隙あらば登る!

PAP_0185_convert_20120607185745.jpg

今日の宿泊は1名のみ!
しかも夕食なしだ!

なら登ろう、山へ!

そして途中まで奥さんに送ってもらい再び山越えで別府まで向かいます。

PAP_0181_convert_20120607185816.jpg

以前一度試した塚原から船底を越えて別府に抜けるルートに再挑戦。
この土石流の跡地をズルズル滑りながら登っていくのですが、
このルート。
途中に必ず越えなければいけない断崖があるのです。

しかもかなり強烈なやつが・・・。

1回目は右回りで地獄を見たので、
今回は左回りにトライ!

PAP_0178_convert_20120607185847.jpg

この選択が大チョンボ・・・。
左回りに現れた崖は右とは比較にならないくらいに高かったのです!

しかしどこかでこれを登らないと上に行けない。
一歩一歩慎重に崩れやすい石に体重を預けつつの、
懸命な登坂が続きます。

もしこの岩が崩れたらただではすまんな・・・。

「あなたの保険。入ってないからね!」
出発前の奥さんの言葉が脳裏を巡ります。

その緊張と無理な体勢での踏ん張りでガタガタ震える膝・・・。
こんなことは初めてです。

足場の岩に祈ること数回。
身体中の毛穴から嫌な汗を吐き出す全身全霊を掛けたアタックにより、
見事崖をクリアー!

今このエリアで、いや九州中でも僕ほど命賭けてる人はいないでしょう・・・。

PAP_0171_convert_20120607185913.jpg

そして無事に船底に到着!

だれもいない静寂の世界。
全てを忘れてホッと一息・・・。

あー・・・、
きもちいいー・・・。

PAP_0167_convert_20120607185931.jpg

その後別府までの長い長い下りをダッシュで駆け抜け今回も2時間で辿り着きました。

やったったぜー!

PAP_0168_convert_20120607185950.jpg

その後は奥さんと交替。
彼女は道路を真面目に走って帰ります。

今回のルート。
はじめは息子を連れて行こうと考えていたのですが、
まだもちょっと先ですね。

頭がモヤモヤして、何もかもを忘れ去りたい人。
ぜひこの極秘山越えルートをご案内させてください!

湯布院カントリーロードYH
スポンサーサイト

この記事へのコメント

nicky : 2012/06/09 (土) 21:19:28

スリル満点なコースですね。
是非案内してください。

保険入ってないんですね。
私は救助保険だけ入ってます。
救助費用は高額ですからね。
年間2000円+事後分担金の格安救助保険に入っています。

クライミングしてみたいけど、お金かかりそうで躊躇ってます。
道具一つ一つに命預けますから高額になりそうです。

え?今年の24Hコース?って先読みしすぎかな(笑

湯布院カントリーロードYH : 2012/06/10 (日) 22:43:18

マジで山の保険は入ります。
だれよりも必要性大なので・・・。

24hサバイバルでここ行ったら、
初の完歩者0で終わりそうですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック