鹿嵐山へ

SN3O0518_convert_20130513153607.jpg

昨夜のフットサルの体力消化不良の解消のために、
本日は院内にある鹿嵐山に登ることにしました。

しかし掃除終了後いろいろ仕事してたらすでに11時30分前に・・・。
ここから「Country Road号」でブッ飛ばす!

公道をあるまじき速度でブッ飛ばし、
なんとか12時に第2登山口の駐車場に到着。

SN3O0521_convert_20130513153623.jpg

そこから中央登山口へと移動し、スターット!!

初めは森林地帯を軽快に抜けていきます。
森の中は木陰で暑くないけど、子虫がまとわりついて嫌なんですよね。

僕の登りは疾風怒濤型。
しかもハーハーxゼーゼー言いながら登るので、
森で汗に反応して近寄ってくる羽虫がガンガン口に入ってくるのです。

まぁ。
これで栄養補給はばっちり?ですかね。

写真は登りでは唯一の鎖場。

SN3O0522_convert_20130513153635.jpg

この山は雄岳と雌岳にわかれてまして、
まずは雌岳から・・・。

いやー、見事なまでに展望の利かない頂上だ・・・。
5秒で滞在終了。

SN3O0523_convert_20130513153646.jpg

こっから一気に登りなおして雄岳へ。

ここは見事な眺望なり~。
遠くの山々がグラデュエーションになってうつくしい。

SN3O0525_convert_20130513153700.jpg

ここまで35分。
いつものように全開アタックで汗だく。

しかし水もってくんの忘れたよ!
携帯でいれたせんべいですが、きっと食べたら喉が干からびて死ぬな・・・。

SN3O0532_convert_20130513153736.jpg

途中に現れる奇岩群。

九州ってなんでも大きくでます。
少し幅のある滝は「ナイアガラ!!」
少し大きい渓谷は「グランドキャニオン!!」
壊れかけの民家の裏に大きな岩山があれば「マチュピチュ!!」

そんな九州人が名付けたここの名前は

「万里の長城」

またやっちゃったな・・・。

全然違うし。

でもここの見晴らしはほんと絶景ですよ!
この稜線を駆け抜け、無事に駐車場に1時25分に着!

SN3O0534_convert_20130513153746.jpg

休む間もなくエンジンに火をつけ、
再び風となり一路湯布院へ。

ただ途中小腹がすいたので、
近くの休憩所で

「煮込みホルモンうどん」

をいただきました。

すっげー美味かったんですが、
いつもの通り写真を思い出したのはすべてが終わり満足しきった時。

ここにあったうどんとホルモンたちをどうかご自由にご想像ください。

ちなみに僕が鹿嵐山に登ってるとき、
奥さんは由布岳に登ってました。

まだまだ元気いっぱいの夫婦です!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック