まさかの回収失敗・・・

SN3O0105_convert_20140923220056.jpg

忙しさのあまりつい先延ばしにしていた回収作業。

今月の始めにここ九重で開催された
「24時間サバイバル登山」

その時に途中の水分補給のためにデポした水12L分のペットボトルを、
途中の避難小屋に置きっぱなしにしていたのです。

たいへんお待たせいたしました。
ようやく時間ができました。
ただ今からお迎えに参ります!

仕事終了後からの出発。
いつも通り許された時間は2時間半だけ。

しかし今回はなぜか登る前からテンション上がりっぱなし!
身体キレッキレの予感がビンビンしてたんですよね。
さぁいくぜぇ~ぃ!

SN3O0112_convert_20140923220113.jpg

雨予報は大きく裏切られ、
時折晴天がほほ笑む実に登山向きの一日でした。

交互に繰り出される両足は、
岩場だろうが登りだろうが、
一切の手加減なし!

ビュンビュンブッ飛ばし、
目的地の久住分かれの避難小屋までちょうど40分で到着。

さすがに早すぎた。
まだまだ時間余裕あるな・・・。

そこでもうちょっと頑張り九州本土最高点である中岳に足をのばしました。
勢いはまったく衰えず、
ピークハントは1時間切りの56分。

山頂にて九州にいるすべての皆さんを豪快に見下ろし、
一呼吸後即引き返します。

我がペットボトル6名様を救い出すために・・・。

SN3O0113_convert_20140923220128.jpg

再び避難小屋に到着。
さっそく小屋内にデポしたペットボトルを探してみると、
あることはあったのですが・・・。

大きなビニールに入っている6本をそのまま持って帰るはずだったのですが、
だれかが袋を持っていってしまった!
しかも5本しかないし・・・。

今回手で袋ごと持って帰る気満々だったので、
予備の袋もロープも何もない。

がーーーんっ。
なんてこったー。

SN3O0114_convert_20140923220140.jpg

泣く泣く回収を今回は断念。
大変心苦しいのですがもう少しそちらにお邪魔させておいてください。
必ず近日中に取りに行きますので。

そんなわけで何のために来たのか
まったく分からない一日となってしまいました。

この心の空しい寂しさを埋めるため、
ここからはさらにペースアップ。

大音量の音楽に身を任せて、
心ゆくまで駆け抜けろ~!

結局牧ノ戸峠帰還は1時間45分後。
かなり頑張りました!
まったく意味のない頑張りですが!
でもなんとも気分がいいのでこれはこれでいいでしょう!

またしばらくお仕事頑張れそうです。

山登りシーズンを告げる秋。
すでに今月これで6本目の山です。

最近ようやく九重に来ると由布岳のような、
マイホーム感を感じれれるようになってきました。

心から安心して登れる山っていいですよねー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック