今年最後の・・・?

PAP_0696_convert_20131219162021.jpg

迫りくる年の瀬。
「年度末」というこの響きだけで無意味に慌てふためく日常の中、
やはりきっちりと〆をしないといけないでしょう。

というわけで今年最後の登山に向かいました。
行先はもちろん最後はホームの由布岳で。

一緒に行くと言っていたオランダ人のお手伝い。
真っ白な山容と朝から降り続く雨にすっかりびびってしまい、
「ワタシハ・・・、ライシュウ ニ シヨウカナ・・・」
と一言。

すっかり心を折られた彼。
しょーがないですね。
まだまだ19歳!

そして奥さんに送ってもらった由布岳中央登山口。
雨はますます本降り。
しかしこんなもんは屁でもねぇーぜ!

いつも通りカバンに装着したスピーカーから
爆音鳴らしながら出発だ~!

PAP_0695_convert_20131219162046.jpg

しかし一向に鳴りださぬ音楽。
あれ・・・・?おかしいな・・・?
まさか・・・。

バッテリー切れでした。

バキバキバキ~。
そして一瞬で崩れ落ちる心を支えていた冒険の支柱。

僕による登山の中で「音楽」は「登頂」とほぼ同等の価値を持ちます。
一人で無音でこの雨の中を2時間歩くのは嫌だっ!

そんなわけでここまで準備しながら今日はここでリタイア~。
いやー、へっぽこですみません。

しかし収まらぬ身体の熱きたぎりを抑えるために、
由布院の道の駅に移動し、
ここから2人で走ることにしました。

よし!
気を取り直して出発だ~!

PAP_0694_convert_20131219162106.jpg

何も考えていなかったのでとにかく2人で高速道路沿いを
ひたすら走ってみることにしました。

どこまでいけるのか?

雨はますます強くなり、
登山靴はやたらと重い。

PAP_0693_convert_20131219162128.jpg

だーれもいない高速沿いの側道は右に左に折れ曲がり、
何度も回らされたり、行き止まりだったりを繰り返し、
結局再び道の駅近くに戻されてしまいました。

約40分の実に短い冒険でしたが、
どこ行くのか分からない道はワクワクしますね。

そしてびちょびちょになり芯から冷えた身体を温めるために
YHの温泉に直行だ!

あーー、寒かった。
この時期の全濡れは命に係わりますね。

結局達成できなかった年納め登山。
オランダ人お手伝いじゃないが、

「ライシュウ ニ シヨウカナ」
ですね。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック