FC2ブログ

24時間サバイバルキャンプ 2018

P7290026_convert_20180730170529.jpg

もはや何度聞いた言葉か・・・。
またもや「観測史上初」というセリフと共に台風12号が東から逆走してきた!
てめえはボケたドライバーか。

しかも僕の一番大好きな企画 24時間サバイバルキャンプの日に被せてくるとは。
前日までずーっと酷暑続きだったんですよ。
明確な悪意を感じざるを得ないっす。

しかし絶対に止めない。
この企画だけは何が何でもやらせてください!

徐々に荒れ始める海に向かうのはこの7名です。
今回のサバイバルキャンプは途中でどんどん人が入れ替わる、
実に目まぐるしいイベントとなりました。

さーて本格的に危険が迫る前に入水だ!

P7290025_convert_20180730170515.jpg

しかし既に海は絶好調に濁ってるぜ。
そしてうねる波に揺られると若干酔うんですよね。
もちろん誰もいない貸切の海水浴場でみんなで潜りまくる。

しかしいつものセミプロダイバーKさんが苦戦しながらも今年も大きな仕事やってくれました!
いいお恵みいただきましたよ~。

P7290033_convert_20180730170547.jpg

ここで由布院からの元気な3人母娘とうちの奥さんと長女とイギリス人お手伝いが参戦!
さぁみんなで料理開始だ。

大切な食材は 今年も贅沢なランチへと姿を変えます。
タコの唐揚げ
魚の焼きもの
魚のムニエル
貝のツボ焼き
貝の照り焼き

P7290044_convert_20180730170619.jpg

それではいただきまーす。
かなり大所帯なのでもちろんペロッと完食。

今年もご馳走様でした。

外では益々風雨が強まってきます。
こんな時はインドアな遊びでもしようか・・・。

この近くにある「やよいの村」という場所では勾玉作りが300円で体験できるので、
こんな天気が悪い時は時々お世話になるのです。
さーいくぞ!
しかし車でやっとたどり着いたその場所にはまさかの文字が掲げられていました。
「本日臨時休館」
折れたか・・・。
この台風にお客様を迎えるサービス精神が折れてしまったか・・・。

まぁそこは公共機関。
しょうがないですね。

しかし僕にはもうひとつ秘策があるのです。
この近くで地元民だけでこっそり行われる「ホーヤク祭り」という超秘祭がこの日に行われるのをサーチ済なのです。
まだまだ奥の手は用意してあるんですよ。
ご安心ください。

そして車で向かうのはかなり山奥の方の小さな神社。
しかしそろそろ祭りが始まる時間なのにだれの車もない。
さらに神社の扉すら開いてない。

携帯で神社の電話番号を調べて電話してみると、
どっかに出かけている神主さんの携帯に転送された。

「祭り・・・?何言ってるんの?今日台風だからないよ」
はい、終わった。

P7290059_convert_20180730170648.jpg

恨めしき台風はますます我々をバカにするように荒れ狂ってきました。

やることないよ。
いや、そういえばこれサバイバルキャンプだったよね。
やっぱこんな時はサバイバルしましょうか・・・。

やっと午前中の冷え切った身体が元に戻ってきたばかりですが、
もう一度行っとこう、海へ!

もはや痛いくらいに叩きつける大雨の中気合いで潜ったり遊んだりと再び海に向き合う。
2度目の海は益々濁って荒れていました。

P7290066_convert_20180730170707.jpg

それでも2回戦でもこれくらいのお恵みは再びゲット!
どうだー!!
しかし寒いんじゃぁ~!!

みんなで震えながらテント場に戻ると目を疑う光景が・・・。
なんと午前中に設置したテントが・・・。
風でふっとばされていた・・・。

毎年利用させて貰うテント場は屋根つきの超快適な場所なのです。
しかし横殴りの雨は容赦なくテント場にも降り注ぎ全面大濡れ!

途方に暮れるメンバーはショックのあまり車から出ることを放棄して、
30分位車内で現実逃避していました。

P7290068_convert_20180730170728.jpg

しかしその後徐々に雨足が弱まってきたので、
諦めて全員でテント場のお掃除を開始です。

調理班とテント撤収および干し班と 床吹上げ班に分かれてがっつり働きました。
その結果なんとか再びテント場に平和な空間が戻ってきました。

問題は・・・、持ってきた寝袋が全滅してしてしまった事。
まーどうにかなるかな?

今日2回目の食事は
ボラの刺身
アワビの刺身
魚の焼きもの
サザエの照り焼き

これまたすべて超絶品でした!

P7290101_convert_20180730170742.jpg

ここで夜になると空色が一変!
なんと海には煌々と月が照らされるくらいの晴れ空になってるじゃないですか!

ここで本日最後の参加者Sさんがおみやげもってきてくれました。
花火だ~、やった~!
今年は残念ながらキャンプファイアーができなかったので、
その代りに存分に火で遊ぼう。
なんで炎ってこんなに心ときめかすんでしょうね。
みんな大はしゃぎです。

その後も勢いそのままにゲーム大会で大盛り上がり!
みんなで笑って騒いで興奮して・・・。
ひさびさに子供に戻ったような楽しい夜でした。

そして一番の難所だったビショビショの寝袋でしたが、
勇気をもって寝てみると何の問題もなく熟睡できましたよ。
濡れてるか乾いているかはあまり人間関係ないみたいですね。

P7300146_convert_20180730170801.jpg

台風一過の朝。
一人先に起き出して波の音をボーっと聞く。
ホントは昨夜謳歌するはずだったこの自由をこの場でじっくり味わう。

こんな時に一緒に飲む朝コーヒーってマジ美味しいですよね。

この後は朝食タイム。
みんなで獲ってきたカニの味噌汁とカニの揚げ物。
美味しいんですけどやはり海鮮ってちょっと大人の嗜好品なのです。
なんとか口には入れるもののたくさん食べられないちびっ子たちは、
そろそろお腹が空いて堪らない状態になってきてます。

P7300152_convert_20180730170819.jpg

思いがけなく晴れたので予定を少し変更して、
みんなで自転車で海沿いのサイクリングコースを走る事にしました。

やっぱり太陽って最高ですね。
気温もグングン上がってきましたよー。

P7300155_convert_20180730170837.jpg

まだ一人で自転車に乗れない末娘。
どうしても彼女だけペースが遅れるので僕と2人で一番最後からゆっくりと走ります。

結局3グループに分かれたサイクリングは先頭チームだけが20Km往復を走り切りました。
お疲れさん!

P7300164_convert_20180730170922.jpg

ついに海で獲れたものだけを口にする24時間は終わりを告げようとしています。
前日の10時30スタートから25時間が経過。

いよいよルール解禁の焼肉屋に到着です!
いよっしゃ!さー食べまくるぞ~。

今年も無事に終わった24時間サバイバルキャンプ。
まったく思い通りにならなかったのですが、
それはそれで例年になく楽しい一夜でした。

また一年来年のこの企画を楽しみに頑張れそうです。
入れ替わり立ち代わりで参加してくれた14名の皆様!
そしていつも優しく時に厳しく受け入れてくれる海様。

本当にありがとうございました!
また来年もよろしくお願いしまーす。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

裏山調査登山

P7270205_convert_20180727162017.jpg

今年は夏休みの後半 8月末に開催されることになった
「ゆふいん子供サマーキャンプ」

湯布院の小学生までの子供達を集めて、
毎年どこかの山に登るか川を歩くかする、
中々激しい1泊2日のお泊り会なのですが、
今年は原点に戻りユースホステルの裏山登山に連れて行くことにしました。

もう全てが僕の庭と言っても過言ではない由布岳の麓のフィールド。
しかし一応念のため前回の大雨の影響などがないかを調査に行って来ました。

隙あらば楽しそうなことに同行したい奥さんと一緒に道なき道へGo!!

P7270209_convert_20180727162032.jpg

頭上を覆う緑のスクリーンへと降り注ぐ陽光はとてもキレイ。
この誰もいない事が確約された世界が気持ちいいんです。

ただし浮かれた迷い人に何頭もの鹿が驚き逃げまわるシーンがありましたが・・・。
お騒がせしてすみません。

P7270213_convert_20180727162047.jpg

何度も登り下りを繰り返しながら少しずつ進んでいく。
自分が選び進む方向。それが道なのです。

手も足も膝も身体全体を使いながら登っていきます。
子供達にはぜひこの自由な感覚を知ってもらいたいな。

P7270216_convert_20180727162106.jpg

そして深い樹林帯を抜けると突如広がる大草原。
ここがゴールの「見晴らしが丘」です。

いつも通り息を呑む光景。
素晴らしいです。
当日はここでお昼ご飯の予定ですがその時間に辿り着けるかな・・・?

途中のルートも山の状態もまったく問題なしでした!
ひたすら泥にまみれて汗だくで歩く子供達を想像すると今からワクワクします。

チビどもよ。
今年もいいステージ用意してるから楽しみに待ってなよ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

5代目 Tシャツ 完成~

IMG_20180704_0001_convert_20180726165528.jpg

当ユースホステルオリジナルのTシャツ 第5弾が完成しました。
今回は少し賑やかなデザインとなっています。

子供達のキャラクター猫はもちろんその他のキャラも頑張っております。
真ん中には今回もあの決まり文句を・・・。

「ゆふっとく?」

P7260192_convert_20180726165627.jpg

着てみるとこんな感じです。
素材は速乾性なのですぐに乾きますよ。

サイズも子供用からLLサイズまでご用意しています。

P7260191_convert_20180726165726.jpg

今回のカラーはこの10色。
全部で200枚ありますがサイズと色は無くなり次第終了です。

値段はいつもの通り 1500円です。
玄関の販売棚にドカーンと置いていますので、
もしよかったらお泊りのお客様はちらっと覗いてみて下さい!

よろしくお願いしまーす!

湯布院カントリーロードユースホステル  

酷暑を極めるツーリング 2

P7240163_convert_20180724210922.jpg

大都会の渋滞の中を走るには僕のバイクでは戦闘力がなさすぎる。

少しでも空いている時間帯に通過しよう。
そう決意した2人は朝の5時50分にはまだ車の少ない国道3号線をぶっ飛ばす。
やはり朝のこの時間は気温も上がっていなくて気持ちいいです。

今回の旅の目的地は「相島」(あいのしま)です。

福岡の新宮町の沖合にある小さな島。
小型定期船に乗り込み約20分くらい波に揺られるとあっと言う間に到着です。

乗り込んでいるのはほとんどが釣り人さん。
その中数名の観光客や外国人も来ていました。

そんな彼らのお目当てはというと・・・。

P7240175_convert_20180724211226.jpg

これですっ!
この相島は別名 ネコ島 と呼ばれるくらいたくさんのネコが住んでいて、
このネコちゃんに会いにくる観光客が近年後を絶たないそうです。
ネコパワー絶大ですね。

うちのチビ子もネコ大好き!
途中で買ってきたキャットフードのパワーで猫たちのヒロインとなっていました。
すり寄ってくるネコ達にご満悦の彼女。

はるばる遠くから来たかいがあったね。

P7240181_convert_20180724211532.jpg

毛皮を着た猫にとってやっぱりこの暑さは厳しいようです。
日影の涼しい場所でグデーン。

眠るの邪魔しちゃダーメーよ。

P7240178_convert_20180724211408.jpg

一通りネコと遊んだ後は海で遊ぼう。
福岡の大都会が目の前に見えているのですが水質はとっても綺麗!

2人でひたすらクラゲを捕まえて遊びました。

蝉の声が会話が難しいくらいのボリュームで島中に鳴り響きます。

P7240183_convert_20180724211639.jpg

帰りの船が出るのは2時間半後。
島を歩き回りネコとも遊びつくし海に浸かるともうやることがない!

そこで島唯一の食堂でちょっと一休み。
この相島は名前もあいのしま。
そして島の形もハートに見えないこともないので愛を売りにしています。

この食堂の看板メニューの一つ。
相島コロッケも見ての通りハート型。
魚のすり身で作ってあり美味でしたよ~。

そして目的のネコ島も制覇したので後はいよいよ帰るだけだな。
こっからがまた遠いんですよ。

さーて気合い入れて走りしょう!

P7240186_convert_20180724211742.jpg

しかしやはりまだまだ小学2年生の末っ子。
疲れ果てたのか走っていると思わず寝てしまうのです。

シートの前に乗せているのですが熟睡すると腕に完全にもたれてくるので、
それキープするのは至難の業です。

あまりにも寝相が悪くなるとやむなく休憩を取ります。
何度もバイクを止めて休憩時間をとるのですがやばいな・・・。
このペースでいくと帰れないぞ・・・。
なにせ今日はお客様あり。
15時まで帰らないといけないのです。

そんな焦る僕に追い打ちかけるように大事件が勃発。
バイクの調子がおかしい。

登りでスピードが上がらないのです。
マフラーからのエンジン音もどんどん変な音に変わってきています。
これは本格的にやばそうだな。

なにせこのバイク。
奥さんが20年以上前から使っている骨董品級の代物なのです。
いったん大きな町に戻って修理してもらおうか?
いや・・・。
それでは仕事に間に合わない。

なんとか気合い帰ってみよう!
そう決意して最後の峠に向かう。

ただ徐々に落ちていくスピード。
そして峠の手前で・・・、ついにエンジン完全停止~!!
やっちまった~!!

エンジンかからないバイクの横でいまいち状況を読めずに大喜びの娘。
ちくしょー。
こうなりゃ歩くしかないな。

とバイクを押しながら歩きだすもこれで湯布院到達は完全に無理でしょう。
汗だくで腕の筋肉がプルプルしだした辺りで結局最後の決断を下す。

「助けてもらおっと」

まずは奥さんに電話してどうも今日は時間までに帰れなさそうと告げる。
すまんが1人でなんとかしてくれっ!

そして福岡に住む義父母にお願いして迎えに来てもらうことにしました。
義父家は農家なのでなんでも持ってます!
この突然のお願いに軽トラとロープを持って駆けつけてくれました。

P7240187_convert_20180724211935.jpg

そして愛車は無事に軽トラに積み込まれそのまま福岡の修理工場へ。
しかし時間がもう夕方近かったということもあり、この日のうちに直すのは難しいと。

泣く泣く相棒をその場に預けて僕と娘は今夜は義父母宅へとお邪魔することになりました。
ここで旅の緊張が一気に解けたのか、
気が付くと炎天下の中でバイクを押しまくったのが堪えたようでなにやら頭がフラフラ・・・。
若干やばそうな予感。
夜は義母さんの御馳走をいただき10時前には速攻で死ぬ様に眠らせてもらいました。

愛機故障というとんでもないハプニングで幕を閉じた今回のツーリング。
ただ思い通りにならないことこそが旅!
娘にはそれを知ってもらえたのならこんなハプニング大歓迎です。

またバイクが無事に直ったら秋にでもどっか走りに行こうぜ!
お疲れさーん。

湯布院カントリーロードユースホステル

酷暑を極めるツーリング 1

P7230126_convert_20180724205630.jpg

いよいよ始まった子供たちの夏休み。
我が家では長女は陸上部、長男は太鼓とそれぞれ忙しい。
なので恒例の夏休み初めの旅行は末っ子と2人でお出掛けすることとなりました。

2人なので思い切ってバイクでいってみようか。
ただ問題は連日世の中を震え上がらせているこの記録的な猛暑。

まーなんとかなるだろう。
思わずそう考えてしまったのはここが高原 湯布院だからか・・・?
出発時はまだこうやって上着を着れるくらいの余裕があったのです。

P7230131_convert_20180724203520.jpg

しかしどんどんバイクで下界に降りていくとみるみると気温上昇。
上からの熱射と道路からの照り返しで猛烈にアッツイ!!!

バイクで走るメリットのひとつ。
吹き抜ける爽やかな風も今はただの温風を受ける罰ゲームのようなものです。

目の前に大型ショッピングモールが現れるたびに思わず立ち寄ってしまう僕たちをどうか責めないでください。
エアコンの下でまずは身体的にしっかりと涼をとる。

それだけでは足りないと判断し、
次は夏休み企画で開催されていた「ゾンビからの招待状」へも参戦!
ビビりまくりながらもなんとかミッションクリアー。
これで心もしっかりと冷えたぞ。

P7230140_convert_20180724203814.jpg

少しでも標高を上げようと向かったのは日本3大カルストのひとつと言われている「平尾台」へ。
このように白い岩が荒々しく立ち並ぶ絶景が広がる高原なのです。

これぞツーリングの醍醐味だ!
2人で大声で叫びながら疾走するのですが、
まったく気温は落ちてないっす。

P7230137_convert_20180724205724.jpg

平尾台にある公園へ。
いつもは子供連れの家族で大いに賑わっているこの場所も、
なんと3組の家族のみ・・・。

ここぞとばかり貸し切りの遊具で遊びまわる。
そして汗で溺れる・・・。
これは人が来ないのも納得の危険さですね。

働いている人も「夏休みなのに人が来ないのよ~」と困惑気味でした。
暑さが世の中の経済状況に与えるは相当のものみたいですね。

P7230145_convert_20180724204059.jpg

すっかりと体温が上がってしまったので、
平尾台にある「千仏鍾乳洞」に向かいました。

学生のころから通っているこの鍾乳洞。
好きなんですよー、ここ。

有料の観光用の鍾乳洞ってどこも完全にルートが整備されていて、
入口から出口までを一切迷うことなく丁寧に案内してくれる仕組みになってますよね。

それがこの鍾乳洞はびっくりするくらいに超放任型なのです。
まず入り口に無造作に置いてあるスリッパ。
「濡れるので靴から履き替えてください」と書かれてあるのですが、
一体どう濡れるのかは説明なし。

入場者はここで「まー一応替えておくか」くらいの軽い気持ちでスリッパを履きます。
そこから洞内に入っていくのですが序盤戦はごく普通の洞窟です。

しかし半分くらい過ぎた時点で状況は一変します。
今まで普通に歩けた通路がなくなり目の前に現れるのは流れる澄み切った川。
「・・・・えっ?ここに入るの・・・?」
皆必ずここで戸惑うのですが、そうなんです。ここに入っていくのです。

ちなみ長ズボンや長スカートの人。
また甘い気持ちで入口で靴を替えてこなかった人々の旅はここで終了となります。
どうぞお気を付けてお帰りください。

覚悟を決めた方はいよいよ入水です。
この洞内の水は痛いくらいに冷たいです。
滑らないようにどんどん進んでいくと途中には膝あたりまで深かったり、
かがまないと通れないくらいの狭い部分もあります。

痺れるくらいに痛みだした足に耐えながら進んでいくと、
そこに現れる看板。
「電気がついているのはここまでです。ここから引き返してください」
なんとこの洞窟くるっと1周回らせてくれないんです。
また同じ道を引き返すしかないのです。

しょうがないのでみな諦め顔で冷たい水に耐えながら同じルートを帰っていくんです。
しかしこの洞窟が本当に自由なのはここから・・・。
電気が消えたこの先のルート。
実は行ってもいいのです。
自分たちでライトを用意すればその奥行けるところまで行けるんですよね。

僕も初めて学生の時に来たときはこの電気が消えた場所までの通常観光で終わったのですが、
次にチャレンジしたときはライトを持っての入洞。

この先の漆黒の闇の中はしばらくは先に進めるのですが、
ある部分では完全に水に潜らないと進めない場所があり水中ライトなしでは難しいために、
挑戦を断念したのです。

今の過保護すぎる世の中に一石を投じるこの自由すぎる洞窟。
ただ今回の通常ルートのみでも十分に体は冷え切りました。
気持ちよかったねー。

P7230158_convert_20180724204514.jpg

傾く太陽の中大都会を小さなバイクは走り抜け今日のお宿は北九州のゲストハウス。
2人で1泊 3000円です。
十分に快適!いろいろとお勉強になりました。

しかし焼きすぎた肌がほてって痛い・・・。
夜は小倉の街中を2人で徘徊してそのまま10時には爆睡。
まだ明日もありますからね。

天気予報ではずーーーっと晴れマークが並んでいます。
雨になるともちろん困るのですがここまで晴れるのもどうも・・・。

明日も朝から走るぞ~!

湯布院カントリーロードユースホステル

| NEXT≫