新しい仲間と共に。

SN3O0004_convert_20130716211250.jpg

待ちに待った新しい登山靴と
走る用のカバンと
歩きながら水が飲めるハイドレーションシステムの水筒が到着!

いてもたってもいられずに山に向かいました。

いつものようにハードなルートを進むのもなんなので、
本日は通常ルートでお試しの登山をすることにしました。

猪瀬戸から始まる「鶴見岳西登山口」からスタートです!

SN3O0007_convert_20130716211431.jpg

新しい靴を一歩一歩踏みしめるように歩いていきます。
走って見たり跳んでみたり。

いい感じです。

カバンも身体にしっかりフィット!

そしてハイドレーションの給水口をすおうとした時、

「い、痛い・・・」

先週のサッカーで顔面直撃による口の中に傷が痛すぎて吸えない・・・。
最新の技術の意味なし。
ガクーーーン。

SN3O0008_convert_20130716211444.jpg

そして順調に鞍ヶ戸の頂上を極めた時、
事件は起こった!!

踏みつけた石が突然の反撃。
思わぬ方向に崩れたおかげで踏み場を失った左足はそのままあらぬ形に湾曲。

グッキ。

「いってぇぇぇぇぇぇ~!!!」 いってぇぇぇ~ いってぇぇ~ いってぇ~(コダマ)

周りに誰一人いないのをいいことに、
ここぞとばかりに悶絶して痛がってみたのですが、
狭い山道のおかげで手足は傷だらけ。

そして問題の左足は

捻挫です・・・。
しかもかなり痛いやつ・・・。

SN3O0012_convert_20130716211459.jpg

昔からサッカーで捻挫癖がある僕ですが、
山でするのは久しぶり。

なぜなんだ??

クツの上からカバーしてるスパッツを外してみると、
靴ひもほどけてるぜー。
足首全く固定されておらず。
意味なしっ!

くっそー。
これだから既製品の紐はいやなんだよ。
なんですぐにほどけるんだ。
やめてくれー!!

SN3O0022_convert_20130716211700.jpg

山の奥深く一人きり。
もはや戻ることもできず。

順風満帆に進んできた今までの明るい道とは異なり、
目の前にあるのは厳しく困難に満ち溢れた暗黒の道。

この後びっこを引きながらのノロノロ行進の始まりです。
ひたすら時間がかかる・・・。

まずはゆっくりと船底まで降り、
これまたおっちらおっちらと内山まで登り、
永遠と思われる時間をかけて下界に降りきりました。

別府まで2時間で行く予定だったのが、
結局かかった時間は3時間半。

辛かったっす。

SN3O0024_convert_20130716211529.jpg

そして最後は山の中にある秘湯
「へびん湯」
にてさっぱりと汗を流します。
なんせ今回は若干変な汗も混じってますからね。

ここは川沿いにあるきれいに整備された無料温泉。
雰囲気も質も最高なのです。

そしてこの隠れ人気の温泉が、本日は貸切でしたよ!
最後に超ラッキー!

SN3O0026_convert_20130716211543.jpg

奥さんに向かえに来てもらい、
これにて今回の別府越えはなんとか終了~。

タイムといい、怪我といい、何より気持ち的に大完敗です。
そして新しい道具達の評価ですが、
「悪い」というよりも「使いこなせていない」だけでしょう。

これからゆっくりと愛していきたいです。

しかし週末の「由布川渓谷ツアー」の前に足完治させねば・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック