FC2ブログ

野津原トレランコース下見

P2181305_convert_20190218162248.jpg

大分県の南部にある野津原地区。
来月の3月 ここでトレランの大会が開かれます。

大学時代の後輩に誘われて何故か出場する流れになってしまった僕。
こういう大会に出るのは初めてなのですがなんとその距離 40km!
走ったことないぞ・・・、そんな距離。

様々な不安を抱えながら一応今日はコースの下見にやって来てみました。
まだまだ薄暗い中徐々に染まる東の空を眺めながら準備に取り掛かります。

この大会。
本部があってそこから Aコース Bコース Cコース と順番に走っていくそうです。
つまり毎回一度本部に戻ってきては走り直すみたいです。

今日はそのうちの2コース位周れたらいいな~、
なんて考えながらやってきたのですが・・・。

なんの看板もない・・・。
トレランのコースに関する情報も目印も何一つない!
あと大会まで1ヵ月なので少なくともコースの目印位はあるかと思ったのですが、
笑えるくらいに何もないのです。

ただせっかく来たので「これかな~?」と思わしき登山道へととりあえず入っていきます。

P2181309_convert_20190218162307.jpg

しかし走り出した10分。
さっそくやらかしてしまいました。
ガラスの左足首をもつ僕ですがひさびさにグキッと豪快にひねってしまうのです。
早朝の山中で一人で痛さに転げまわる。

原因は2枚重ねた靴下。
何も考えずに持ってきたソックス同士がまったくかみ合わず靴の中でツルツル滑り、
速攻で足を捻ってしまったのです。

ただここで今朝の冷え切った外気温が手助けしてくれました。
水も氷もないのですが靴下を脱いで素足を出しておくだけで結構冷える足。
10分位放置しておくとかなり痛みも引いてきました。

元から捻挫癖があるのですぐに捻るんですがすぐに治るんです。
だいぶ落ち着いたところでもう一回気を引き締めて歩行開始。
ただしばらくは走れんな・・・。
最初はひたすら歩き回ろう・・・。

そして低いのですが鬼の様に急な坂をもつ山を4つ位周って、
さらにコースが全く分からないのでとにかくその辺の細道を見つけては歩き回りました。

P2181314_convert_20190218162334.jpg

途中にこんな吊り橋も発見!
通るとギシギシと揺れかなり危険でしたよ。
この頃からはなんとか騙し騙し走り出せました。
途中川も越えたし谷も越えたし崖も登ったしきっとこのうちのどっかはコースに入ってるだろう。

ただ「下見」という本来の目的は全く果たせませんでした。
これはもう当日は他のランナーの後ろを必死についていくしかないですね。

P2181316_convert_20190218162352.jpg

そして最後の高台から見渡すと遠くに鎮座するは我が由布岳と鶴見岳じゃないですかっ!
あー落ち着くな~。

結局どれ位走ったのかもよく分からないのですが、
なんか飽きてきたので10時半には今日のお仕事終了~。

P2181317_convert_20190218162405.jpg

なんとなく消化不良の本日。
ただ会場となる野津原少年の家のお隣にはとても立派な廃墟がありました。
かつてここには「おおいた 香りの博物館」 があったのです。

もう人影すらない敷地内には荒れ放題の草の中に立派なオブジェや噴水跡が残っています。
本当はダメなのですが・・・。

コッソリと敷地内を探検。(どこからでも簡単に入れてしまう)
もちろん建物の中には入っていませんが。
誰も来ない中で寂しく立ち続ける洋風の建物の前に立つと、
ここが日本じゃないような不思議な感覚に陥ります。

青空と廃墟と静寂。
なんか映画のワンシーンのようでもありました。
中々刺激的でしたよ。
立ち入り禁止ですけどね。

P2181319_convert_20190218162417.jpg

そしてそのまま直帰の予定だったのですが、
途中である看板を発見!

「森のごはん屋」さんという山の中にある小さなカフェです。
Facebook関係でこの野津原にこんなカフェがある事は知っていて、
さらに最近ゲストハウスも始められたとの情報も入っていたので、
ぜひ一度来てみたいと思っている場所だったのです。

結構山の中の入り組んだ場所。
今回たまたたまこの細い路地に入り込まなければ絶対に来れませんでした。
せっかくなので美味しい珈琲を頂いていきました。

周りは本当に大自然の中に建つとっても素朴なカフェ。
オーナーご夫妻もとても気さくな方達です。
最近オープンしたばかりのゲストハウスも見せてもらい、
お互いに色々といい刺激を受けました。

山の中での自然体験をお望みならここで食事して隣のゲストハウスでお泊りのパターン。
すごくいいと思いますよ!
ゲストハウスは 「Kurihai」でお調べください!

またまた大分の小さな良さを発見できた今日。

ただ今は捻った左足が段々と痛み出してきて、
これ以上腫れない事を願うばかりです・・・。
トホホホ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

わをん 金賞 ゲット!

P2171283_convert_20190217200318.jpg

いつもの通り満室の部屋掃除から始まる日曜日。
そのルーティンも11時半には終了しお手伝い達は別府へと遊びに行きました。

残された我々はどうしよっか?
今日は珍しくあまり予定を立てていないのです。
だからと言ってじっと家にいるなんて選択肢はあり得ないのでとりあえず車で出発だ!
さーどこ行くかな?

ここで奥さんからある情報が入る。
「そういえば わをんちゃんが習字でなんか賞取ったらしいよ」

ほー。
今までも何回か子供達が賞を取ったとか言う話は聞いたことはあるのですが、
それをわざわざ見に行ったことはないな。
よーしせっかくなんで今日は末娘の作品を見に行こう!

そしてやってきたのが4年前にできたばかりの大分県立美術館 OPAM。
初来館です!

入り口には美術館の宣伝より100倍でっかくラグビーワールドカップの宣伝が飾られてました。
あと7か月後ですもんね。
大分県必死だ!

P2171286_convert_20190217200744.jpg

なかなか洗練された建物内。
しかし駐車場に入る時からそうだったのですがすっごい人で溢れかえっています。

「一体どんな展示会があるんだ・・・?」
と思っていたのですが2階3階の展示場にはほとんど人はいません。
ひたすら人で溢れているのは一回の展示場のみ。

そう。
そこが 「第70回 大分県学校書写書道展」 の会場なのです。
今回 由布院小学校 2年生から選ばれたのは 3名のみ。
ただそれが全ての学年で。
さらには全ての幼稚園も中学校も高校から選ばれるのです。

そりゃーすっごい人数だ!
我が子の偉業を一目見てみようとする親ばか軍団がこの大行列を作り出していたわけなんですね。

P2171284_convert_20190217200730.jpg

そんな親ばかな僕達も末娘の作品を見つけるのに一苦労・・・。
3往復目位でようやく発見です!

普段から誰よりも心配性でゆっくりと物を書くのが大好きな彼女。
これは100%奥さんの血です。
僕はいまだに自分の書いた字が読めなくて途方に暮れることがあるくらいですから・・・。

現在初段だという彼女。
これからも字を上手に書く知的な女性に育っていって欲しいです。

P2171292_convert_20190217200801.jpg

その後は少し大分市のアーケードをお散歩。
そして 「9と5分の1」 というちょっと変わった名前のカフェへ。

タルト専門店なのですがここはかなり女子高生の中では人気の有名店らしいです。
家で長女に「行ったよ」というと嫉妬で叫んでいたくらいなので。

確かに美味しかった・・・。
しかしタルトの完成度では湯布院にある 「Naya」さんのタルトの比ではないですね。
あそこより美味しいタルトは中々ないと思いますよ。

P2171298_convert_20190217200851.jpg

そして最後はワサダタウンにてお買い物タイム。

2月21日がお誕生日の末娘。
平日なので今日プレゼントを買いに来たのです。

しかし行く前のウキウキ状態をすでに通り越しちゃったのか、
実際に来てみるとなかなか欲しいものが見つけられない彼女。

散々歩き回った挙句、
「別になにもいらないかな・・・」
と言い出す始末。

結局小出しで色々と買うことになり。
「チャオ 3月号」「すみっこくらしの弁当箱」「可愛いヘアピン」「駄菓子いっぱい」
を手に入れて少しご機嫌になっていました。
良かったね。

久しぶりに移動距離も短くのんびりと過ごせた日曜日でした~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

タイムアタック 由布岳

52523845_2605043246179074_4049788482317451264_n_convert_20190215191646.jpg

訳ありまして来月に40kmというトレランの大会に出場する事になった僕。
長い距離を走るのは本当~に嫌いなのですが、
出る以上完走できなかったらこれまた恥ずかしい・・・。
という訳で現在日々少し長い距離を特訓中です。

最近かなり身体がキレてきてるような感じがしないでもない。
そんなわけであと1ヵ月というこの時期に久々由布岳タイムアタックをかけることにしました。

やる気満々で来た僕ですがここでカメラの中にカードを入れ忘れてきたことが入り口で判明。
しょうがない。
証拠の画像は残せないけどもともと自分の記録なのでいいだろう。
いや・・・、
むしろカメラがない分軽くていい記録出るかも・・・。

そんなわけで入り口で途中まで一緒に登る奥さんに携帯で写真を撮ってもらい、
さー出発だ!
分かりやすく11時25分00秒からスタート!!

登りは走らない!という僕の信念を・・・。
今日は曲げよう。
スタートの草原地帯だけですが走ってみました。
ただその後から始まる森林地帯の急坂はいつも通り超早歩きで。

今日の由布岳は人も少なく気温も低いので体温の上昇もほぼ無し!
いいコンディションです。
あとはひたすら酸素が足りないと叫ぶ心臓の爆音にひたすら耐えて歩き続けるのみ。

いつもの勝手知ったるコースを歩き続けて、
マタエという最後の登り坂の下に来た時点で41分。
これは過去最高タイムだ・・・。
しかしこの時点での疲れ具合もほぼ過去最高。

この身体で今から最後の急坂か・・・。
いや、やってやるぜ!!
ここからが本当の勝負だ!!
足だけじゃなく手もそして膝までも使いながらゼーゼーとただまっすぐに山頂を目指す。

呼吸が激しすぎて吸ったか吐いたかも分からなくなりかけた時。
ついに東の峰の立て看板が見えた!
ゴールだ!到着だっ!

タイムは・・・?
「45分40秒」

きっっっったー!!!
最速タイムをたたき出したぜ~。
しかも今までの最高の47分台から2分近く縮める好タイム!

山頂で肩で息を繰り返しながら10秒ほど喜びの余韻に浸る・・・。

しかし頭にはすぐに新たな野望が・・・。
ちょっとまてよ・・・。
これだけ登りでいい記録が出たってことは・・・、
こりゃ往復の新記録も出ちゃうぞ。

こうしてる間はないっ!
そのまま一気に下山開始。
そして余力を絞りだし帰りも飛ばしに飛ばして結局駐車場に帰り着いたタイムは・・・。

1時間16分30秒。
やったー!
これまた新記録達成!!

2つの自己世界記録樹立に湧き立つ僕。
まだこの年でもいけるんですねー。
スピード系はもう完全に落ち目ですが、
体力系はまだ少しは伸びしろあるのかもしれません。
何よりも日々鍛えるとこうも違うんですね。

そして車に戻りイスに座った時点でどっと押し寄せる疲労感。
あーダメだ。
今日はマジで疲れました。
やっぱり限界突破してたんですね・・・。
今もこれを書きながらどこかちょっと気分が悪いような感覚が残ってます。

さぁあと残り1ヵ月。
あまり無理しないようにゆっくりと仕上げていきたいと思います。
(なんかただのタイム自慢のようなブログとなりましたが、
 記録を残すための日記代わりなのでお許し下さい)

湯布院カントリーロードユースホステル  

鹿鳴越連山 走っとこ 

P2121255_convert_20190212160321.jpg

朝起きるとひさびさに広がる青空!
しばらく雲が多かったですもんね。
朝からココロウキウキするので今日は山へと出かける事に決定です。

別府の少し北側の日出市にある、
あのザビエル氏も歩いたといういわくつきの登山道へと向かいます。

なぜ彼はこんな山道を歩いたのだろうか・・・?

P2121256_convert_20190212160339.jpg

詳しくは途中の登山道に掲げられたコチラをどーぞ。
(ちょっと読みにくくてすみません)

P2121259_convert_20190212160357.jpg

このルート全体の標高は低いくせに割と急激に高度を上げていきます。
足にかかる重力を必死に蹴り返しながらガンガンと登り、
ここが本日のピーク 七つ石山 です。
別府湾を見下ろす景色は豪快の一言ですよ!

ただし石は100個くらいはありますが・・・。

P2121264_convert_20190212160413.jpg

とにかくこじんまりとした山なのでひたすらダッシュで駆け抜ける。
無名な山なのですがきちんと道は整備されているのでとても気持ちよく走れます。
きっと地元の方々が大切に管理されているのでしょう。
有難いことです。

適度なアップダウンを繰り返していくと道は途中からこんな大それた名前へと変わります。

ここからなにか特別なものがあるわけでもなく、
そこにあるのは変わらず普通の登山道だけ・・・。

では何故こんな名前が付けられているのか?

P2121265_convert_20190212160435.jpg

詳しくは反対側の登山口に掲げられたコチラをどーぞ。
(興味のある人だけね)

P2121276_convert_20190212160452.jpg

そして約1時間の気持ちいいジョギングも終わりでーす。
ここからお気に入りの隠れ家的な食事処 「スパビレッジ日出」 へ。

ここはランチを食べた人は無料で温泉に入れてくれるのですが、
この温泉がとても無料のクォリティーじゃないんです!

ほんとに目の前が海!
波の音とカモメの声を聴きながら浸るお湯は格別です。
30分位一人でユラユラと揺れてました。

P2121277_convert_20190212160507.jpg

そして最後はここの超美味い 海鮮丼でお腹へのご褒美を。
本当は一人で食事するのとても嫌いなのですが、
本日は奥さんが一人で長崎に残って遊んでいるので止む無くボッチランチです。

ただでさえ食べるの早い僕ですが、
今日は一人なので10分かからずに完食。

さー帰りましょうかね。
なんかひさびさにゆっくりできた様な気分になった午前中だったな。
えがったえがった。

湯布院カントリーロードユースホステル  

長崎ランタンフェスティバル 2019

P2111226_convert_20190212002225.jpg

今年も恒例の 「長崎ランタンフェスティバル」へと向かう日がやってきました。
基本的に土日開催タイプのお祭りには参加できない僕達ですが、
この祭りはとっても懐が深くてなんと開催期間 2週間!
これなら繁忙期の僕達も日を選べますねー。

遊びの前は気合いが違う!!
満室の館内を僕たち夫婦とお手伝い3人が縦横無尽に走り回り、
11時には全掃除終了!

そして高速道路をブッ飛ばす事3時間。
2時過ぎには人とランタンで溢れる長崎の街へとやってきました!

今年もスゴイ大所帯ですよ。
ハイエースは満席の全 10名!!

P2111228_convert_20190212002246.jpg

当初は諦めていた3時からの中国雑技団のステージも見れました。
このランタンフェスティバルには大小無数のステージが街中に点在していて、
そこで絶え間なく何かしらのショーが開催されるのです!(特に週末は)

エイサーや獅子舞や蛇踊りなどの他に二胡演奏やダンスなどなど。
どれもとっても盛り上がるのですがそんな中でダントツのクォリティーと人気を誇るのが、
この中国雑技団による演技。

外交問題や環境問題など様々な問題が取り上げられる中国ですが、
この人体ができうる限界を極めようとする技に関しては絶対に世界一ですよね。
毎年見てるのですが毎年感動で泣きそうになります。

この写真は分かりにくいのですが一番盛り上がる椅子の高積みの芸。

まだ中学生くらいの男の子がなんの補助もない中黙々と椅子を積み上げていき、
その上で芸をするという単純なものなのですが、
その高さが上がるにつれて会場はどんどん静まり返り、
ハラハラとドキドキの中で恐ろしい高さに達した椅子の上で最後の逆立ちを決めた瞬間は、
会場中割れんばかりの拍手と歓声の嵐でした。

これらを全部無料で見せてくれるって辺りがこのランタンフェスのいいとこなんですよねー。

P2111229_convert_20190212002307.jpg

ショーの合間を縫って長崎の坂を散策中。
この何もないただぼーっと坂を歩くだけの時間が一番心落ち着くんです・・・。

3人のお手伝いのうち今日で2人の韓国人お手伝いが旅立っていきます。
彼女たちのおかげで英語も日本語もできない韓国人のお客様対応にどれだけ救われたか・・・。

ありがとう!
俺もちょっとだけ韓国語の勉強をするわ!と一応表向きは言っておきました。

P2111239_convert_20190212002338.jpg

日が暮れてくると街中に配されたランタンは怪しげな光を放ちだし、
街は益々盛り上がってきます!

それにしてもこの日は寒かった!
長崎なんでもうちょっと暖かいだろうという僕達の予想を完全に裏切る。
ただし短い時間の中で相当歩き回ったのでなんとか僕たちは身体の熱を守れましたが。

P2111243_convert_20190212002356.jpg

奥さんのテリトリーでもある長崎。
いろいろと知り合いも集まってきて最後には17人もの大所帯にっ!

ただ僕たちはまだこれから「帰る」という大仕事が残っているので、
今年は少し早めの19時30分には会場を後にしました。

もちろん遊び足りない奥さんは一人居残りを決意。
旧友の家に泊めてもらい今夜はがっつり飲みに行くそうです。
たっぷり遊んで来いよー。

P2111247_convert_20190212002514.jpg

長崎は初というお手伝い達の為に最後は車で稲佐山へ。
この光る3本のタワーと長崎の溢れんばかりの光の幻想に酔いしれながら、
これで今回の長崎遠征は終了です。

さぁあとはひたすら運転して帰るだけだ!
と思っていたのですがしかしやはり最後の最後にドラマは待っていたのです。

全員寝静まる車内。
途中からガソリンが少なくなってきたので僕はどのSAで給油しようかと綿密な計算を立て、
皆を起こさないようにギリギリで入れようと決意。

途中のSAを潔く通り過ぎ大分県に入り湯布院までにある最後のSAへと入る。
もうガソリンマークもとっくに現れ残りの航続可能距離は30km。

完璧やな・・・、
と自画自賛しながらガソリンスタンドに入ろうとすると・・・、
閉まっていた・・・。

えぇぇぇぇっ~!!!!!!
高速のガソリンスタンドって閉まるのっ???????

衝撃の展開にしばし震える。
しかしないものはなので次のインターで急遽下車。
僕の慌てぶりにみんなも起きだし携帯でスタンドを探してくれた。
しかしいかんせん問題は進める距離が限りなく短いという事。

突然発生したこのイベントに雑技団のショーに匹敵する程の緊迫感で溢れる車内。
携帯が示したスタンドへ1mも無駄にしない完璧なるライン取りで車を進め、
無事航続可能距離が15kmを切ったところで給油できました。

助かった・・・。
マジで焦りましたよ。
運転の基本なのでしょうが「早めの給油」ですね、やっぱり。

そうして多少慌ただしくはなりましたが日付が変わる前に無事に帰宅。
散々「寒いっ!」と言っていた長崎ですがやっぱり湯布院の方が断然寒かったです・・・。

まだまだ春節の残り火のお客様は続きそうです。
また気持ち新たにがんばりましょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫