黒岳登山

SN3O0703_convert_20130618215918.jpg

最近息子と山に行ってない・・・。

そんなわけでお休みの本日。
息子を小学校から拉致して山に連れて行こう!!
と思っていたのですが、
天気予報はど雨・・・。

まともな合羽のないやつは濡れて身体冷えると、
すぐに弱るんですよねー。
ちっちゃいから。

しょうがないので今回は一人で登ることにしましょう。

しかしお休みで朝から気分がよく、
のんびりと掃除して、
さらに奥さんと2人で湯布院でまったり幸せランチなんてしてたら、
出発がとんでもない時間にっ!!

SN3O0704_convert_20130618215932.jpg

今日目指すのは九重連山の一角に位置する黒岳。

久々一人でのマジ登山す。

ただ入り口のお姉さんは
「まさか今から頂上までいきますか??」
と厳しく聞いてきたので、
「いやいや途中まで・・・」
と軽く流しておきました。

そして男池橋を越えていよいよ森深い山に突入です!

SN3O0708_convert_20130618220030.jpg

この黒岳という山はいくつかの山の総称です。

今回目指すピークは3つ。

通常所要時間は約7時間。

つまりこんな1時45分スタートなんてのはありえないんですね。
はっはっは。

迫りくる登りを豪快に駆け抜け、
休むこともなく一気に一つ目のピーク 「天狗岩」を攻略!

通常周りに絶景が広がる最高の見晴らしポイントなんですが、
霧と風で見えないわ危ないわ・・・。

さらに途中案の定降りだした雨で岩場はツルッツル。
ここはほんとーに危なかったです。

SN3O0714_convert_20130618220003.jpg

この山かなり原生林が残っているらしく、
ジャングルの中を突き進むアドベンチャー感が随所に演出されています。

しかしその妨げ続ける樹木のおかげで何度道を間違えたか。

しかしなんとか最高点の 「高塚山」に到達。
もちろん誰一人には会わず。
この密林を独り占めです。

だいたいこのあたりから身体の限界タイマーの音が聞こえ始めます。
ピーコン。ピーコン。

SN3O0720_convert_20130618220054.jpg

下りこそ一気に時間を稼ぎたいところなんですが、
かなり身体に疲れがきていて、
何度も何度も横の崖にずり落ちそうになりながらも、
かろうじてのところで惨事は免れつつ、
徐々に高度を下げていきます。

すでに足は擦り傷と打ち身だらけ。

そしてついに下界の 「白水荘」に17時に到着です。

いやっほぉー!!

計 3時間15分

まぁ・・。
こんなもんでしょう。

ボロボロですが・・・。

SN3O0723_convert_20130618220106.jpg

ただこのルート下山後喜んでる場合ではないんですよね。

スタートとゴールが違うんです。

ここから舗装路を延々と3km歩いて、
ようやく車に到着。

全身のビチャビチャは雨なのか汗なのか?

なんにせよひさびさやり切った感マンマンです。

今度こそ息子を連れて来てやろう。

自分、お疲れっしたぁ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック