仙の岩に挑む!

PAP_0556_convert_20130911170552.jpg

由布院から車で約30分。
安心院の入り口に 「仙の岩」というすっごい奇岩がそびえている場所があります。

いつも横を通るだけでその迫力に圧倒されっぱなしの巨岩群です。
しかし心のどこかで、
いつかこいつと闘う日が来るだろう・・・。
そう感じていたのですが、

それが・・・、

今日でした!

掃除終了後突然思い立ち出発!

まずは途中のイモリ谷のパン屋さんで奥さんと、
ひょっとしたら最後となるかもしれないお茶を堪能。

この後奥さんは12kmほどランニングへ。
僕はまっすぐに戦場へと向かいます。

PAP_0555_convert_20130911170531.jpg

まさに天までそびえる 「仙の岩」。
あまりの高さに目眩がするのですが、
実は僕には勝算があったのです・・・。

来る前に調べてきたネットの中に、
頂上付近からと思われる写真が投稿されていたのです。

つまり行った人がいるということなのです。
ならば僕も行けるはず!

詳しいルートなどは全く書いてなかったので、
それは自力で探すしかない!

テンション上がってきたぜぇー!

PAP_0554_convert_20130911170542.jpg

藪をかき分けて、蒸し返す暑さの中、
なんとか巨石の真下に到着。

そして見上げる・・・。
こりゃー・・・、シャレにならんぞ・・・。

でも壁自体はかなり凹凸があるのでなんとか登れそう。
とりあえずいっとくか。
一歩一歩神経を集中しながら登ること数メートル。

その時突然次の手の掴んだ岩が崩れる。

ヒュー、カツーン。

思わず落ちた石を追って下を向いてしまい、
一瞬で心は恐怖心で満ちてしまう。

見上げるとまだまだ永遠にどこまでもどこまでも続く崖。

考えろ~!考えろ~!
今これは人生の中でやるべきことか?
ほんとーに今なのかっ??

いや!ち・が・う!!

という結論に達するまで数秒。
わずか数メートル崖を登った時点で本日の山登り、
惨~敗~!

PAP_0551_convert_20130911170516.jpg

しかしあの写真の人はなんだったんだ?
この崖を登り切るって常人ではない。
と思い下の茶屋のおばちゃんに聞いてみると、

「すぐ横に登山道があるよー」

な、なっにぃーーーーーー!!

そして難なくその入り口は見つかり、
そのまま実に気持ちよく整備された道をスイスイ歩き、
途中で大厳寺を経由して、
わずか15分で岩頂に到着。

そしてそこから写真をパチリ!

そう。
これだ。
この写真だよ。朝見たの・・・。

PAP_0549_convert_20130911170505.jpg

一度はあきらめた頂ですが、
思いがけずあっさりと辿りついてしまいました。

しかしこの大厳寺が意外に面白くて、
途中にある「修行者の道」を辿っていくと木の階段があり、

当然それを使って登ろうとしたとき。

バッキバキバキ~。

どーですか、これ。
見事に崩れ落ちたんですけど・・・。

僕もドリフのコント張りに転げ落ちました。
整備してないもいいとこ。

でも一応神様の前ですからね。
壊しちゃってごめんなさい。

PAP_0547_convert_20130911170454.jpg

そして無事に駐車場に着。

まー冷静になって見てみると、
こりゃ絶対に登れません。
ありえません。
何をもって戦おうと思っていたのか・・・。

負けて初めて分かることもある。
無理なことも世の中にはあるってことですね。

「仙の岩」

皆さんも眺めるだけにしてください。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック