2年ぶり釜山!

SN3O0282_convert_20140404161930.jpg

一時の一触即発状態をなんとか脱した感のある日本と韓国。

このもっとも近い隣国に2年ぶりに行ってきました~。
家族5人の旅行の予定でしたが、
お出かけ大好きな僕の母が加わり、
これまたじっとしていられない奥さんの義母さんが加わり、
さらにどさくさに紛れてその時期忙しい僕の妹の甥っ子が加わり、
ちょうど実家に預けようと計画されていた奥さんの妹の姪っ子2人まで加わり、

なんと総勢 10名!!

完全に団体旅行のインストラクターと化してしまった今回の釜山!

こりゃー一筋縄ではいかねぇーぞっ!!

SN3O0283_convert_20140404162424.jpg

博多⇒釜山 間のフェリーにて6時間たっぷり暴れまわったあと、
夜に着いた眠らぬ街釜山でまずは軽く夕食を兼ねて、
ひたすら街歩き。

この日は比較的早くホテルに帰りゆっくりと寝た後、2日目は早朝から本格的に散策開始。

といっても今回5回目の釜山。
もはや勝手知る街となっていて、迷うことなく子供たちも余裕たっぷりでお散歩です。

CIMG0244_convert_20140404161711.jpg

今回の目玉は釜山の街からタクシーで15分ほどで行ける「大極道マウル」と呼ばれる場所。
ガイドブック等にはまだまだ載っていないマイナーどころですが、
ここが超絶イイ!

ここの売りは坂に所狭しと並んだ家々が、
パステルカラーにキレイに塗られていて、
それがなんとも可愛くていい風景なのです。

ここにはいろんなアーティストが集まってきていて、
街中がキャンパスと化した芸術の都。

CIMG0247_convert_20140404161746.jpg

始めはちょっと散歩くらいかな?
と思っていたのですが、
入り口の観光案内所でもらった地図には50か所以上の見どころが・・・。

まさに街ぐるみの作品。

いろいろと個性に溢れる風景が次々と飛び込んできます。

CIMG0250_convert_20140404161912.jpg

高台からそっと街を見下ろす星の王子様。
なんとも雰囲気があるなぁー。

この街はメイン通りだけじゃなくて、
ほんとに細い路地を入って行っても、
ずっと作品が続きます。

こんなとこ通っていいのか?
という生活の真横を通りながらの観光。

SN3O0300_convert_20140404162502.jpg

うちの姫も作品に変身。
韓国には意外にも桜がたくさんあって、
ちょうど満開の見ごろでした。

あったい陽気に誘われてカメラを持ったたくさんの若者がきてました。
でもすべて韓国人。

まだまだ日本では知られていないのかな。

SN3O0304_convert_20140404161948.jpg

でっかいコイに手を食べられちゃう~。

一軒一軒丁寧に書き込まれた絵は実に細かくて、
沢山の観光客からはそこかしこで歓声が響きます。

2時間以上歩いたのですが、半分ちょっとしか見れませんでした。
とにかく広いのです。

SN3O0318_convert_20140404162518.jpg

そして最後にコミュニティセンターにて記念のハガキを貰えるのですが、
ここを見つけ出すのが笑えるくらい難易度が高くて、
倒れるほど歩き回りようやく見つけることができました。

ただ受付のおばさんのやる気のないこと・ないこと・・。

疲れ果てた息子とのダラダラ2ショット。
はい、お疲れさま。

SN3O0329_convert_20140404162608.jpg

この日も眠らぬ街でひたすらおみやげを求めて歩き回りの食べ回り。

僕もいつもの店で今年も偽物のサッカーのユニフォームを安く仕入れて大満足!

チビっ子たちはこの日も朝から夜まで限界スレスレに歩き回り、
ホテル着の9時過ぎには倒れるように爆睡でした。

僕と奥さんはそこから深夜まで2人(とちびっ子)でまだまだお出かけ。

SN3O0336_convert_20140404162546.jpg

最終日ももちろん朝からお出かけ!
目指すは釜山1のリゾート地 海雲台ビーチ。

まずはここのビーチで子供達は思う存分暴れまくり、近くの灯台まで散歩して、
その後水族館で大興奮。

子供に付っきりのばば2名はそろそろ体力の限界か??

SN3O0366_convert_20140404162623.jpg

その後世界最大と呼ばれる新世界の百貨店に向かったのですが、
途中の高い店店はまったく誰一人として興味なかったのですが、
屋上の恐竜ワールドがスゴイっ!!

あれだけの遊び施設を無料で揃えてくれるとは・・・。
よっ!韓国太っ腹!

SN3O0373_convert_20140404162644.jpg

ほんとに船の出向のギリギリまで遊んだ我らは、
飛び乗るように帰りのフェリーに乗船。
最後に船中泊にて釜山を後にしました。

船からの釜山の夜景素晴らしいんですよねー。

この船泊も含めての3泊4日の旅。
船往復とホテル2泊を含めた料金が・・・、

驚愕の1人11,500円。
安いぜ~!!

こんなにも博多と釜山って身近なんですよ。
九州の皆さん、明日にでも釜山目指してください!

今回も遊び尽くした釜山。
半分保育園の先生の様でしたがそれもいいでしょう。

忙しいはずの春休みを丸丸抜けさせてもらいすみませんでした。
あと残りの数日はがっつりと働きますよー!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック