スペースワールドへ

DSC_0356_convert_20130405193505.jpg

ほぼ休みなく駆け抜けた3月。

毎年恒例の家族での春休みをいただき、お出かけしてきました~。

毎度両親やお手伝いも一緒に行くのですが、
今回は珍しくわが家族だけ。

5人の親睦をじっくりと深めますか。

掃除を速攻で終わらせ、よし出発だー!!

SN3O0297_convert_20130405204814.jpg

まずはゆっくりと下道を北上。

しかしまだ大分知らないところがあるのか・・・。

「魔林峡」(まばやしきょう)

その恐ろしげな名前とは裏腹になかなか素敵なとこでした。

SN3O0303_convert_20130405193805.jpg

みんなで四葉のクローバー探して、
崖上りして・・・。

この時間をただ無駄に過ごす贅沢。
これこそが今僕に一番必要なことなのです。

SN3O0310_convert_20130405193827.jpg

その後平尾台の遊び場で汗だくになって遊びまくり~。

空が青いよー。

ここでしきゑが最近はやりのブリッジを芝生でやり始めます。
大自然のステージに気をよくした彼女は、
逆立ちをし、そのままブリッジにもっていくという大技を即興で完成!

これにおおいに刺激を受けた息子も真似をしだし、
頭と腰を地面に叩きつけること数十回。
スパルタの僕が思わす止めてしまいそうなほどの過酷な練習を経て、
見事彼も逆立ちブリッジ成功!

普通のブリッジもまともにできないのに・・・。
すげーぜ。

子供だけに許される天性の吸収力!
驚きです。

SN3O0322_convert_20130405204336.jpg

そして日も暮れてきたので北九州のホテルにチェックイン。
そして真っ赤な夕焼けの中、小倉城をのんびり散策。

心と時間に余裕があるとなんでもキレーに見えますね。

たまーに歩く都会の空気は田舎者の僕たちにとっては刺激に満ち溢れてます!

SN3O0328_convert_20130405204413.jpg

翌朝は早朝から目覚め、朝マックして、
今回の旅のメインの

「スペースワールド」

に行ってきました。
宇宙がテーマのこの施設。

開園の9時に合わせて到着。
遊び倒すぜー!

SN3O0331_convert_20130405204012.jpg

園内はいたるところに宇宙人が無意味に配備されてます。

春休みだけあってなかなかの人でした。

といっても最大の待ち時間が50分待ち。
ディズニーランドとかに比べると全然ですかね?

そして5人でほぼすべてのアトラクションを制覇!
やりきったー!

ただ僕個人の感想を述べると、
九州一はぶっちぎりで「三井グリーンランド」
「スペースワールド」と「城島遊園地」はいい勝負かな?
という感じです。」

DSC_0391_convert_20130405193639.jpg

そして日も暮れてきた頃、
園内では一斉にライトアップのイルミネーションタイムが始まります。

そーとーキレイです。
が、朝からの全開運転でわれらはガス欠気味・・・。

ゐなせは歩きながら眠りそうになってました。
なので夜の部は早々に切り上げ終了。

そしてこの日は鳥栖のホテルに泊。

「チサンイン 鳥栖」
ここすっごく良かったですよ。

家族5人 朝飯付きで 5600円。
どうやってやっていっているのか?

まぁ、感謝ですね。

SN3O0354_convert_20130405204449.jpg

そして最終日は本来は朝寝して10時くらいまでのんびりして、
鳥栖のアウトレット見て帰る予定だったのですが、
ちびっ子モンスターがなにを勘違いしたのか朝6時から大暴れ!

しょうがないので7時から朝飯食べて8時には出発しました。

秋月城址をみんなでゆっくりとお散歩。
もう桜は散ってましたが、ここも静かでいい雰囲気ありますね。

そして小石原に少し立ち寄り、
そのまま一気に高速で昼過ぎに帰宅!

なにせこれから
館内整備・温泉準備・荷物整理・夕食仕込が待ってるのです。

毎度のことながら休みをとれば通常の3倍疲れる。
でも気持ちは絶好調。

また気持ち新たに新年度を頑張っていきますよー!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック