桜バイト

IMG_convert_20141128140740.jpg

毎年春になると日本人の心の花でもある桜は各地で咲き誇り、
我々に安らぎと喜びを与えてくれます。

淡いピンクの下で飲めや歌えやの大宴会!
皆さんもきっと覚えがあるはずです。

そんな華やかな世界の裏には、
見えないとっても大変な仕事があるものなのです。

それは若かりしフリーターで生きていた頃。
あらゆるアルバイトで生活していた僕が一時お世話になったのが
この桜バイトでした。

場所は長野が誇る桜の名所 高遠。
連日観光バスが大量に訪れ、
一面の桜の中で騒ぎ倒していきます。

僕たちの仕事は単純明快!
人々が吐き出した大量のゴミを処理すること。
一瞬で埋まるゴミ箱を素早く仕分けてゴミとして捨てていくのです。

桜を見に来るツアーのお弁当はとっても豪華。
中身も良ければ量も多いので、
じーちゃんばーちゃんは当然食べきれないままで、
お弁当はゴミ箱に捨てられます。

まだまだ若くて、
24時間お腹が空いていた僕たちにとって、
それはまさに宝の山!

ゴミを仕分けしながら、
食べれるものはどんどん食べていくという、
とってもエコな仕事っぷりだったのですが、
見ての通り外観はどろっどろの服装。

この男たちが次から次へとゴミ箱から食べ物をあさっているものだから、
しょっちゅうこんな言われなき中傷を受けたものです。

「おい!!この乞食ども!!ゴミをあさるんじゃねぇ~!!」

みんなが出したゴミを処理しているのに・・・。
まったくひどい言われ様だ。
まぁーこの格好で残飯食ってたらそう思われてもしょーがないのですが。
はっはっは。

おかげでこのバイト中は普段の数倍以上のいいものが、
わんさか食べられました。

でも人々が楽しく生きる中では、
必ずそれを支える汚れ役が必要なんだと知れたこのバイト。
とても貴重な1ヵ月間でした。

この時の経験は、
掃除をして、料理を作って、皿を洗って・・・と、
旅行者の完全裏方サポート役の今の仕事にもしっかりと生かされています。

人生ってのはどっかで必ず巡り巡ってきますよね。
無駄なことや無駄な時間は1秒もないっ!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック