一人旅 南へ・・・

無題

毎年恒例の我が家の秋休み。
運動会の振り替え休日を利用してどっかに出かけるのですが、
今年は奥さんと子供たちは日曜日から3日間関西方面に出かけていきました。

僕の育った京都へ。

たった一人残されてしまった・・・。
なぜなら日曜日の夜にフットサルの試合を入れていたことをすっかりと忘れていたので。
Yes!自業自得!

しょーがなく今回は一人居残りを引き受けたのですが、
芯からうずきだす身体はとても抑えられない・・・。
旅立ちだ。

とにかくどっかに出かけること決定。
当初バイクで出かけるはずだったのですが、
右肩がもうどうにもならないので、
やむなく車で出発!

夜のフットサル終了後、
速攻で汗を洗い流して深夜の高速道路に飛び乗りました。

目指すはとにかく南へ!

間もなく完成予定の東九州自動車道を孤独に走り続けたのですが、
時計が2時を回った辺りで限界を感じ、
宮崎まであと少しのPAでおやすみなさーい・・・zzzz。

それにしても習慣ってやつは恐ろしく、
相変わらず5時50分に身体はピシッと起床!

10分後には再び走りだし、
フェニックスラインで雄大な高潮を浴びながら、
8時過ぎに都井岬に到着です!

早すぎてどこも開いていないし。

一人神社などをぶらぶらしたのですが、
この都井岬。

きっと昔はすごく流行っていたんだろうなと思わせる、
豪華なホテルが立ち並んでいました。

しかし今はそれらのホテルはただの廃墟群となっているのみ・・・。
終焉はもうそこまで来てる予感の漂う場所でした。

もちろん忍び込むの大好きな僕はこっそりあるホテルに入り込み、
荒れ果てた館内をくまなく探検。
なんで悪いことする時の興奮ってここまで高ぶるんだ?
久々にゾクゾクする緊張感に酔いしれました。

SN3O0179_convert_20140930195140.jpg

都井岬の名物はこの野生の馬。
近寄ってもまったく逃げません。

なめられてます。
この生物界のピラミッドの頂点に立つ(と思い込んでる)人間を、
まったく恐れもしない不敵な態度!

天誅としてちょっと触ってやろうかと近づいたのですが、

・・・結構でかい。
・・・そして数が多い。
8頭くらいに囲まれてしまったので、
今日のところは写真だけで許してやることにしました。

ただ覚えておけよ。
次はないぞ。
もう来ないけど・・・。

SN3O0189_convert_20140930195556.jpg

そのまま志布志湾に移動してひと泳ぎタイムです。
やっぱ南国ですよね。
ここまだまだ夏なんですよ!

早くもこたつを出してる由布院から来たので、
涙が出るほどうれしいです!

ここでとっても義理堅いやつに会いました。
それは「くらげ」君です。

偉いですよね。
「お盆を過ぎたらくらげがでる」
なんていう口約束みたいなものを、
きちんと毎年毎年守り続けてるのですから・・・。

そんな男気に溢れた彼にまたもや腕を刺されて、
悲鳴を上げながら遊泳終了。

ちきしょー、
これだからお堅い奴は嫌いなんだよ。

無題1

ここからは海に別れを告げ、
どんどん内陸へと入り込んでいきます。

まずは都城を通過。
つい先日旅立ったフットサルメンバーの新任地。
きょろきょろ探してみたが、残念ながら見つけられず。

そして霧島神宮に到着。
特に見るところもなく10分で参拝終了。

そして続いて向かうは高千穂牧場。
お客さんの一人が今までで一番美味かったソフトクリームがここっ!
と豪語していたので期待マンマンで向かったのですが、
それほどのものか?

これははっきりと個人の好みの問題ですが、
僕のソフトクリーム選抜チームの中ではせいぜい次鋒クラスですね。

霧島高原を後にして、
途中にあった「陰陽石」なるものを見てきました。

分かりずらいですが、ずばりあれです!
しかも相当でっかい!
あやかりたいあやかりたい。

その少し先にある「三ノ宮峡」という渓谷。
ここがこの旅の中でもスマッシュヒット!
渓谷横を小一時間ほど歩けるのですが、とてもよかったです。

無題2

続いて湧水の町 小林にて湧水公園に寄ったのですが、
設置してある水族館のガラスが汚すぎて、
もはや役目を果たしていない・・・。
何がいるのかも識別できず。

だんだん日が陰ってきました。
ここで再び車を山中へと走らせ、
くねくねくねくねと道を曲がりまくって辿り着いたのがえびの高原。

しかし5時を回っておりすべてが閉まった後でした。

そろそろ限界を感じてきたので、
ここらで温泉でも入って少し回復させましょー。

白鳥温泉の名物 蒸し風呂です。
ただ入り口にくどいくらいに書かれていた
「蒸し風呂には決して一人では入らないでください!」
の文字。

危険な香りがプンプンです。
平日の月曜日。
誰一人いない風呂場。

一人で入る以外どーしょーもないでしょう。
しかも特に一人で入っても何も面白いことも起きなかったし。

やり切った感で満ち溢れた長い長い一日。
人吉まで走り、そこから再び高速道路という名のホテルにチェックイン。

ルーム名は坂本PA。
泥のように眠る・・・zzz。

SN3O0217_convert_20140930195508.jpg

きっちりと5時50分に起きだし、
再び車を走らせ、
阿蘇を抜けて、昼前に無事に由布院到着です。
おつかれさまっした~。

2泊3日どころか、2泊1.5日位の今回の強行な旅。
走行距離は800kmでした。

いつもは奥さんか家族で出かけるので、
一人で旅行にでるのはほんと10年ぶりくらいかもしれません。

蘇る懐かしい独身時代の懐かしい感覚
気ままに好きなようにできる自由な一人旅。

はっきりとここでお伝えしましょう。

もう2度としねぇ~っ!!

寂しいんです。

「うおーーー!!すっげーきれーー!!」
シーーーーン。

「これうっめーーーな!!」
シーーーーン。

これが嫌なんです。

昔からそうなんですが、
旅行行くときは一人はほんとだめでした。
今回も改めて実感。

旅行は必ずだれかと行こう!

いやー、またいい勉強になったなー。
人生日々学習だ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック