今世紀最大の奇跡?

CIMG0123_convert_20140130154722.jpg

毎年お祭りで子供たちに掬ってこられる金魚たち。
その後一応家の水槽に入れてみるものの、
どんどん死に絶えそしていなくなる。

おそらくどこの家庭でも経験のあることだと思います。
我が家も毎年挑戦し続けるちびっ子どもが、
毎年新たな仲間を連れてくるのですが、
なんの装備もないただの木の器にいれられた金魚ちゃんは、
その懸命の努力もむなしく死んでいくのです。

そんな中2年半前の夏に飼い始めたうちの2匹が、
この狭い空間でついに魔の夏を乗り越えたのです!
その後も好調に記録を伸ばし続け、
そして今なおユースホステルの玄関で元気に泳いでいます。

もちろんこの間も毎夏新入りが来るのですがやはり夏を越えられない・・・。
ただついに去年の夏。
13匹もの貴い命を受け継ぎ、
ついに1匹の金魚がひさびさに夏越え成功!

かなりでっかい先輩たちの待つ、選ばれし者の器に入ったのです。
とっても仲良しの3匹。
生き物がいる風景は心和むとお客さんにも好評でした。

ところが2日前。
ふと見ると新入りの金魚ちゃんがいないっ!!
前夜までいたのに・・・。

ひょっとして飛び跳ねたのかとそこらじゅうを探すもいない!

結局ネコか何かが入ってきて食べてしまったのだろう。
という悲しい結論にいきつき、
せっかくの新しい家族の消失にしばしショボーーーン。

CIMG0121_convert_20140130154710.jpg

そして2日経った今朝。
掃除の時間にお手伝いの子にいろんな場所を徹底的に拭かしていたとき。

「ああぁぁっーー!いたぁぁぁーーー!」

との悲鳴が館内に響き渡る。
ユースホステルの玄関にはたくさんの小物がディスプレイされています。

その中の一つ。
だれかがくれた可愛い小さい茶色のコップの中に金魚ちゃんがっ!!

もちろんこんなところまで飛び上れるはずもない。
おそらくお客の子供の誰かがやったものと思われます。

ちくしょー!!
なんてひどいイタズラだ。

コップの中で変わり果てた姿になった金魚ちゃん。

CIMG0120_convert_20140130154628.jpg

しかし。
ここである異変が・・・。
ちょーーーっとだけ今動かなかったか・・・?
ま、まさか。

急いでコップに水を入れると、
ぷかーと力なく浮いてきたのち、
動いたっ!!
動いたぞおおおおお!

急いでほかの器に塩水を入れて緊急入院。
始めは息も絶え絶えだったのが、
その後時間と共に身体もまっすぐになり、
ついには自力で泳げるようになりました。

背びれを腹びれも尾びれも真っ黒になりながらも生き延びた金魚ちゃん。

しかし。
こんなことってあり得るんですかね??
なにせいなくなったのが2日前。
なので50時間以上は経ってます。

その間水のない小さいコップの中で生き延びることなんてできるんでしょうか?
こんなに小さい身体で。

しかし実際に生き抜いたこの金魚。

ひょっとしてこやつはえら呼吸という魚類の根底を覆す、
とんでもない異種体なのか?
もしくは誰かの大いなるイタズラなのか?

いくら考えても答えは出ず。

ただそんな奇跡の金魚は今も玄関で元気に泳いでいます。
ぜひお寄りの際は一目見てみてください。

しっかし不思議だ・・・。


湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック