ゴールデンウィーク終了の喜び Ⅱ!

SN3O0073_convert_20140507175700.jpg

ゴールデンウィークの疲れを癒すためのお休み2日目。
何をしようか・・・?

まさかゆっくりする気か??
と挑発的に晴れまくる空。

ほぼ半自動的に準備を始める夫婦。
こんな日は山だっ!
それしかないっ!

2人で涌蓋山を駆け抜けることにしました。

SN3O0076_convert_20140507180117.jpg

この360度の大絶景の中を進むのが涌蓋山のいいところ。
きっと昨日まではすんごい人がいたと思われますが、
今日は僅か3組のみ。

暖かいなぁ~。
もう初夏だな。

SN3O0077_convert_20140507180130.jpg

まずは途中のみそこぶし山を楽々ゲット。
見渡すと九重連山はもちろん、阿蘇連山も由布岳も見えます。
大分のオールスターほぼ勢ぞろいですね。

SN3O0090_convert_20140507180155.jpg

そして1時間12分で涌蓋山到着!

頂上はもちろん貸切でした。
草原を歩き続けるルートが続く涌蓋山ですが、
ある本でこんなことを読みました。

樹木のほとんどない荒涼とした山肌を歩く九州屈指の人気を誇る久住山。
なんとあそこも昔は普通に樹木の生い茂る山だったそうです。
それがあまりにも増え続けるハイカーによって踏み荒らされ、
今のような岩山に変わり果ててしまったのだとか・・・。

そう考えるとこの緑で覆われた涌蓋山もそのうち悲しい姿になってしまうのかもしれないですね。
事実最後の登攀路はすでにかなりガレ地となってました。

SN3O0091_convert_20140507180207.jpg

僕の登山ペースに黙々とついてきてくれる奥さんは最高のパートナーです。
2人で自由を謳歌できている今日に大いに感謝して、
はい、じゃーーーんぷ!

そして帰りはひぜん湯経由でくるっと回って無事に山登り終了ー。

SN3O0095_convert_20140507180222.jpg

まだ自由の時間が少し余ったので、
喫茶店命の僕たちの一番のお気に入りの場所であるBEARにて、
ただひたすらまったりしました。

辿りつくのだけでも大困難なここは、
一度そこに入れば時間の流れが確実に変わります。

静かにゆっくりゆっくり・・・。

日常から完全に隔離された世界。
あーいい時をもらったな。

あとは夜フットサルして今日のお休みは終了だす!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック