鶴見大寒我慢大会 その後縦走ツアー

SN3O0980_convert_20140127215116.jpg

2014年 1発目のイベント。
鶴見連山縦走ツアー。

これに鶴見岳の大寒我慢大会をくっつけるという盛りだくさんの内容で
おこなわれるこの企画。

今回の参加者はこれだけ!(と現地集合一人)

数日前の寒波で見事に白くなって準備に余念のなかったはずの鶴見岳だったのですが、
春並みとまさかの暖波に見舞われた結果、
そのおしろいはすべて剥げ落ち、地肌はあらわに・・・。

なぜこんな時に限って~!!

ただ今回は参加者の中に一人、
あまりに大きな人生を背負って挑む男あり。
「雪残ってるかな~?」とはしゃぐメンバーの中で
彼ひとりどでかい決意を持って山に臨む!

CIMG0105_convert_20140127215147.jpg

彼から連絡が入ったのは1週間前。
「相談があるのですが・・・」で始まったメールには彼の固い決意が書かれていました。

この鶴見岳大寒我慢大会のメイン競技である「氷柱しがみつき」。
ここで優勝できた暁には応援に来てくれるであろう彼女にプロポーズしたい!!
というものだったのです。
(なお彼女は前にうちで働いていた娘)

「 優 勝 」

このかなり難易度の高そうなミッションですが、
もちろん彼には勝算があるのです。

2年前のこの大会で彼はぶっちぎりのタイムで優勝しているのです!
今回は気合いが他の参加者とは違う!
優勝以外は考えていない!
もちろんダメなときはプロポーズしない!

というLOVEパワー全開で参加しているM君。
しかし遅れに遅れた大会運営のため、
他のメンバーは泣く泣く彼の競技の前に縦走ツアーに出発。
あーー見たかった!

なお他のメンバーは「かき氷早食い」「氷柱ダーツ」「そうめん早食い」に参加して惜敗してます。
この後は奥さん報告をもとにどうぞ。

しがみつきの挑戦者は10名。
くじ引きで順番を決めるのですが、神が与えし番号はラストの10番。
全てのステージは整った!
後は勝つだけだ!

そして始まった競技。
順調に進みM君の番に。
ここまでの最高は1分とちょっと。

両肩に将来の家庭を背負っていよいよM君の競技スタート!
その気合は半端なく、滞空時間は他を圧倒!
4分を過ぎようというまさにその時!

まさかまさかの「ものいい」!!

10人目ということで氷が解けだし、
掴むのすら困難な状況の中、
M君氷の掴み方がちょっと上過ぎると他の競技者からクレームが出たらしいんです。

そして一旦競技中止。
協議の結果は、
最悪の競技やり直し・・・。

しかし人生をかけて臨んだ1発目でM君はすべてをすでに出し尽くしていたのです。
悲壮感漂う中行われた2本目。
記録はわずか30秒過ぎで力尽きての落下。

激しくうなだれる競技後のM君。

DSC_1780_convert_20140127220255.jpg

結局3位以内にも入れず、
表彰式にも出れなかったのですが、
主催者があまりにも哀れに思ってくれたのか最後に「パフォーマンス賞」というものを、
急遽作ってくれました!

壇上に上がった彼。
2度の挑戦ですべてを出し尽くした充実感は、
優勝以外はない!と固く誓っていた彼の決意を優しく溶かしてくれていました。

司会者からマイクを借りて語り始めました。

「負けてしまったのですが、少しだけ時間を下さい。
 今日は僕の大切な彼女が来てくれています。
 壇上に上がってきてもらってもいいですか?」

全てが終わったと思っていた会場は思わぬ展開にザワザワ。

そして何事かと目を丸くする彼女に向かって、
今日のために数日前に買っていた指輪をひざまずいて差出し、

「結婚してください!」

拍手喝さいの会場!
いよーーーう!
おめでとぉーーーーーう!!

SN3O0989_convert_20140127215335.jpg

という大感動の舞台でみんなが胸を熱くしているまさにその時っ!!

何も知らない僕たちは極寒の風が吹き荒れる稜線を縦走中。
意外にも雪はまだ残っていて、
薄く固まった表面を踏み抜いては沈み込む足。

進めねー。

でも右に別府の街並みと海、
左に塚原高原と由布岳を従えて歩くこのルートは実に気持ちいいです!

SN3O0999_convert_20140127215402.jpg

ぬかるんで滑りまくる南斜面を乗り越えて、
内山に登頂!

目の前にはスタートした鶴見岳が我々を見守ってくれています。

SN3O1000_convert_20140127215413.jpg

途中雪原にみんなで今年の干支を作成。

これ「馬」なんですが分かりますかね~?

相当芸術性が高いので理解してもらうのには時間が必要です。
数日は溶けないと思うんですが、
はたして次に発見した人は理解してくれるのか・・・?


DSC_1784_convert_20140127220313.jpg

結局望んでいた半遭難レベルの雪はなかったのですが、
それでもみんなでワイワイと楽しく歩くことができました。

無事に塚原温泉に到着です。
全部で4時間。

どーもプロポーズの話ばかりが盛り上がってしまいましたが、、
メインはこの縦走!!
このコース、公共機関がないので車が2台必ず必要となり、
なかなか行けないんですよ。

我慢大会参加 ⇒ プロポーズ ⇒ 縦走。

来年もぜひできればこの流れを大切にしていきたいです。
恋人との関係が煮詰まってきている方!
参加をぜひお待ちしています!

参加者のみなさん、お疲れ様でした!

そして最後にもう一度。
M君とT坊、ほんとにおめでとうさーーん!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック