24時間サバイバルツアー

9月のユースホステルスペシャルツアーの

「24時間サバイバル登山」

その名の通り24時間山の中を彷徨うという、鬼のようなツアー。

今回ばっかりは参加者いるかなぁ~??

と不安に思っていたのですが。

結果はなんと6名の参加!
問い合わせも多数あり、
世の中にはまだまだチャレンジャーが沢山いると確信できました。

さて今回初挑戦のこのツアー。

出だしはまず塚原温泉までの10kmのウォークです。
とくに難易度も高くなく、晴れた空の中みんなでワイワイと歩きます。
これは楽勝です。

そして塚原温泉からまずは伽藍岳山頂へ。
ここも上りはきつくないのですが、徐々に崩れ出す天気。
全員で登頂後、
「きたーーー!!!!」
ついに降り出した雨で全員びしょ濡れです。

その後一気に別府までの急降下坂道。
これが結構膝にくるんです・・・。

なんとか別府の鍋山温泉に到着し、
ここでお楽しみの温泉ターイム!

女性2名も少し離れたところに湧いてる温泉で入浴。
すっかりと疲れをリセットです。

そして車で来てくれた奥さんから夜用の荷物を受け取るのですが、
ここで1名無念の脱落。
お疲れさまです!

そしてここから一気にまずは扇山まで上がります。
かなりの坂。
もはや会話はありません。
そして別府が一望の山頂に到着~!!

ここから続いて内山を目指します。
しかしここからがこのツアーのハイライト・・・。

地獄の登りが始まるのです。
さらに暮れだした空。
吹き始めた風。
霧で霞む視界。

風に何とかバランスを保ちながら岩場を上ります。
でも上っても上っても現れる坂道。
もはや根性だけです!
でもたまに山の隙間から見える別府の夜景は最高でしたよ~。

そしてついに内山到着!!
予定ではここで少し仮眠をとる予定でしたが。

頂上付近は嵐です・・・。
こりゃーヤバイと判断し、内山下山。
そしてなんとか山の陰を探しながら、
夜の9時過ぎに少し広い広場でそのままのごろ寝で仮眠を決行!

しかしこの寒さと風。
持ってきた酒の力と疲れでみんな即爆睡するのはいいのですが、
2時間後位にはあまりの寒さにブルブル!!

さ。さむい!
この状況を打開するには・・・。
歩くしかない!!

疲れや眠気や身体の痛みよりも寒さが勝ち、
みんな飛び起きて歩行開始。

そしてこのツアーの最高地点の鶴見岳登頂!
ここで無事にほとんど無くなりかけてた水を補給!
途中からみんなの一番人気はだれかが持ってきた
「食卓塩」
みんななめまくりの大ヒット商品となりました!

そこから一気に下り、由布岳東登山口に着いた頃にはもう空が空け始めていました。
休憩で座り込むたびにウトウトする子も現れます。
ここからはまさに気力のみの世界。
でも逆にナチュラルハイも入りだし、ちょっとおもしろい。

結局時間の関係上由布岳山頂は諦め、
中腹をトラバースするルートを黙々と歩きます。
空は驚くほどの晴天!
気持ちいいですねー。

最後にもはや気持ちだけで草原地帯、森林地帯を抜けて、
歩き出して25時間後の 11:00。

見事ユースホステルに帰還!!
やったぁぁ!!!!!

みんな足の裏や膝や肩やどこかしこに筋肉痛があるものの、
怪我もなく無事にやり遂げました!!

今、思い返してもすさまじい行程でしたが、
面白かったです!

マジで極限の世界でみんなで協力するのは楽しいです!!

これ病みつきになりそう。

もちろん来年もやりますよ~!!!!



湯布院カントリーロードYH
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック