24時間サバイバルキャンプ!

SN3O0315_convert_20130805223824.jpg

夏と言えばやっぱこれ!
僕の趣味で彩られた様々なユースホステルイベントの中でも、
もっとも僕色のに染められた、

「24時間サバイバルキャンプ!」

朝10時から翌日10時まで海から取れたお恵みだけで過ごす企画です。

今年は参加者4名に僕と台湾人お手伝いの2人。

あいにくの天気でのスタートでしたが、
連日の猛暑で海温は実に快適!

さぁ!
潜るぞ~!!!

SN3O0314_convert_20130805223807.jpg

しかし今年は魚が少ない!

出会うチャンスが少なければもちろん収穫も少ない。

それでもここでセミプロのK氏が今年も魅せてくれました!
海から上がるたびに手の袋には大量のお恵みが!
さすがですぜ、兄貴。

今年もご馳走様ですー!

しかし海の中の独特な静寂の中で神経を研ぎ澄まし獲物を狙う感覚。
好きなんですよね。

やめられないですよね。

今年は写真のおさかなさんとあと若干のおまけがたくさん採れました。

しかしここで早くも台湾人2人がリタイア。
どーもあまりのワイルドっぷりにびびったらしい。

これだから都会娘はよー。

ここからいよいよ中年5人の暴走が始まります。

SN3O0321_convert_20130805223845.jpg

それを早速調理。

朝10時から何も食べてない中、
ひたすら潜りまくっていたのでみんなお腹ペコペコです。

自分たちで採ったものは何でもとにかく美味い!

魚とおまけでおなか一杯です。

SN3O0357_convert_20130805223941.jpg

いつもの場所にテント設営。

この屋根付き・トイレ付き・シャワー付き・机イス付き・電気付き
でなんと無料!

のこのキャンプ場。

ただここの最大の良さは夜はまったく人がいないので貸し切れることです。
ほんとーーに穴場!

SN3O0322_convert_20130805223858.jpg

日が暮れる前にみんなで必死に木々を集めて、
今年もりっぱなキャンプファイアータワーが完成です。

これくらいの木を集めたらだいたい朝まで持ちます。
恐るべし自然エネルギー。

あとは日が完全に沈むまで浜に寝転んでただまったり・・・。

この時間が好きなんです。

何にもしない。

例え休みでも家にいたらなんかしちゃうんですよね。

周りになーーーんにもない。
だからなーーーんにもしない。

こんな時の風はとても優しいっすよ。

SN3O0336_convert_20130805223924.jpg

そしていよいよ着火!

今年は一発で成功!

縦横に激しく揺れる炎はただ眺めてるだけで美しい。
しばし無言で立ち尽くした後は、
花火大会だー。

中国製の線香花火があまりにもはかなすぎて、
ちょっと切ない夜。

見上げると厚く覆っていた雲は消え去り、
いよいよ満点の星空のステージに移行!

487923_365301596931237_1450404245_n_convert_20130805225111.jpg

上がるテンションが止まらないおっさん達は、
次々と炎を飛び越えていきます。

あちょーっ!!あっちぃーっ!!

その後誰もいないのをいいことに全員ふりちんで夜の冷たい海にダイブ!

ここで世紀の発見あり!
ノーパンで泳ぐとこんなにも自由なのか・・・。
ある意味衝撃的な気持ち良さです。

ぜひお試しください。

夜の海ではもうひとつ素晴らしいプレゼントがありました。

夜光虫です。
動かす手や足に反応して水中でキラキラと光の渦が乱舞。

下には夜光虫。空には星空。
冷たく冷えた海の中で見る最強のコラボですね!

1014204_365302200264510_995020226_n_convert_20130805230059.jpg

翌朝はみんな5時過ぎから起きだし、
捕まえたカニさんとわかめで味噌汁を味わいます。

これがまたうっめーーんすよ!

その後ビーチで男だけのスポーツ祭りでがっつり走り回り、
最後にひと泳ぎで汗を流して、

いよいよ海とはお別れです。

今年も遊び回ったな。
やりきったな。

SN3O0365_convert_20130805224015.jpg

その後国東の磨崖仏をみんなで見て、
温泉に入って、
待望のランチバイキングで食まくって、

今年の24時間サバイバルキャンプ終了~!!

僕はほんとに不思議なんですよね。

「由布川渓谷ツアー」とか30人近く参加者がくるのに、
なぜこのキャンプはみんなの興味の網にかからないのか・・・?

はっきり断言します。

このイベントめっちゃ面白いです!
そして美味しいです!

時間のある学生たちなんて絶対に普段できない経験ができるはず。
新しい人たちにもあの至高の時間を味わってほしいな・・。

998459_365302170264513_1675169853_n_convert_20130805224049.jpg

最近濃いイベントは参加者が決まってきています。

それでもいいんです。

例え同じメンバーになっても来年、
また、
ここで会おう!!

道具のスペシャリストAさんがくれた蚊よけのブレスレットに誓って!

それではまた来年です!!!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック