父と娘の2人旅

SN3O0126_convert_20140225205638.jpg

1年でもっともお客の少ない2月。
ここに合わせて毎年何らかの旅行をぶち込む僕ですが、
今年は7歳の息子と3歳の末っ子のトリオでの開聞岳遠征を企画!!

ワクワクしながら雪の接客業務を快調にこなしていたのですが、
出発の前週に見計らったように3兄弟がインフルでダウン!

子供の驚異の回復力でほぼ完治したのですが、
息子の小学校をこれ以上休ましたくないという、
奥さんの一般論に珍しく負けてしまった僕。
なにせすでに1週間休んでいるのでしょうがないか・・・。

しかしそれならなんとか愛する末っ子だけでも・・・、
と病み上がりではあるのですが僕の強固な希望だけは聞き入れてもらえ、
ここで父娘の1泊2日のプチ旅行が決定~。

末っ子はお出かけ大大好きなので僕が車の鍵をつかんだ途端、
いつもの通り駆け寄ってきたところを問答無用で拉致。

さぁ、ラブラブの旅に出発だぁ~!!!

まずは2人で大雪の残る阿蘇を快走。
西へ西へ。

SN3O0131_convert_20140225205735.jpg

そして熊本の長洲からフェリーに乗り込み、
今回の目的地 島原に向かいます。

学生の頃2度行ったのですが、
それ以降はほとんど見ていない九州空白の地。

長崎は年2回位行くんですが、ここは素通りしちゃうんですよね。
そんなわけで今回は2人でじっくりと回ってみよう!

40分間で穏やかに対岸に渡してくれるこのフェリーの船甲板には、
すっかり人に餌付けされ、
野生を捨てきった落ちたカモメの軍団がひたすら絡んできました。

周りを面白いように飛び回る白いカモメに末っ子大興奮!

SN3O0139_convert_20140225205826.jpg

この日の宿である雲仙の休暇村にまずは荷物を預け、
沈む夕日を浴びながらぐるっと海岸線を走ってみます。

海と夕日と棚田ときたか・・・。
やるじゃなーか。
早速ぐっと心掴まれた感じです。

島原、入りはとてもよかったのですが、
病み上がりの娘と風邪気味の父はこの日はこのまま2人でお部屋でまったりとダウン。

普段ママママ病の彼女ですが状況把握力はかなり優れているらしく、
ママがいないと悟った後は一言も「ママ」を発さず。

食事して風呂入って歯を磨いて布団引いて。
頼りない父に望むことは何もないらしく、
すべて率先して自発的に行ってくれました。

そして2人っきりの楽しい夜はゆるりと更けてゆくのでした・・・。

SN3O0151_convert_20140225205907.jpg

朝はいつも「ママ~ッ」と泣きながら起きてくる末っ子。
この日も目が覚めた後一瞬泣きそうになったのですが、
横にいる父の顔から瞬時にすべての記憶を手繰り寄せたらしく、
あきらめ顔で起き出してきました。

やりゃーできるんだね。

そして朝から2人でまずは雲仙の地獄巡り!
立ち上る湯けむりにビビる彼女。

そんなんじゃー湯の国大分から来たとは言えないぜー!

SN3O0159_convert_20140225205937.jpg

そして続いてはロープウェイ下の仁田峠へ。
思いがけず眼下には一面の大雲海が!

こりゃーつくづくついてるな。
ただ今回驚いたのは途中までの道です。

ここ雲仙ですらなんと両側にはかなりの量の積雪が残ってました。
やっぱ今回の大雪すごかったんですね。

その後島原の道の駅にて昔の噴火によって埋まってしまった家を見てきました。
もう20年以上前の出来事なのですが、
その家々の近くにいくと灰の匂いがするように感じました。

海の近くにあるこの保存場所。
雲仙普賢岳ははるか遠くにかすかに見えるのみ。

あそこからここまで土石流が来たんですね。
改めて大自然の驚異を実感。

この感じだともし由布岳が噴火したら我が家は逃げる必要ないな。
瞬死だ。
そう考えると慌てる必要もないのでちょっと気が楽です。

SN3O0165_convert_20140225210006.jpg

途中これまたいいものを発見!
サッカー好きの人にはたまらないっすね!

歴史とスポーツの奇跡的融合。
しかしこれは許されるのか??
なんでもしていいというわけではないと思うのですが・・・。

ただこの銅像。
ボールがあるだけでなんか不思議と普通の大きさに見えてしまうんですが、
ほんとはとってもでっかいです。

何はともあれ今年のW杯日本代表の活躍を祈願してきました。

SN3O0170_convert_20140225210118.jpg

そして最後に島原の街を散策。

ここがコイの泳ぐ街で売り出していたり、
島原城があったり、
武家屋敷があったり。

見くびってました。
実に味わい深い。

正直途中にもまだまだ見たいとこたくさんありました。

これは今回だけでは収まらず!
次回はまた家族オールスターで来るしかないですね。

こうして初の父娘の2人旅も無事に終了。
末っ子が好きで好きでしょーーーーーがない僕にとっては夢のような時間でした。

2日間に渡り心から分かり合ったはずの2人。
さすがに僕しかいないのでこの間は彼女も僕にべったりだったのですが・・・。

しかししょせん人の心は移りゆく秋の空。

家に帰った瞬間から彼女は一瞬でママっ子に返り咲き~!
ママに抱かれてひと時も離れない。
父の方には一瞥もしてくれないこの悲しき現実。

今度暇なのは6月だな。
6月にもう一回2人でおでかけしょっと。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック