これが平治岳の実力じゃあ~

P5280101_convert_20180528152508.jpg

絶好の山日和だった晴れ晴れの先週金曜日。
ちょっと決断が遅れて土曜日に由布岳に登ると・・・雨。

しかし再び目を見張るように晴れ渡った日曜日!
気分ノリノリで出発した本日月曜のお天気は・・・雨。

なんなんだよ、こんちきしょー!
なぜ山に行く日になると崩れるの??
しかし行くと決めたからには行く。
本日のマンデー登山は、ついに満を持しての平治岳へと向かいます。

恐らく昨日は入る事すらも困難を極めたであろうと想像できる駐車場も、
なんと止まってた車4台のみ・・・。

月曜だからか、雨だからか、まだ6時過ぎだからか。
しかし登山客が少なくて困ることは何一つないのでルンルンと出発です。

P5280104_convert_20180528152534.jpg

九州の屋根とも呼ばれ揺るぎなき人気を誇るこの九重連山。
一番人気はやはり 「久住山」 続いて 「中岳」 や 「大船山」と続くのですが、
今のこの季節だけはダントツに人が集まるのがこの 「平治岳」です。
これで「ひいじだけ」と読みます。

標高も1700mに届かず通年を通してあまり登山者もいないこの山がこの時期にだけ、
とてつもないスポットライトを浴びるその理由はっ!

そうなんです。
ここがミヤマキリシマの大群生地を持っているからなんです。
しかも旨い具合に登山基地がある長者原の方向の斜面には全く咲いていない。

みて下さいよ。
この写真だけ見るとただのそこらにある山ですよね。
それが少し先に進むと・・・。

P5280105_convert_20180528152548.jpg

おやおや。
なにかピンク色の物が見えてきましたね。
そして更に先に進むと・・・。

P5280107_convert_20180528152600.jpg

おー!
大分染まってきましたよ。
この角度になってようやく現れ出すピンクの実体。
つまりこの山のミヤマキリシマを見るためには実際に登るしかないということなんです。

さーここからは森林地帯を登っていきます。
そしてグイグイと標高をあげて最後に辿り着く開けた場所こそ平治岳の入り口です。

P5280110_convert_20180528152620.jpg

見よ!
このピンク色の輝きをっ!
まさに満開です!

確かに天気は悪いですが、そこはさすがはミヤマキリシマ。
雨でもその薄紅色が色あせること無し!

ここからはお腹いっぱいになるまで花華ハナをご覧ください。

P5280117_convert_20180528152659.jpg

山頂へと続くピンクの入り口からスタート~。

P5280126_convert_20180528152719.jpg

上から見下ろすとびっしりとミヤマキリシマだらけ~。

P5280129_convert_20180528152742.jpg

山の斜面も鮮やかにピンク色に~。

P5280137_convert_20180528152800.jpg

お花畑の迷路みたいになってます~。

P5280146_convert_20180528152837.jpg

生憎僕のもっているカメラではこんな画質が精いっぱい。
晴れていればもうちょっと鮮やかになるかもなんですけどね~。

今日はこの時間帯は平治岳を独り占めでした。
こんなことはあってはならない!

確かに雨です。
でもこの景色が見れるのって2週間くらいですよ!
その貴重な14分の1の今日!

皆さんもっと気合い入れてこの華化粧を見に来てあげてくださいよ!
平治岳が一年で唯一主役になれる時なんですから。

P5280141_convert_20180528152821.jpg

一応山頂の写真も1枚。

頂上付近はあまり株がないのでこの季節は正直来なくてもいいです。

P5280149_convert_20180528152859.jpg

存分にミヤマキリシマと戯れ、
帰ろうと下り出すと雲海の向こうに我が由布岳が浮かんでいました。
こっちから見えるってことは由布岳の山頂からも平治岳が見えるのかな?

今年も見事な花の絨毯を見る事ができました。
年によっては虫に食べられてあまり花が咲かない年もあるのですが、
今年のはお見事ですよ。

しかしなんと大分に移住して11年。
今だ奥さんはここに登ったことがないそうです。

大分県民としてそれはいかんな。
こりゃーもう一回来なければいけないかな?
今度はやっぱり晴れてる時がいいな・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

野イチゴ摘み ふたたび

P5270070_convert_20180527191155.jpg

天気予報が・・・、ずれ込んだ!
曇り雨のはずの日曜日。
朝からカラッと晴れ渡ったぞー。

これには土曜宿泊で山登りに来ていたお客様も大興奮!
早朝から続々と旅立っていきそれに合わせて館内掃除もサクサクと終わらせ、
さぁまるまる午後から空いた。

しか~し
「部活の疲れをゆっくりと家でとりたい」
「もう友達と約束してる」
と遊ぶ気満々の父親にあわせる気100% ゼロ の長女と長男。

どんなに手塩にかけて育てても・・・、
子供っていうのは結局はこうなっていってしまうんですね。
父は寂しいっす!!

ただ「行こっか?」
と聞くと必ず「行くっ!!」
と即答で答えてくれる我が愛すべき末娘の存在が僕にはあるのです。

じゃあ今日は3人でお出かけ決定だ!
先週全く見つけられなかった野イチゴ摘みへのリベンジに向かうことになりました。

P5270068_convert_20180527191141.jpg

来月開催予定の「野イチゴジャムツアー」の参加者がとんでもなく多そうなので、
今年の野イチゴの出来具合の確認と予備のジャムの作製をしておきたかったのです。

ただ昨年は豊作だった野イチゴが・・・。
今年はやっぱり実っていない!
気候が悪かったのかなにか自然の影響なのか・・・?
とにかく森中歩いても中々赤い宝石は見つからないのです。

こりゃ来月のツアーやっべーな・・・。
と思っていたその時っ!!

ふと入り込んだある茂みに凛凛と輝く黄色い果実。
これは!木イチゴだぁ~!!

さらにその奥に潜り込むとあるわあるわ!
まさにここは木イチゴの森!
捨てる神あれば拾う神あり。

不作の野イチゴの代わりとばかりに新たに木イチゴが名乗りを上げてくれたのです。

P5270078_convert_20180527191217.jpg

そして30分ほど獲りまくって沢山のお恵みを頂くことができました。
この大量になっている木イチゴの量をみると来月のツアーも大丈夫でしょう。
そんな安心感の中これらのイチゴ達はほとんどが末っ子のお腹へと消えていきました。

それにしても新たな狩場を見つけたことは本当にラッキーでした。
この自然からのお恵みの収穫は一切特別なスキルは必要としません。
誰でも獲ることができます。
一番重要なのは「その場所を知ってるかどうか?」と言うことなんです。

またひとつ僕の秘密の狩場が増えて嬉しい限りです。
来月のツアーに申し込んでいる皆さん、どうかご安心ください。

P5270081_convert_20180527191240.jpg

手も足もすっかりと傷だらけになってしまった僕たちは、
九重連山のベースキャンプでもある長者原のカフェでちょっと一休み。

しかしさすがはミヤマキリシマ最盛期の日曜日です。
駐車場は超満車!
そこらじゅうがカラフルな登山服に着飾ったクライマーでごった返していました。
お、落ち着けない・・・。

P5270094_convert_20180527191258.jpg

そんな人ごみとは速攻でお別れして近くの青少年自然の家にあるアスレチックに移動。
ここは無料で広いアスレチック場が使える穴場なのです。
そしてなにより人が少なく静か!

いつもは邪魔してくる兄貴がいないので、
本日は一人好きなように自由を謳歌する妹。

P5270097_convert_20180527191311.jpg

彼女が夢中でアスレチックコースと闘っている間、
決して僕たちもボーっとしていたわけではありません。
コース脇にそっと顔を出していたわらびを見つけてはせっせと取り続けておりました。
おかげでこんなにいっぱい採れましたぜー。

これで帰ってからはジャム作りとわらび煮と忙しい夜になるな・・・。
海から頂くお恵みもありがたいのですが、
山から頂くものも季節感があって嬉しいですよね。

P5270099_convert_20180527191323.jpg

最後は玖珠市の山の中にある「ベリージュファーム」でパフェをいただきまーす。
ブルーベリーとピザが売りらしいこのカフェ。
周りの環境も素晴らしいし、穴場具合も良いし、
なによりパフェのレベルはかなり高し!です。旨かった。

いつも思うのですがこの大分県。
ちょっと走ればどこにでも素晴らしい観光名所やカフェが点在しています。
中々長期のお休みを取れない僕達ですが例え半休だけでも十分に満足させてくれる。
本当にありがたいことです。

聞くところによるとどうも九州南部が梅雨入りしたとか・・・。
これから一時こんな晴れ日はどんどん減っていくんでしょう。
みなさん大切に大切に使っていきましょーね!

湯布院カントリーロードユースホステル  

ミヤマキリシマと由布岳

P5260165_convert_20180526154222.jpg

心までも吸い込まれるくらいに晴れ渡った昨日の金曜日。
いつも通り昼に走りに出たと思っていた奥さんが、
やたら時間をかけてすっきり爽快な顔で帰ってきた。

「実は由布岳に登ってきちゃったんだ~」

てめぇ~!なに一人で抜け駆けしているんだ?!
下から見ると鮮やかなピンク色に頬染める由布岳。
僕も登りたいと思っていたんですよ!

悔しいので僕は土曜日の今日。
掃除終了と同時に山に向かったのですが・・・、
これがめっちゃ雨です・・・。

しかも昨日登ったくせに「私も行く!」とおまけもついてくる始末。
よーし、アメニモマケズ カゼニモマケズ ミヤマキリシマヲ ミニイコウ。

P5260177_convert_20180526154243.jpg

さぁーきましたよ。
大体7合目くらいを過ぎたあたりから現れるミヤマキリシマの群生。
九州にしか咲かないツツジ ミヤマキリシマ。
小さなピンクの花がびっしりと株に咲くのが特徴です。
美しいですねぇ。
まさに今が満開です!

P5260183_convert_20180526160209.jpg

さすがに大分県が誇る ミヤマキリシマの聖地 平治岳 のように
山全体がピンクの絨毯とはいかないですが、
それでもやはりそんなに花好きでもない僕でもこの風景には心洗われます。

P5260232_convert_20180526160148.jpg

ピンクが賑やかに出迎えてくれる花のトンネルを進む。
しかし山頂に近づくにつれ天気はどんどん崩れていき、
轟轟と音を立てて吹き荒れる突風!
山登りには決して向かないお天気だった今日ですが、
それでもこの花目当ての登山客で溢れていました。

100人以上は登ってましたよ。

P5260188_convert_20180526160029.jpg

見上げると広がるミヤマキリシマと山頂。
途中何組かのじーちゃんばーちゃんの大グループが道を占拠していて、
これを抜き去るのには一苦労でしたね。
駐車場に停まっていた大型観光バスで来たのでしょう。

由布岳ですらこの有様なので、
九重連山あたりは一体どうなってしまっているのか考えるだけで恐ろしいっす・・・。

P5260224_convert_20180526160007.jpg

東の山頂付近から見下ろす山々。
この辺が一番綺麗に見えますよ。

ただし本日は吹き荒れる突風から身体が飛ばされないように守るだけで精一杯でした。
風強かったな~。

P5260239_convert_20180526160049.jpg

そして全身ずぶ濡れになりながら今日も無事に下山。
お天気は悪かったですが今年も年に一度のミヤマキリシマに再会で来てホッとしました。

大体例年の開花予想時期は6月の初旬と言われているミヤマキリシマ。
由布岳鶴見岳は今がピークです!

さらには九重連山に行かれた人の話だとそこもほぼほぼ満開に近いらしい。
今年はいつもよりも10日程早そうです。

例年通り6月頭にお休みを取って~、
なんて悠長なことをしていたら枯れた株目しか見れないかもしれないですよ。
聞くところによると今年の平治岳はまた素晴らしいようで・・・。

皆さん急いで今すぐ山の準備して旅立って下さい!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

あまりにも天気の良い月曜日

P5210140_convert_20180521150135.jpg

風は強いのですが、
それすらも涼風だと感じさせるほどの強い日差し。
そして紺碧に晴れた空。

午前休の月曜日。
いてもたってもいられずに奥さんと朝からお出かけと決定しました。
6月に開催予定の「野イチゴジャムツアー」の参加希望者がかなり増えてきたために、
今日はちょっと先に少し摘んでジャムの予備を作ろうということになりました。

そして気合い満々の恰好で向かった森の中には・・・。
イチゴの影も形もあらず・・・。
さすがに早すぎたか。

残念!
しょうがないので急遽ドライブに変更です。

P5210142_convert_20180521150209.jpg

今日は大分の玖珠市と日田市の間にある 山浦地区へと向かってみました。
マイナーすぎて在住10年を超す僕も初めての来訪です。

昔話に出てきそうなのどかな山村の細道を奥に奥にと登っていくと看板が見えたっ!

しかしそこにはまさかの「車は行けない」の無情の通告が。
車で行けないってここに来るのに車以外にどうやって来いというのだ。
恐ろしいことに駐車場も一切ない。

結局この看板だけを見て引き返さざるをえませんでした。
観光させる気 0だな、ここは。
なかなか強気だな~。

P5210144_convert_20180521150317.jpg

しょうがないので地図に載っていたさらにマイナーっぽい
「山浦川ふれあい広場」ってとこにも行ってみたのですが、
ここは観光させないどころかもうほとんど廃墟と化していました。

それでもキレイな川沿いにあるので夏に来たら穴場っぽく遊べて良さそうですよ。

P5210146_convert_20180521150247.jpg

その山浦川の下流には有名な 「慈恩の滝」が今日も豪快に流れ落ちておりました。
ここは列車 由布院の森号が通る時わざと速度を落として写真撮影タイムを取ってくれる場所。
去年の九州北部豪雨によって流されてしまった福岡-大分間の鉄橋のために、
もう1年以上も特急はこの場所を通れていないのですが、その鉄橋も間もなく完成!
この夏には再び全線開通となるそうです!

またこの滝を見ながら歓声が上がる車窓を思い浮かべると、
ただただ嬉しい限りですね。

P5210153_convert_20180521150302.jpg

そのまま車は日田の街へと走り、
智美は4度目の挑戦にてついに!ついに!
カフェ 琴音庵へと来ることができました。

過去3回はいずれも閉店や売り切れと実にタイミングが悪かったのですが、
念願かなってやっと店内へと足を踏み入れます。
(ちなみに僕は過去7回挑戦して3回食べれた)

この店に来たら注文するものはただ一つ。
かき氷です。
ここのかき氷本気で美味いです。
もはや完璧なるスィーツの域にまで昇華させられた一品!

全6種類の中で今日までで5種類を食べました。
今日僕が頼んだのは「きな粉と和三盆のかき氷」
まさに和の極み!

じんわりと暑い日田で身体の芯までその食感と甘味を堪能しましたよ。
奥さんも1番人気の「レアチーズかき氷」に大感激。

またこれで今週もガンガン頑張れそうです。
挫けそうになったら・・・、
また来ような。

湯布院カントリーロードユースホステル  

湯平温泉祭り 2018

P5200094_convert_20180520185831.jpg

大分の隠れ家的な大人の温泉地 湯平温泉。
山奥の川沿いにひっそりと佇む石畳の素敵な場所です。

普段は静かなこの温泉地が年に一度大いににぎわう日。
それが本日 湯平温泉祭り の日なのです!

朝から晩まで様々な催しが行われるのですが、
僕達は11時30分からの「子供すもう大会」から参加です!

湯布院周辺の子供達が集まり腕自慢を競う場なのですが、
毎年出場の息子に加えて今年からは末娘もついに参戦!

いつもは端の方で密かに観戦している僕ですが、
今年は地区長という役職があるためチームの横に堂々と座って特等席で見れました。

P5200096_convert_20180520185817.jpg

まず行われた団体戦。
初戦を5戦全敗で終えた我がへっぽこチームですが、
組み合わせの妙のおかげで2戦目がなんと3位決定戦に。

先鋒という大切な役割を任せられた末娘ですが、
人と争うということをしたことがないので、
まったく勝負にならずこの日は3戦全敗でした。

いいんだよ、勝てなくても。
女の子は愛嬌があればいいんだから。

しかしこの3位決定戦が意外にも他の低中学年が踏ん張り勝負は2勝2敗で大将戦に!
ここでついに大将 ゐなせが登場!

お前、ここは見せ場だぞ。
ひょろひょろの息子は走る系は得意なのですが、
相撲などの力系はかなり苦手で、毎年いい所を見せらずに散っておりました・・・。

そんな6年生の彼に巡ってきた最後の大チャンス!
この大一番に相手に押されようと引かれようと粘りに粘り、
そしてついに奇跡の逆転勝利を飾る!

これには燃えましたね。
我がチームは見事 第3位という栄誉を手にすることができました!

ちなみに個人戦は息子も娘も瞬殺の一回戦敗退でしたので、
ご報告することは何一つないです・・・。

32936115_2029686107043105_3037411321386631168_n_convert_20180520185737.jpg

続いての出場は僕の 地獄の駕籠かきレースです。
この湯平名物でもある急な上り坂を駕籠に人を載せて駆け上がり、
そのタイムを競うという超過酷なレースです。

しかしもう3連覇を果たしている我がチーム。
今年も楽勝だろうと楽観していたらなんとルールが変わっていた!

今年からはステージでのパフォーマンスも得点に入るというのです。
そんなわけで急遽作り上げた 「にゃんこスター」ネタでの勝負。
しかししゃべりまくる男の子役の僕がその話を聞いたのが2日前。
そして実際に走る他の男性陣が踊りを習ったのが2時間前。

はたしてこのインスタントショーがどうでるのか・・・?
なんとか踊り終えはしたのですが、結果はこの後のレースと合わせての最終発表となります。

32948272_2029686060376443_3097656492640174080_n_convert_20180520185758.jpg

パフォーマンスでは後れをとったものの、
本業の駆け上がりではまだまだ負けないぜ!

6人一組で駕籠を持って走るというのが基本ルールですが、
結局5人しか集まらなかったにもかかわらず我がチームは今年もレース部門では堂々の1位!

しかしあまり大きな声では言えないのですが・・・。
一応参加チームは計3チームだということは伝えておかないといかないでしょう。

そしてパフォーマンスとレースの結果を踏まえた最終結果の発表です。
ドキドキする中読み上げられる順位。

「第3位は・・・、湯布院チャレンジクラブです(うちのちーむ)」
がーーーん。
さっそく知らされる最下位のアナウンス。

そうかー。
レースで一位だったのにダメだったんだな~。
と思っていたのですが最後の最後にこの得点の内訳を聞いてびっくり!

パフォーマンス部門の得点  25点満点。
レース部門の得点        3点満点。

3点・・・。
なんですか?この差は??
しかもレース部門は 1位は 3P 2位は 2P 3位は 1P 自動的に入るそうです。

これもはやタイトルの「地獄の駕籠かきレース」っていらないじゃないですか!
「地獄の仮装大会」に変更してくださーい。

もはや体力だけでは生き抜けない時代が来てしまったのですね。
来年からは全く別のジャンルからの助っ人を呼ぶしかないようです。

P5200137_convert_20180520185918.jpg

そして最後は由布院の誇る 「源流太鼓グループ」による太鼓演奏です。

この会場はとても小さいのですが見学席からステージがとても近いので、
目の前でど迫力の太鼓演奏が見る事ができます。

それにしても息子達の子供グループの
「今年日本一になった!」
という肩書はとても司会者助けのフレーズらしく、
演奏前には何度も何度も連呼されておりました。

子供達2チームと大人チームの演奏を心ゆくまで堪能し、
これで僕たちの今年の温泉祭りは終了です。

谷間に吹き込む風にすっかりと身体の芯から冷やされてしまいました。
本当はもうちょっと長居して夜の提灯が点灯する幻想的な温泉街を見ていきたかったのですが、
また来年ですね。

今年も一日中熱く盛り上がった温泉祭り。
会場を準備してくれた皆様と温泉に感謝感謝です!
ありがとうございました~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫