三俣山に呼ばれる。

SN3O0014_convert_20130927165129.jpg

なんと今夜の夕食提供がないことが朝に判明。
そして外は隅から隅まで秋晴れ。

夕食なし + 晴れ = 山登り

もはや僕の中で定番の数式。

仕事を速攻で終わらせ、
外に目を向けると、遥か遠くに雄大にそびえる 「三俣山」が・・・。

今日のターゲットはこいつだ!

車をブッ飛ばして飯田高原に到着。
早速登山開始-。

SN3O0021_convert_20130927165324.jpg

快調に歩を進めてラクラク西の峰をゲット。

この山は三俣と呼ばれているくせに4つピークがあるとっても天邪鬼な山。
今日はすべて制覇してやるぜ~!!

と意気込んできたものの、
西・南・本峰を軽く制覇するものの、北峰のルートが見つからず。

山を舐めきってる僕は地図がない!!

相当探したのですが、結局道見つからずに断念、とほほ・・・。
燃えきらない僕はそのまま2つ目の山に向かいます。
ガンガン行くぜー。

SN3O0035_convert_20130927165309.jpg

後ろの緑の三俣山の前には噴煙モクモクの硫黄山が横立ってます。
すっごい迫力。

進入禁止ですが、いつかはいってみたいな・・・。

今回はなんと時計を忘れてしまったのですが、
これが実にイイ!!

いつも自然と自分でかなり厳しい設定タイムを設けて、
それに向かって勝手にトライアルを始めてしまうのですが、
時計がない今日は自由!

そう。これが自由の喜びなのか・・・?
サラバ、時計!

SN3O0032_convert_20130927165339.jpg

星生山に向かう道。
ここ好きなんですよねー。

誰もいない天空の散歩道。

音楽のボリュームも最大にして、まさに世界を独り占め。
気持ちはまさに雲まで上るぜ・・・。

SN3O0037_convert_20130927165424.jpg

ピークから車の駐車している 「大曲」という場所まで、
直接行く道があると事前に確認済み。

まぁーその辺歩いてればルート分かるだろう、
と甘く見ていたのが間違いの始まりでした。

まったくルートが見つからず!!
さっきまで天空の道なんてのぼせあがってた登山道を何度も何度も往復!

ないぜ~!!!

地、地図が欲しい・・・。

やむなく玉砕覚悟でその辺から適当に、
この辺に車が停まっているであろう方向をめざし下山開始。
どっかで本道にぶつかるであろうという希望にかけてっ!

そして藪と岩場を彷徨うこと数分。

あった~!!
道、見つけたぜ~!

SN3O0038_convert_20130927165350.jpg

しかしこの道がとんでもない道だったのです。

笹に覆われ道が分からない。
そしてとんでもなく急。
地質は粘土状。

と、ほほぼすべての障害を備えた最強の刺客!

面白いほど滑りまくり、
四方の素晴らしき山々に響き渡る悲しき絶叫のこだま。

手は切れて血だらけ。
顔は蜘蛛の巣だらけ。
フラフラのボロボロになりながらなんとか下山すると、
入り口には「この道は使用禁止」の看板が。

荒れてるはずだよー。

大曲 ⇒ 星生山 ルート 行けません。
ご注意ください。

結局4時間近く高速ペースで歩き続けてきました。
今日は身も心も疲れた・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック