またもや雪っ!

SN3O0208_convert_20140310173347.jpg

朝起きると・・・、
突然外は銀世界になっていた!
昨日の夜もまったくなんともなかったのに!?

いったい何が起こったんだ・・・?
どこのトンネル越えてしまったんだ・・・?

一瞬戸惑ったのですが、降ってしまったものはしょーがない。
こんな時は山に行くだけ。

今日もお手軽に山超えて別府へGo!

SN3O0210_convert_20140310173526.jpg

塚原温泉からは今日も見事な噴気が立ち込めています。
それにしても今年雪降りすぎだろ。

もう3月ですよ。
そろそろ「桜」とか「汗ばむ」とかの単語が聞きたい。

登山道の積雪は約25cm程。
若干足に絡み付く程度で、
誰も通っていない白のキャンパスに残す足跡が心地いーです。

SN3O0213_convert_20140310173416.jpg

しかし山の奥に分け入っていくといつもの見慣れたルートは豹変していました。
おそらく何度も続いたこの大雪の影響で、
途中の木々は倒れたり、裂けたりして道を完全に塞いでしまっているのです。

もはやそこに登山道はなし。
これは雪が解けた後もルートとして直すのは相当大変だぞ・・・。

今年の大雪は農作物に多大なダメージを残したと報道されていましたが、
こんなとこにも大きな大きな爪痕をしっかりと残していたのです。

SN3O0217_convert_20140310173449.jpg

折れた木をまたいだりくぐったりしていると、
瞬く間に過ぎ去っていく時間。

ようやく山を越え別府の街が見えてきた頃にはすでに1時間40分経過してました。
夏には約30分の道のり。
どれだけ難ルートになってしまったのか・・・。

しかしいつもながらここからの別府の景色サイコーですね!

SN3O0218_convert_20140310173459.jpg

隣りの扇山もキレイに分かれた白と黒と青。

いつもはこの少し下の明礬温泉辺りで奥さんと合流するのですが、
本日は奥さんが海沿いをがっつり走りたい!
と強い希望を持っていたので、やむなく合流地点は海沿いの「YouMeTown」

まだまだ遥か眼下に点のように見える建物です。
これは遠いなー。

足のスパッツや山用の手袋そして上着をすべて仕舞い込み、
次はランニングの恰好に変身!

よっしゃあぁぁぁ!行くぞ!

SN3O0225_convert_20140310173513.jpg

別府には海から鶴見岳の山頂まで駆け上がるかの有名な
「鶴見岳一気登山道」
という道があるのです。

車道をまったく通らずに海から山頂まで行く、
日本で唯一のルートだそうです。

今回はこのルートで海まで走り降りました。
住宅街を走り、公園を抜け、川沿いに流れ、飛び石で川越をするといった感じで、
実にバラエティに富んだコースでした。

そして無事に奥さんと合流したのは2時間40分経過後。
あーちかれた。

2人でランチして買い物して今回のアクティブは終了。

登山は夏も冬も半パンがモットーの僕。
しかし防水性の半ズボンがなかなかないので、
去年自分でカッパを切り取り、
ついに完全防水の半ズボンを作成したのですが、
今日の山越えで早くも死亡・・・。

防水性は高いが耐久性は0でした。
残念。

靴といい、カッパといい僕の登山装備はどんどん壊れていきます。
メーカーの気合いが足りんっ!
と言い切ってしまうと少し酷か?

山との付き合い方を少し考えた方が良いかもしれないですね・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック