美味なる自然のお恵み

SN3O0193_convert_20140524133947.jpg

他の人のフェイスブックで野イチゴの画像をちらほらと見つけました。

んっ・・・?
ちょっと早くないか?

毎年当ユースホステルでも行われる「野イチゴツアー」。
いつも6月下旬に行くんのです。
もし今あるなら今年は6月に行ってる場合じゃないぞ!!

そして急遽組まれた野イチゴ散策ツアー。

車でいつもの僕の秘密の穴場へと向かうと・・・。
野イチゴ影も形もなし!
というかまだ花が咲いてる状態でした。

やっぱな。
思った通り!
まだ早いよな。

しかし万が一に備えて用意してきた美味しいパンと空腹の胃袋。
これどうしようか・・・。

こうなりゃ意地でも見つけよう!
エリアを標高の高い九重から一気に引き下げて暖かい庄内へと移動。

野イチゴに関してはまったく未知の場所。
ノロノロ運転しながら注意深く赤い物体を探す作業が続きます。

その時助手席の奥さんの勝利の雄たけびが!!

「あったぁっ~!!!!!」

ついに野イチゴ発見!
さすが視力素で2.0の女!
素晴らしき研ぎ澄まされた食欲!

SN3O0194_convert_20140524134013.jpg

あると分かったことで探索にもがぜん力が入ります。

そしてある山奥の集落に入り込んだ草原で、
ついに野イチゴの森を発見!!
ここすっげーぞ!

一面に実る大地からの贈り物!
そして20分くらいで必要な量だけをありがたくいただき、
その場で即調理開始です。

まずは甘い匂いに誘われて隠れている虫さんを取り除きます。

SN3O0199_convert_20140524134030.jpg

それに砂糖を少々加え、
あとはひたすら煮込むのみ!

あたり一面に広がる甘~い香り。
幸福だ・・・。

SN3O0201_convert_20140524134044.jpg

お手伝いの香港人2人と台湾人1人に奥さんに母。
女性陣には堪らない野イチゴシャムたっぷりのランチです。

期待を何一つ裏切らないうまさ。
自然よ。
今日もありがとう!

やはり暖かい場所ではもうこの時期に野イチゴ取れるんですね。
由布院や九重では6月いっぱい。

つまりは1か月くらいは順次このフルーツをいただけるという事!
これは大発見だ!

ちなみにうちの野イチゴツアーは 6月22日(日)。
奥さんの手作りパンと一緒に食べる手作りイチゴジャムは格別ですよ~。

よだれの止まらない参加者、大募集中です。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック