やったー!お休みだ!ツーリングだ!

PAP_0498_convert_20130507215514.jpg

やりきったゴールデンウィーク。
疲れを癒す2日間のお休みをいただきました。

初日は奈良からと北九州からの友人と3人でツーリングだっ!

世の中の連休熱の余韻がまだ天に残っているのか本日も素晴らしい晴天です。

PAP_0496_convert_20130507215838.jpg

まずは大分市にある 「西寒多神社」
に行ってきました。

いきなり入り口から藤の花のトンネルが続きます。
圧巻です!
花に漂う甘い香り・・・。

神社の周りには小川が流れていて、子魚たちが春を謳歌。
なんていーとこなんだ!

大分の街中にこんなオアシスがあるなんて。

なにより気持ちいいのがごみひとつ落ちていないこと。
それは何故かというと。

PAP_0491_convert_20130507215643.jpg

こんな看板があるから。

いやー、これは大きくでましたねー。
このご時世に久々に聞く大金!

しかし何でも言ってみるものですね。
実際に我々も何かポケットからうっかり物を落としたら、
罰金取られるかもとビクビクでしたからね。

PAP_0475_convert_20130507215625.jpg

さらに青空の中、3台のバイクは豪快に疾走しある看板を発見!

「日本一美しい 風連鍾乳洞」

日本一。
これまた大きく出ましたねー。

これは行くしかないでしょう。
平日にふさわしく洞窟の中は我々のみ。

ひんやり冷えた暗闇を進んでいきます。
500mあるその行き止まりには広い空間があり、
竜宮城という名にふさわしい自然の芸術がありました。

これはかなり立派です。
しかし何が日本一なのか・・・?

そのもっとも肝心な部分には一切触れることなくこの洞窟はここで折り返しに。
なお園内にも日本一に関する説明はどこにも見つけられませんでした。

PAP_0474_convert_20130507215614.jpg

気を取り直し、海沿いのヘアピンを気持ちよくうねり、
道の駅 蒲江に到着!

目的はもちろん海鮮丼です。
店の前には平日にもかかわらず長蛇の列が・・・。
さすがだ・・・。

待つこと10分。
無事に席に着き海鮮丼が目の前に運ばれてきました。
光輝く魚たち・・・。

わき目も振らず一身に食べ続け、大満足の後に思い出しました。
写真とるの忘れたよ・・・。

そんなわけでこの器にあった豪華絢爛な海鮮丼は皆さんの好きなように
心。でお描きください。

PAP_0472_convert_20130507215603.jpg

そして蒲江のマリンカルチャーセンターにいってきました。
ここは夏は屋外プールで遊べるのですが、
そのプールが冬春はマンボウの水槽へと大変身。

ただし柵もなにもないのですぐ真横にマンボウが見れるのです。

ただこのマンボウちゃん。
ゴールデンウィークでサービスしすぎたのでしょう。

疲れ果てた顔でよれよれプールを彷徨ってました。
お疲れ様です。

PAP_0469_convert_20130507215549.jpg

そのまま再び来た道を引き返し、
別府のとある島で一休み。

さすがに疲れましたね。

風が強くて飛ばされないように必死だったのです。

でもバイクの疲れはライダーだけの喜びでもあります。
なんとも心地よい疲労感。

PAP_0466_convert_20130507215537.jpg

夕食は別府の「東洋軒」で中華。
鳥天発祥の店です。

腹いっぱいに食べた後、なぜか頼んでもいないのにデザートが。
「ライダーにはサービスだよ!」

とシェフがでてきて笑顔で答えてくれました。
なんて優しーんだ!!

感動と満腹で身も心も満たされ、大満足で店をでると、
そこにはさっきのシェフが笑顔で待ち構えていました。

「ちょっと僕のバイクを見せてあげるよー」

無類のバイク好きのコックさんだったんですね。
そこから20分ほど彼のバイクがいかにスゴイかを教えていただきました。
先ほどのデザートはこういうわけか…。

ただ僕はバイクのこと自体は良くわからないのですが、
すっごく古い年代物のスゴイバイクだそーです。

そして冷え切る空気の中、無事にユースホステルに帰宅。
距離280km、時間は12時間半。

とってもよく走りました。

明日もう一本お休みいただきまーす!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック