第5回 由布川渓谷探検ツアー

PAP_0087_convert_20130721220755.jpg

今年の「由布川渓谷ツアー」
当ユースホステルの人気No1イベントの名に恥じぬ参加者数。

ズバリ 33名!(何人か写ってませんね)

ガンガン照りつける日差しはまさに渓谷日和!
さぁ、行っときましょーー!

PAP_0082_convert_20130721220813.jpg

気温と昂揚する気持ちに押されて、
躊躇なく川に入っていくメンバー。

まだまだ地上でたっぷりと温められてた身体は少々の水温ではびくともせず、
十二分に機能してくれています。

この渓谷の真の恐ろしさを知るのはこれからですよー。

PAP_0081_convert_20130721220916.jpg

見てください・・・。
この人数・・・。

バックを差し替えたらそのまま湯の坪通り(由布院で一番のおみやげ通り)でいけそうです。
ただ人が多いとそれだけで熱気が相乗効果で高まりまくって、
とにかく楽しくなるんですよね!

みんな緑の絶壁の風景を見上げる度にキャーキャー言ってました。

PAP_0079_convert_20130721220943.jpg

そして毎年恒例の修行の場に到着。

昨年は一人の不幸な男がここで修行中にかなり高価な眼鏡を
聖なる川に寄付せざるを得なくなったという事件があったので、
今年はみんな眼鏡を取り外しての滝打たれ。

勢いで思わずやってしまう大変勇気ある数人のメンバー。
英雄扱いされ、パシャパシャ写真を気持ちよく撮られるのですが、
ほんとーの後悔はこの後から・・・。

一度冷え切った身体はこの冷却の谷の中ではそうそう元には戻りません・・・。

PAP_0076_convert_20130721220831.jpg

順調に進むこと約1時間。
目的地のチョックストーンに到着です!

しかしここには写真を撮ろうと待ち構える10名以上の団体さんが待ち構えていたのです。
わずかにある石の上はこれでもか!
というくらいの人で溢れて大変なことになってました。

さすがに夏は人気ありますね。
由布川渓谷・・・。

そしてここにある広ーい滝つぼで泳いだり飛び込んだりして遊ぶうちに、
そろそろ身体が取り返しのつかないくらいの低体温になりだしたので、
ガタガタと震えながら来た道を引き返すことにしました。

写真家のみなさん、
ほんとお騒がせしました。

PAP_0073_convert_20130721221027.jpg

寒さと水が濁って底が見えないのがあいまって、
帰りはみんな面白い程フラフラ。

転ぶはぶつかるはで行き以上にキャーキャー言いながら、
なんとか無事にスタート地点に全員で帰ってこれました。

そのまま地上に上がった時の太陽の日差しの暖かさは忘れないですよ。
みんな冬眠明けの熊並みの大喜びです。

今年も実に楽しかったこのツアー。
はっきりと言えるのは人数多くてもなんの問題もない!
ということですね。

むしろなんかこれだけ人数いたら新しい宗教チックになって余計に楽しい。

来年は50の大台目指しますか!

この数字に到達する鍵を握るのは、
これを読んでいる。
そう!あなたです!

また来年ここでお会いしましょ~!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック