お試し登山 鶴見連山!

SN3O0952_convert_20140122165540.jpg

この週末に迫った
「大寒我慢大会及び鶴見連山縦走ツアー」
の下見に行ってきました。

大したことないだろーと高をくくり、
上はシャツ1枚と上着。
下はスパッツに半パン。

到底冬山登山とは思えないこの油断がこの後の行程を鬼に変える。

SN3O0963_convert_20140122165649.jpg

ここの冬山は何度も登っているのですが、
なにか今日は勝手が違う!

おそらく一度溶けたであろう地面が再び滑らか~に固まり、
その上に丁寧に敷き詰められた薄~い今朝降った新雪。

まさに氷の障壁!

登る分だけ滑る感じでまったく進めなーい!!

SN3O0960_convert_20140122165556.jpg

こんな時に必要なのがアイゼンなのか・・・。
冬山も舐めきってる僕はここ十数年使ったことがないっすけど。

それでも気合いで雪原を泳ぐように登っていく。
滑って転んで落ち込んで・・・。
みるみる間に全身雪だるまのように真っ白に変わっていきます。
(写真はイメージ)

非防水性抜群のジャージは面白いくらいに濡れ始め下半身はびっしょり。
しかも通気性抜群なので寒い・・・。

SN3O0964_convert_20140122165615.jpg

山って実にメリハリがあるヤツで、
南斜面は山肌がしっかりと見えるくらい溶けてるんですが、
北斜面はこの通り雪超深。

吹き溜まりでは1m位積もってました。

SN3O0976_convert_20140122165628.jpg

そのまま白の坂を別府まで駆け降り、
誰もいない山奥の秘湯にてやっと身体ポカポカ。

あー生き返った。

しかし今週のイベント、
参加は今のところ僕以外に8名。
行けるのか・・・?

ただこのまま寒さで新雪が固まってくれたら逆に滑りはかなり軽減されるはず。
もしくは新しく大量のふかふか雪が積もってくれても大丈夫。

もっともダメなシナリオはこのまま少し暖かくなり、
雪が再び解けたのち、
一気に冷えて凍ってしまうこと。

週末の天気予報から一時も目が離せない~!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック