ペット パート2

IMG_convert_20140320214125.jpg

その昔 ロバを飼っていたという経歴のある僕ですが、
さらにでっかい奴を飼っていたことがあります。

それがこいつだっ!
ラクダ!!

なかなかマイラクダを持っている人はいないでしょ。
こやつの名は 「ザキ」 といいます。

僕も正直動物園でしか見たことのなかったラクダ。
しかし実際に間近で見てみると、
こやつらの野生力は半端じゃなかった・・・。

とにかく背中に知らない人を乗せるのが嫌らしく、
乗られるという気配を感じると全力拒否。
その時の暴れっぷりは豪快そのものです。

主であるこの僕も2度ほど振り落とされました。
ラクダって背が高いので落ちたらそれなりに痛い。

そしてそのあとの威嚇の鳴き声の凶暴さといったら・・・。
どこかで恐竜が叫んでいるとしか思えない迫力。
マジで喰われるかと思いましたよ・・・。

飼ったのはいいが世話はすべてこの村人にお願いしています。
なので当然ですが彼の言うことしかききません。

ならなぜ飼ったのか・・・?

そう。
それはこの写真を撮るためと、
ラクダを飼っていると自慢するためだけに飼ったのです。
ちなみに1年ほど飼っていたのですが乗ったのは3回だけ。

しかも怖くて仕方ないので、
ものの数枚写真を取ったらすぐに降りて逃げました。

そんなラクダのお値段は結構高くて8万円ほど。

かなり値の張るお写真となってしまいましたね~。

やっぱ「乗る」という、いいとこ取りでは動物は心を開いてくれません。
「世話する」という苦労を共に味合わないとだめみたいですね。

不純な動機がにじみ出ていたのかロバにもラクダにも愛されなかった僕。

ラクダでサハラ砂漠を旅するなんて大きな夢を見ていましたが、
世の中そんなには甘くないってことを、
しっかりと勉強してきた24歳の頃。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック