行ってみよ~!

SN3O0953_convert_20150129212024.jpg

実は今回2度目の挑戦のこの山。

前回はまったく道が分からずに迷いに迷い、
そのまま隣の城ヶ岳へ行くしかなかったのです。
しかし同じ轍は踏まない。

前通ったのと逆のルートにいけばいいのよ。
フンフンフーン♪
と楽勝ムード満点で歩き出した僕ですが、
さっそく迷っちゃった・・・。

人の立ち入りを頑なに拒むこやつは、
迷える登山者を導くための標識という救いの手を、
一切示してくれないのです。

なんと横柄な態度か・・・。

それでもすべての文字が消え去った看板らしきオレンジの板を、
なんと1時間かけてようやく見つけ出しました。

油断したな、雨乞岳・・・。
よし!
ここからが本当の勝負だ!

SN3O0954_convert_20150129211940.jpg

入り口さえわかれば後はただ突き進むのみ。
もとより山というよりも丘並みの戦闘力しか持っていないこやつ。
もはや陥落は時間の問題です。

歩き出して5分。
王道を駆け上がる僕に、
深々と頭を下げるモノ達が現れました。

おそらくこれは去年湯布院を襲った、
60年ぶりの大雪の影響でしょうか・・?

途中の木々の見事なまでの曲がりっぷり。
1年経ってもこの姿とは・・・。
もう直らないのかな?

しかしどれだけの負荷がかかろうと、
決して折れないその姿は大いに見習うべきですね。

SN3O0957_convert_20150129212244.jpg

そして登山口から約20分。
ついに「雨乞岳」のピークダーッシュッ!

やったったぜー。

その名前からおそらく昔は雨を切望する農民達の
まさに聖域だった山なのでしょう。

登頂とともに徐々に勢いを増してきた降雪は
果たして偶然なのか必然なのか・・・。

SN3O0967_convert_20150129212051.jpg


そして勢いに任せて隣の
「黒岩岳」
にも行ってきました。

道は荒れてるは、
見晴らしはないは、
挙句の果てに看板は折れてるは・・・。

やる気のかけらもないな、この山。
しょーがないので僕が渾身の一撃で
看板を地面に突き刺しといてやりました。

おっりゃっせぇぇぇぇぇぇっ!!!!

そして今日も無事に車に帰還。
計2時間の山遊びでした。

しかしここはたどり着くまでの苦労が
まったく報われない山ですね。

お勧め度 3%。

皆さん、
ここに来るのなら素直に向かいにどーんとそびえる、
名峰 由布岳に登ってください。

なお今日の雨乞い効果はどんでもなく抜群で、
夕方から降り始めた雪で現在湯布院はすでに真っ白です。

ごめんなさい。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック