FC2ブログ

九州最高峰へとご挨拶

P6250009_convert_20180625184516.jpg

ちょうど来週の月曜日にちょっと高めの山に登る予定となっています。
そこで今日のマンデー登山は一応九州本土最高峰の 中岳 へと挨拶代りに登る事にしました。

当然高度順応の練習も兼ねたいところなのですがなにせここの標高は1800にも届かない。
まったく順応する必要もない高さしかないのです。

外的な圧はかけられないのですが、
しかし今日はしっかりと内的な圧はかけてきましたよ~。

なにせ昨夜の日本代表戦後興奮してなかなか寝られず結局寝入ったのは3時前。
そして今日は5時に起き出しているので登山前から眠たくてしょーがない!
若干頭も痛いような気もするので高山病の疑似体験にはもってこいですね。

九重の登山基地である長者原から歩き出そう・・・。

P6250011_convert_20180625184532.jpg

そしてまずは坊がつるにある法華院温泉に到着。
2週間前にはミヤマキリシマを見るために、
連日多くの登山客が来ていたと思われるのですが、
そのピークが終わった梅雨時期の今は本当に静かです。

今日はこの法華院から中岳へと直接目指すルートを選んでみました。
ただしこのルートはもうだいぶ前から通行禁止です。

ただこういった通行禁止のルートってこの九重の中には結構あるんですよね。
それでも知っている人は自己責任の名のもと通ってしまうのです。
時々僕もお客さんに聞かれるために定期的にこの通行止めのルートもチェックを入れるのですよ。

このルートを辿るのは4回目。
かなり前に来た最初の2回は少々道が崩れている個所はあったのですが、
そこさえうまく免れれば問題なく通れるコースでした。

しかし3年ほど前に上の中岳から下り出した時、
コテンパンに道を見失ってしまい、
びっしりと通りを塞いだ密林に体中傷だらけになりながらなんとか下山したのです。

あれはただ単純に僕が目印を見失ってしまっただけが原因だったのか?
それを見極めるためにも今日は下から登り出します。

P6250015_convert_20180625184616.jpg

歩きだして気が付いたのはこの道の通行止め具合がかなり本気だという事。
他の通行止めルートはきちんとまだ目印のテープが木々に残っているのですが、
このルートは全て取られてる・・・。
ホントに通って欲しくないんでしょうね。

それでもまだかろうじて残る踏み跡を慎重に辿り登っていくと、
突如開ける目の前の視界。

山の谷筋を大きく崩れてきた土石の痕です。
こいつか・・・。
途中で一旦ルートは流されてしまったのか途切れてしまっているのですが、
ひょっとしたらどこかで本ルートに戻れるかも?
という淡い期待を込めて注意深くこのガレ場を登っていきます。

そして相当標高を上げきったところで崩落は終了。
つまり・・・、ここから先はもう道はないってことです。
結局本ルートを見つけることはできませんでした。

周りはまたもやびっしりと行く手を遮るブッシュの鉄壁の壁。
あーちくしょーまたこのパターンかっ!!
止むを得ん!今日も覚悟を決めよう。

木々の上を這うように進んでいく。
当然素肌の出た手足は勿論喉や顔も傷だらけ。
おまけに汗で葉っぱが体中にくっつく事!
ほとんど蜘蛛の巣クリーナーのようになりながらガサガサと必死に登り続け・・・、

P6250019_convert_20180625184633.jpg

ようやく中岳に到着しました!
良かった本当に良かった。

こんなにここに来るのに苦労したことないですよ。
あー疲れた。

来週はここの倍以上高い山に登るので、
無事に登頂できるように祈願しておきました。

さー帰ろうか。

P6250030_convert_20180625185202.jpg

しかし体中が汗と葉っぱと蜘蛛の巣でドロドロになっている今。
このまますんなりと帰るのは惜しいな・・・。

どうせならもういっちょ禁断のルートで帰ってみるか。
目の前の三俣山へと伸びる稜線上にモクモクと噴煙を上がる場所があります。
こここそ異質の山 硫黄山。

この周辺には一本も木々がなく、
その異世界を作り出すその姿はまさに、
この九重連山の中唯一の活火山のそれです!
当然ですが登山禁止。

よーしついでにこいつを制して帰るか。

実は以前も一度だけ三俣山の麓から登って硫黄山の山頂付近までは行ったことはあるのです。
今日はぜひ逆の星生山側からも行ってみたい。

通った事がないルートってなんでこんなに好奇心をくすぐるのでしょう・・・。
荒涼とした黄色い硫黄の大地を慎重に降りていきます。

P6250037_convert_20180625185453.jpg

近づくにつれて強烈に匂いだす硫黄臭。
とにかく黙々と上がる煙と風向きを慎重に見極めながら進みます。
きっとあれを吸ったらやばそう・・・。

この山にはもちろん山頂の標識はないので、
煙が噴き出る火口付近にできるだけ近づきそいつをを覗き込んだことでゴールとしましょう!
さーこのやっばい煙から逃げろ~。

途中も岩場のへっこんだ部分は極力避けるようにしながらなんとか降り切りました。
ふー。
ちょっと嫌な汗をかいてしまいましたが、
これで硫黄山も無事に両側から制したのでもう来る必要はないでしょう。

本日のまとめ。
① 法華院温泉から中岳までのルートは完全に廃道となっています
② 硫黄山は行っても問題なさそうですが行かない方がよさそうでした(当然ですが)

しかし憎いまでに晴れたこの2日間。
ひょっとして梅雨終わりかな?

今夜は心から熟睡できそうです。
おやすみなさいませ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

梅雨の中休み

P6240127_convert_20180624210824.jpg

時々訪れる梅雨からの開放日。
それが見事に今日の日曜日と被ったぜぇ~!!

それに対する答えは単純明快、もちろんお出かけだ!
来週期末テストが控える長女は家に残し、
我が家の4人と母とお手伝いの2人で早速ドライブへと出発。

まずはランチにいつものお気に入りの豆腐屋さんに寄ってみると、
おいおい待てよ、なんちゅー人やっ!!
この陽気につられて出てきてしまった旅人で溢れかえる駐車場を見て、
迷わず引き返す。

こんな晴れ渡る日にここで時間をかけるとこじゃないな。

そこで代わりに途中の小さなお店で唐揚げやパンなどを買い込み、
山の中の道路脇の木陰でランチタ~イム。

これはこれで、とびっきりに美味しいのです。

P6240130_convert_20180624211334.jpg

食べたら即出発。
まずは大分初めてのお手伝い達のために近くの観光名所へと寄ってみました。
ここは道の駅 原尻の滝。

幅広く流れ落ちるその雄大さから 別名 「九州のナイアガラ」
というなんとも偉大な呼び名を授けられた滝なのです。

道の駅の中にもこんなちょっとした滝が流れていました。

あっ、あっ、危な~いぃ!!!
落っこちるなよっ!!

P6240135_convert_20180624211345.jpg

こちらが本当の原尻の滝。
「九州のナイアガラ」の呼び名に地元民としては若干恥じらいもあるのですが、
それでも中々立派な滝ですよ。

大都会の横浜から来たエイミーも
「こんな上から滝が見えるなんてすごいっ!」と大喜びしていました。

P6240137_convert_20180624211456.jpg

どこもかしこも群がる人の多さに驚いた僕たちは、
ちょっと人ごみを離れて誰もいない川沿いでまったりタイム。
みんなで石を投げたり変わった石を探したりして遊んだのですが、
チビ助は途中から辛抱たまらずにパンツ一丁で入水中。

この陽気とはいえやはり山からの水は相当冷たいです・・・。
風邪ひくなよー。

35114102_2074850479193334_3201413101396164608_n_convert_20180624211317.jpg

そして本日のメイン。
「普光寺」にやってきました。

このお寺は別名が多く、アジサイ寺 や ピアノ寺 とも呼ばれているとか。
その名の通り今が旬のアジサイをみんなで今日は見にきたのです。

お寺に入るとその谷間を埋め尽くすように見事なアジサイも森が広がっていました!
しかもラッキーなことに今日はここでアジサイ祭りがあるらしく、
この真ん中に大きく掘られた岩窟にある舞台ではフルートやピアノの音楽隊が演奏をしていました。

このステージでは時々ピアノ演奏が行われるらしく、
それがピアノ寺と呼ばれる所以です。

静まり返るアジサイの谷に響く、深く優しきメロディ。

花と音楽。
2つの本物が紡ぎだす至高の空間はじっと時間を止めてくれました。
いや~、心に沁みるな~。
たまたまですが今日ここに来れたことを大いに感謝です。

P6240150_convert_20180624211514.jpg

本当はいくつかこの辺りのアジサイスポットを巡ろうかと思ったのですが、
この普光寺ですっかり満足してしまったので、
そのままいつもの別府にある田ノ浦ビーチに場所を移すことにしました。
そしてこれまた浜辺でみんなでまったりとした後、
別府に宿を取っているポーランド人のオルグを降ろし、
残りのメンバーはいつも通り寿司を食べてから帰宅。

やっぱり天気なんですよ。
晴れさえすれば、どこで、何をしても、極上の一日となるんですよね。

散々遊んだ本日ですが、
実はまだまだこれから訪れる決戦のほんの序章に過ぎないのをご存知ですか?

日本vsセネガル戦。

初戦で負けていれば恐らくもっと気楽に見れたかもしれなかったですよね。
しかしなまじ期待が一度膨らんでしまった以上、
人間欲を出さないわけにはいかないのです。

「まぁ奇跡は2度はないだろう・・・」
と言い聞かせながらも止まらない鼓動の高鳴りとワクワク感。

さぁ我ら日本国の代表団たちよ。
今宵ももう一度あの素晴らしい夢の続きを見させて下さい!
にっぽんっ!!にっぽんっ!!にっぽんっ!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

大谷渓谷ツアー 2018

P6170046_convert_20180617194428.jpg

ただただ緩やかに流れる川を水と同じスピードでのんびりと歩くだけ。
そんなピーシフルなイベントがこれだ!

「大谷渓谷ツアー」

ここはガイドブックにも載っていないまさに穴場です。
不思議でしょうがないのですが毎年このツアーに限って必ず晴れるんですよ。
ありがたいな~。

本日もこの澄みみった青空の下、
何も気負うこともなく脱力しきったユルユルメンバーが集結!

さぁーのんびりと歩いていこうか。

P6170050_convert_20180617194512.jpg

靴が濡れることに躊躇するのは最初の数分のみ。
一度濡れてしまえばあとは自由気ままに水と戯れながら歩けます。

先頭を歩くのはやんちゃな6年生軍団。
一緒にいるだけで見るからに楽しそうです。

強すぎる太陽光は頭上の木々によって優しく減灯され、
川辺に吹く風は適度に爽やか。
もう初夏を感じずにはいられないそんな素敵な空間でした。

P6170056_convert_20180617194544.jpg

このルート上には4つの天然の滑り台があるんです。
毎年ここが格好のちびっ子たちの遊び場となります。

苔むしてツルッツルになっている緑壁に立ち向かう小さなチャレンジャー達!
ある者は途中で力尽きある者は途中でびびってしまい、
無残にもドロドロになりながら下まで転げ落ちていく・・・。

その度に周りで見ているはなから登る気0の大人たちに大笑いされていました。

P6170057_convert_20180617194555.jpg

川の岩の下にいるたくさんいる生き物たちを捕まえながら進む子供達。
さすがにこれだけに人数がいるのでバケツの中はあっというまに大漁です!

メダカにカジカにオタマジャクシにカニにカエルにエビにヤゴに・・・。
長さ15cm位の超ちっちゃなヘビちゃんもいましたよ。
あんなサイズのヘビ初めてみました。

ただこのバケツの中にいる2匹のおんぶガエルを見て子供達は
「お母さんと子どもだー、可愛い~!」
と無邪気に騒いでいましたが、
それなりに人生を積んできた大人たちは
(いや、これはきっとオスとメスの邪魔してはいけない時だったのではないか?)
と心の中で呟いておりました。

P6170082_convert_20180617202016.jpg

そして恒例の写真スポットの木に腰掛け高学年みんなでイエーイ!
相変わらずいい写真撮らしてくれますな。

合計で約8kmもの距離を歩くこのツアー。
しかし途中で崖に登ったり生き物を探したりお友達とキャーキャー騒いでいるうちに、
あっという間に時は進んでいきます。

P6170088_convert_20180617202108.jpg

そして川も終盤戦に入ると所々で深みが現れ出しました。
もうこの頃には全員一度や二度は滑ってビショビショになっているので、
テンションマックス状態ですです。

自ら進んでどんどん川に中へと入っていきます。
「今日は川歩きのツアーだよ!」
と散々説明したにもかかわらず、
一人だけシュノーケリングセットを持ってきている強者がおり、
彼だけは実に楽しそうに潜りまくっておりました。

P6170094_convert_20180617202145.jpg

そしていよいよゴール間近。
水との別れが名残惜しい子供達は最後の気力を振り絞って遊びます。

ただこの時には彼らのちっちゃな身体は芯まで冷え切っています。
そんな彼らの救いがゴールにある秘湯!
(と言っても自然にわいてるわけではなくキャンプ場の温泉施設)

ここで最後に冷えた身体をしっかりと温めてこれで今回の大谷渓谷ツアー無事に終了!
やっぱりこのツアー天気がとっても重要ですね。
晴れていればこれほど心地よい散歩はないです。

また来年も晴れてくれたらいいな!
参加してくれた皆様 ありがとうございました~!

湯布院カントリーロードユースホステル  

国東最高峰 両子山へ

P6110025_convert_20180613150923.jpg

6月だ!
梅雨だし連休もないのでお客さんも少ない!
そんな時は仕事しよー!

という訳で毎年恒例の全床塗り直しを決行中。
ただし今年は一回にやるのではなく数日に分けて行うことにしました。

床は塗ってしまうと後は乾くのを待つのみです。
その待ち時間を利用して奥さんは悠然と上京を開始。
2泊3日で東京へと行ってしまいました。

残った僕とチビたちは食って飲んでと好き放題に振る舞う。

P6130027_convert_20180613150716.jpg

そして今日は朝から国東半島の最高峰 両子山 (ふたごやま)へと行って来ました。
なにせ梅雨の間のこの晴天ですからね!
じっとなんてしていられない。

実は国東の山々はまだ有名どころ以外はほとんどノータッチなのです。
なぜならここまでめっちゃ遠いんです。
この日も家からここまで1時間40分。
往復で3時間以上を使うとなるとやっぱり躊躇しちゃいますよね。

さてこの山の入り口はここ両子寺です。
ここはどうも修験の地であるこの国東の中心地みたいですね。

しかしここから山に登るためには300円の拝観料を支払わなければいけません。
なぜ山に登るのに参拝料がいるのか?
納得いかんですがまぁ止むを得んでしょう・・・。

P6130028_convert_20180613150746.jpg

登り出すと早速それらしい場所がでてきましたよ。
「針の耳」

実は九州の山に登ってると結構この名前が出てくるんですよね。
狭いルートを総称してそう呼んでるのかな?
この言葉って山の専門用語なんでしょうかね。
調べても全然分かりませんでした。
誰かこの意味と由来と使用範囲などご存知の方おられましたらおしえてくださーい。

今回の両子山 標高は720mとそれほど高くはないのですが、
途中のルート設定はまったく手加減なしです。
とにかく急なのです。

ガンガンと一気に標高をあげるあげる!
こういうルートは僕の大好物なのですがこれは一般登山者には少し酷ですね。

仏様。
なにかというと「修行」という言葉を使えば何をしてもいいと思ってませんか?
このルートはかなり作りが雑ですよ・・・。
「人に優しく」
この貴き精神で登山者の気持ちに立った道作りをお願いいたします。

P6130037_convert_20180613150759.jpg

そして急坂の先には一気に視界が開けた山頂が待っていました!
頑張った甲斐あってここからは国東が全て見渡せます。
気持ちいーなー、さすがは最高峰!

それにしてもいいお天気ですねー。
もう誰かこのまま勢いで梅雨明け宣言しちゃってくれません?

ちなみに帰りは別の車道を下っていくルートがあるのですが、
こちらも恐るべき角度で作られており、
膝へのダメージは致命傷になりかねないレベルでした。

この全ての無駄をそぎ落とした直登直下ルートのおかげで、
結局この登山に費やした時間は僅か45分後。
こんなんじゃー全く物足りねぇ~!

P6130040_convert_20180613150822.jpg

という訳でもう一本いっときました。
次は最近その写真の風景が気になる!
ということで密かに人気急上昇中の国東の穴場スポット

「大不動岩屋」 です。

岩壁の中腹に掘られた広い岩窟内には祠があり、
その内部から眺めると国東特有の突き出た奇岩がそびえる、
絶好のインスタ写真が撮れる場所なのです。

駐車場もないので道路沿いに止めた後は歩いて30分くらいで着きます。
ただし限りなく見落とすしかない位の大きさの看板しか立っていないので、
目を皿のようにしながら運転してきてください。

P6130043_convert_20180613150836.jpg

その後温泉で汚れた身体と心をさっぱりと洗い流し、
ボリューム最大のバックミュージックに揺られながら車のハンドルを向けたのは、
大分空港。

2泊3日のシティライフを満喫してきた奥さんを拾うためです。
なんと10分以上も予定時間よりも早く着くというお利口な飛行機のおかげで
全く待ち時間なく合流できました。

行きも送って帰りも拾いに来る。
この優秀なアッシー旦那に突然切りかかってきた彼女の刃は
「ゴメン!おみやげ買う時間なかった!」という非常な一振りでした・・・。

てめぇ~!
おみやげ買うためにいってきたんじゃないのか??

どうも違ったらしいです・・・。

そうしてまた帰ってきたいつもの日々。
でも来週は僕が上京する番なのですよねー。
ずっと会議で行くだけなのですが。

天気予報ではしばらくは晴れマークがチラホラと踊っています。
それだけでもうワクワクしますね。
この梅雨の中休み、しっかりと心のやる気を干しておきましょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  

野イチゴジャムツアー 2018

P6100002_convert_20180610163706.jpg

季節は梅雨のど真ん中。
そして数日前から「降りますよ」ととても丁寧な予報までしてくれています。

そんな状況を一体だれが責められるというのでしょうか?
まぁ雨は仕方がない・・・。それでも。
それでもやっぱり野イチゴのジャムを食べてみたいのだ!
という参加者19名が九州中(1名関東から)から集結です。

この天気予報の中参加予定者もれなく全員参加ってすごくないですか??

そして最近の天はこんな情熱にとっても優しい。
今日もまた、神の気まぐれはこのイチゴ摘みの時間だけ蛇口を閉めてくれるのです。
降りそうで降らない雨。
本当にいつもいつもありがとうございまーす。

ただ森の中の枝葉はびっしょりだ!
みんなカッパを装備して、さーいざ突入するぜ~!

P6100006_convert_20180610163719.jpg

しかし最初の狩場でいきなり大問題が発生!
いつもたくさんの赤い木いちごのお恵みをくれる森が・・・、
なんと木材置場に変わり果てていた・・・。

大量の材が置かれ去年までたわわに実っていた木いちご達は全滅です。
や、やられた・・・。

それならば!
第2の狩場に向かうしかない。

第2ポイントは野イチゴの森。
いつもはたくさんのまんまるで真っ赤な野イチゴが乱れているのですが、
今年はここも収穫少な目。

ヤバいぞ・・・。
この空腹でやや殺気立っている19の胃袋どうする・・・?!

P6100009_convert_20180610163733.jpg

しかしご安心あれ!
今年発見した第3の狩場。
通称黄色の森が素晴らしいことになってました!
まさに森中木イチゴだらけの大豊作です。

みんな大歓声を上げながら森の中へと入っていきます。
興奮しすぎて少々トゲで手を切ろうとおかまいなし!

摘んで摘んで摘んで食べて摘んで食べて。
どんどんと膨らんでいく収穫の袋。
存分に自然のお恵みを頂く喜びを味わってもらえたと思います。

今日は最初からここに来るだけで良かったですね・・・。

P6100011_convert_20180610163848.jpg

さっそく大量のお恵みをいつものランチの東屋に持ち込み、
ここからはみんなでイチゴの選別を行います。

木いちごと野イチゴ。
汚れてないか?虫はいないか?

そしてそれらのじっくりと吟味された選ばれしイチゴちゃんだけが・・・、

P6100018_convert_20180610163750.jpg

こうやってジャムになる事を許されるのです。
クツクツと煮立てていくとそこらじゅうに広がる甘い香り。
お腹の虫も絶好調にシャウトしていますよ!

ここでひたすらユースホステルで一人で準備していた奥さんが登場。
車にはこれまた美味しそうなランチの具材を詰め込んで!

P6100021_convert_20180610163803.jpg


お待たせいたしました!
いよいよ本日のランチタイムのスタートです。

今日のメニューは

奥さんの手作り 食パン
           丸パン
           チョコパン
           スコーン

           ポテサラとグリーンサラダ
           人参のポタージュ
           パンナコッタ
           ジューンべりーの実

           木いちごのジャム
           野イチゴのジャム

           珈琲
           紅茶

となります。
ジャムに関してはパンにどれだけ山盛りに乗せてもなくならないので、
みんな更にパンナコッタに乗せたり紅茶や珈琲に入れたりして、
最後まで味わい尽くしていました。
自分たちで獲って作ったジャムは別格の美味しさですよね。

これだけの雨予報の中わざわざ集まって来てくれた皆様には大感謝です。
その食い意地が雨をしのぎ切ったと言えるでしょう!

また新たな第3の狩場を見つけれた今年。
来年もまたたくさんのお恵みが頂けるようにこの大自然に大いなるお礼の意をこめて、

「今日はどうもおご馳走様でした~」

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫