1500オーバークリア 九重連山

SN3O0319_convert_20140612211243.jpg

かなり歩いた気がする九重連山ですが、
どこまでも広く深い山々。

まだまだ行っていないところが実はたくさんあります。
そんな中今まで行っていなかった2座をまずは射止めることにしました。

天気は暑いくらいの青空。
掃除後なのでいつも通り昼前のゆっくり出発でいってみよ~!

SN3O0326_convert_20140612211305.jpg

平日にもかかわらずたくさんの人で溢れる山道。
なぜだ・・・?

そうか。
忘れてた。
まだミヤマキリシマのシーズン中だった!

これはやばいぞ。
次々に現れるどこまでもマイペースなジジババ軍団を必死に抜いていきます。
もちろん山なのであいさつも忘れずに。

今日100回以上あいさつしました。

1本目の目標は 肥前が城。
しかしこいつが看板さえ出さぬ超内気なひきこもりで、
ルートを探し出すだけで一苦労でした。

周りの山々を華やかに彩る派手な服の登山客もここには一人もいず!
入り口さえ見つけられれば速攻でピーク奪取。
もちろん看板も超手抜きだ!

SN3O0328_convert_20140612211318.jpg

孤独な登山道を後にし、
今度は扇ヶ鼻へ向かいます。

一面ミヤマキリシマの株に覆われたこの山。

それが・・・。
このありさまです。

一欠のピンクもなし!
今年のミヤマキリシマ全滅です。

今年は夏に虫が大発生したのでほとんど食われてしまったそうです。
一刻も早く手を打たないといけないのですが、
国有林内のため軽々には手が出せないそうです。

よく勉強してるでしょう?

すべて登山客が話してるのを盗み聞きした情報です。

なにせ山を知り尽くした先輩方がたくさん歩いてますからね。
まさに歩く教科書。
いいこと学ばせてもらいました~。

SN3O0338_convert_20140612211346.jpg

扇ヶ鼻に着いた辺りで天気が一変!
さっきまでにっこにこだった青空が突然の号泣。

周りのみんなは慌ててカッパを準備したしたのですが、
山を舐めきった僕はもちろん何も持ってきてない。
この半袖のみ!

どんどん風も出て来て、気温も冷えてきたぞ!
冷える以上に歩いて熱を作る!
僕の山の鉄則です。

一気にペースを上げて、次の山 岩井川岳を目指します。

しかしここから霧でほとんど視界が利かない。
道もどんどん下っていきます。
おかしい・・・。
かなり降りたところで、不安に襲われ一度戻ることにしました。

山を舐めきった僕はもちろん地図も持っていない。

SN3O0333_convert_20140612211333.jpg

途中で他に分岐点があるかと探したのですが見つけられず。
やっぱさっきの道か?

再びぬかるむ道を降りていきます。
しかし相変わらず道は降りるのみ。
2度目の不安に今度は父に電話で確認してみます。

「よくわからんが・・・、別の道じゃないか?」

との答えに再び引き返す羽目に。
そしてぐんぐん戻り、再び扇ヶ鼻頂上付近で地図を発見!
助かった!

神にもすがる気持ちで確認してみると、
岩井川岳。
さっきの道であってるし・・・。

崩れ落ちる心身。

しかしどーにか心落ち着け、
本日3度目となるぬかるみへ足を踏み入れます。
今度は迷うことなく降りて行こう。

そして坂道をどんどんどんどん降りていくと、
草原のような丘があり、
そこにいかにも申し訳ない感たっぷりのどーでもいいピークの看板がありました。

こんなん山じゃねーだろっ!
許さんっ!
岩井川岳!!!

こいつのためにどれだけ苦労したことか・・・。

しかし本日の「肥前が城」と「岩井川岳」ピーク奪取により、
九重の1500mオーバーはすべて制覇となりました。

小っちゃいのはまだまだあるけどこれで一段落です。

SN3O0340_convert_20140612211358.jpg

すっかり冷え切った身体を温めるため、
帰りも高速歩行でかっ飛ばし、2時半には車に到着。

その後途中の秘密の野イチゴ畑に立ち寄り、
今年も大豊作の野イチゴを少しだけいただきました。

子供達が大好きなんですよね!

あと10日位は持ちそうです。
野イチゴの咲く場所は経験と努力で探り当てる財産です。
僕も3か所ほど秘密の穴場を持っています。

なお6月22日(日)は僕の野イチゴツアーが行われます。
まだまだ参加者募集中!
自然のお恵みをぜひご一緒に美味しくいただきましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック