天草へ~

SN3O0750_convert_20140827164218.jpg

夏の中盤戦をなんとか切り抜け、
最後に2日間お休みをいただき、家族と母2人で天草へとお出かけました。

4年ぶりの彼の地。
前回は車キャンプして暑過ぎてまったく寝れなかったので、
今回は大人しく宿に泊です。

まずは車をひたすら延々と走らせ、
天草最南端の牛深へ。
ここまでなんと6時間。

世界の果てか・・・?

しかも誰もいない透き通る海岸で、
はしゃぎにはしゃぐ我らを待っていたのは、
見えない刺客。
クラゲさん・・・。

全員あっさりと刺されて30分ほどで早々とリタイア。

ここまで来たのに~!
勘弁してくれ~!

SN3O0769_convert_20140827164242.jpg

重税とキリスト教迫害の歴史を持つここ天草。
その傷跡や歴史はいたるところに残されています。

今は静かに街を見守る教会も、
かつての悲惨な被害者たちを弔うモニュメントなのです。

この日は苓北にあるある宿に泊。

8時ごろ着くと、
説明も何もなく鍵だけ渡されて、
おばちゃんはどっかに帰って行ってしまいました。

どーしたらいいのか戸惑う我ら。
田舎にはまだまだ無秩序という名の自由が残されていますね。

SN3O0778_convert_20140827164305.jpg

1秒も無駄にできない!
7時30分には出発だ!
この日も晴れ渡る空。

海がどこまでも碧い・・・。

予想以上に良かった富岡城で感動して、
富岡海水浴場で懲りもせずに泳いで再びクラゲに刺され、
しょうがなく温水プールで泳ぎ、

この苓北エリアをかなり堪能しました。

SN3O0791_convert_20140827164328.jpg

岬の先にあった灯台を息子と二人で制覇の瞬間!
やっと彼が僕の世界へと足を踏み入れてきてくれました。

これから2人でどんな無茶ができるのか・・・。
楽しみでしょーがないです。

SN3O0803_convert_20140827164854.jpg

これも天草名物。
世界中の男性のロマンを形にした、
「おっぱい岩」

相当巨乳ですよ。

広い海岸にポツンと置かれた片乳。
もっと本気で保護してほしい逸材です。

SN3O0808_convert_20140827164923.jpg

そして今回の旅のメイン!
イルカウォッチングにやってきました。

見える確率90%以上!
と謳っているのですが大自然が相手のこと。
果たしてそううまくいくのか???
自然をちょっと甘くみすぎてるんじゃないかい??

と出発前から心配気味の僕を横目に、
上がり切ったテンションが止まらないチビ3匹。

SN3O0835_convert_20140827164947.jpg

そうして港を出発した船は10分ほど海原を走ります。
この広い海の中。

小さいイルカを船長は発見できるのか?

との心配は全く無用でした。
このツアー。
何社も船を出しているので、
この海域はイルカウォッチングの船だらけ。
その船がすでに群れを発見しているので、
船が溜まっているところに船長は目指すだけでいいのです。

そして着いた海域には・・・。
イルカだらけ~!!
すっげ~!!!

1匹2匹の話じゃないですよ。
何十匹ものイルカがずっと並行して泳いでくれるんです!
しかもずーーーっと。

確信しました。
確実に彼らはこのイルカウォッチングの会社の契約社員ですね。
勤務時間なのです。

素晴らしきショーマンシップ。

しかし目の前に現れる野生の美しさには大感動でした!
これは正直一度は見る価値ありですよ。

その後夜は熊本の菊池渓谷近くへと移動し、
貸切バンガローでBBQして、花火して、
2日目の夜もお疲れ様でした~。

SN3O0933_convert_20140827165034.jpg

最終日もとにかく時間が惜しい我々は8時前には荷物をすべて片づけ、
速攻で出発!

朝から千条河原という場所で川遊び。

とはいえ今まで浸かってきた海のように、
ここは暖かく僕たちを包んでくれはしません。

めっちゃ冷たいです。
身を切る冷酷なまでの冷たさ。

これに入るには相当の勇気が必要だ!
ちょっとちょっと入っていくなんて不可能。

そんなわけで命を懸けた川へのダイブが行われました。
覚悟を決めた男の最後の悲壮な顔をご覧ください。

ちなみに相棒の息子もこの後飛び込んでくれ、
親子そろって震えまくってました。

今回もも楽しくてしょーがなかったお休みもこれにて終了。
それと同時に夏の終わりが確定。

また夏は来年か・・・。
遠いな・・・。

しかしまだあと少しだけ残っている夏の仕事。
決して気を抜かずに働きます。

秋は・・・。
山だなっ!

登るぞ~!!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック