宿題が・・・

SN3O0748_convert_20140819231048.jpg

義実家から帰ってきた我が子たち。
帰ってきた笑顔!
帰ってきた混乱!

再び歩み出したそれぞれの子供たちとの二人三脚の日々。

そんな中常に我が道を行く息子が、
なんと夏休みの工作をまったくしていないことが判明!
そして甘い目で「手伝って~」とおねだり。

こいつは確信犯だな・・・。

しかし僕も小学生の頃は学校の先生だったおじいちゃんに手伝ってもらい、
プロ顔負けの昆虫採集を堂々と提出していたものです。

これが血の流れか。
手伝わんわけにはいかんだろう。

そんなわけで夜9時から始まった工作タイム。
なにしよっか・・・。

そういえば6月に行った科学館で買ったいい本があったな!
これだ!
「世界一飛ぶ紙飛行機!」

こいつを持って行って学校のヒーローになろう!

という甘い考えは、作り出してすぐに撃沈。
とにかくむずいんです。
小学生には・・・、というより僕も折れない。
書いてる説明が理解できないんです。

10分ほど折り紙をこねくり回した後、
早々にリタイア。
別のにしよう。

SN3O0742_convert_20140819231105.jpg

その後いろいろ悩んだ挙句、
そういえば手作りキーホルダー用の流木がたくさんあることを思い出しました。

これでなにか作れぬか?

適当に手にした流木を組み合わせて繋げていくと、
不思議なものでただの木々がなにやら徐々に形造られ、
乾いた材にしっかりと命が吹き込まれていきます。

1時間ほど息子と2人で組み上げ続け、
ついに生まれたのが、
この「ウッドドラゴン」!

SN3O0747_convert_20140819231116.jpg

全長50cmを超える大作です。

息子大喜び!

しかし一つだけはっきりと言えることは、
作品の強度の問題により、
間違いなく学校までの歩行時間と振動には耐えられないでしょうね。

おそらく学校に飾られるのは、
この雄たけびを上げる雄姿の極1部のみとなるはずです。

満足しきって眠りについた息子ですが、
僕にはまだこの荒れに荒れた部屋を片付けするという、
大きな宿題が残っています。

最近は家で組み立てるだけのキットがいろいろと売っているそうです。
ただでさえ忙しくて時間が足りない夏休み。
来年は早めににデパートでそんなのを買わしておこう、
と強く心に誓う父でした。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック