九重山周辺だいたい終了。

SN3O0969_convert_20130712223304.jpg

新しくネットで購入した登山靴とザック。
今か今かと待ちわびたのですがなかなか来ない!

そのうちワクワクがついに沸点に達してしまい、
まだ何も来ていないのに山に行くことにしました。
意味分かんないんですけど、行きたい時は行く!

今日も掃除を終え、そこから牧ノ戸峠までブッ飛ばしてくぜ~。

SN3O0971_convert_20130712223322.jpg

出発はすでに12時3分前。

もちろんこんな時間から登りだす人はいないので、
最後尾からのスタートです。

最も得意なまくりのパターン。

ただ今回は帰りのことを考えて遅くても3時半に帰ってきたい。
つまり猶予は3時間半。

十分っすよ!

いけるとこまで行っときましょー。

SN3O0975_convert_20130712223338.jpg

まず一発目は 「沓掛山」
ここはほんとだれでも行ける、登山道の途中にあるお手頃満開のピークです。

この牧ノ戸からのルートはやたら平坦な道が長く続くのです。
基本的に登りは走らない!という信念を持つ僕としては、
時間が稼げないもどかしい歩行が続きます。

しかし空は晴天。
差し込む日差しは下界よりはるかに強く感じます。

あーーーーーーー、気持ちぃぃ・・・・。

SN3O0976_convert_20130712223351.jpg

久住分かれまで40分。
やっと前を歩いてる人たちを見つけました。

ここからがごぼう抜きの足の見せ所です。

SN3O0979_convert_20130712223401.jpg

そして2発目の「久住山」を攻略。
時間にして52分。

休む間もなくそのまま、奥へと道を進み、
3発目の「稲星山」を攻略。

ここは初めてなんですよね。
ここで早くもアクシデントがっ!
充電し忘れた携帯はここで早くもバッテリー切れ。
ここからは文章だけでお願いします。

と言っても山の名前を言われても興味のある人しか理解できないと思うので、
良くわからない人は右上の「×」マークを静かに押してください。

さらに奥に進んでいき「白口岳」攻略。
ここもお初です。

もうこのあたりに来ると人はだれもいなくて、
まさに天空を貸切。

それから少し引き返しながら九州本土では最高峰の「中岳」攻略!
一瞬も止まることなく勢いで「天狗岳」攻略!

久住分かれまで再び降りてきた後は最後に
「星生山」を登り切り、これで本日は7山制覇!

下りは走ってもいいという僕の、僕による、僕のためのルールがあるので、
再びおじ様おば様達をぶっちぎってゴーーーール!

到着は14時50分。

計2時間57分。
やり切りました。

3時間足らずの歩行なのですが、
内容が濃いので身体はボロボロ・・・。

しかしこれで久住の主だった山は行ったかな。
まだまだ回数が少ないのでお客様気分ですが、
またこれからも末永くよろしくお願いします。

そしてそのまま車を走らせて帰着。

あまりの疲れに車から降りた後部屋までたどり着けず、
途中の廊下で寝てしまってました。

こんなことは初めてです。

このあたりが今の限界なのでしょう・・・。
なにせ夜の愛するフットサルをさぼってしまったのですから限界ですよね。

さってと。
今夜はゆっくりと寝て、
明日から気分新たに連休頑張るぞ!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック