そして・・・、ついにこの時来たる!

P2221403_convert_20180222154528.jpg

田中 陽希さんに出会うプロジェクト 2日目
昨日見事に読みを間違え、ただの一人登山となってしまった鶴見岳の入り口に今日も立つ!
写真は昨日の使いまわしじゃないですよ。

今朝のツィッターで確かに朝8時に鶴見岳に向かって歩き出したのを確認しているので、
今日こそは間違いないはずだ!

鶴見の入り口はそれこそ車で一杯か??
と予想していたのですが1台も車停まってませんでした。

おいおい。
世の中のクライマーたちよ。
神に出会えるチャンスなんてそうそうないぜ?

ここは僕の様に途中で仕事放棄してでも来なきゃいかんでしょ!

P2221408_convert_20180222154549.jpg

いつ目の前に現れるか分からないシチュエーションにひたすら胸がときめき、
登っている間中最初にかけるセリフを考え続ける。

そうするとなんて時が経つのは早い事かっ!
あっという間に稜線へと来てしまいました。

あれっ??
僕の予想ではもうこのくらいには降りてくるはずなのですが・・・。
そして2年前に目の前で言えなかった

「頑張って下さい!」
の一言を告げたいだけなのですが・・・。

しかし空は昨日の曇り空と一変し青空。
しかも冷えた外気温は霧氷の美しい風景を用意してくれています。
さらに太陽に当たった霧氷が溶けて落ちていく音が静寂の山に響くまさに冬の大音楽会です。

最高のステージはいま整った。
準備は万端です!
あとは主役が登場するのみ!
しかし登れど登れど誰も現れず、
結局昨日と同じく山頂まで来てしまったじゃないですか。
どうなってるんだ?

すると・・・、

P2221411_convert_20180222154601.jpg

い、いた~!!!!
山頂にいたあの姿、形は間違いなく あの 田中 陽希さんだ!
しかし一人じゃないな。
周りにはたくさんのTVスタッフもいるぞ・・・。

そうなんです。
どうやら山頂までロープウェイで来れるこの鶴見岳を撮影のメインスポットとしているらしく、
陽希さんは忙しそうにカメラに向かって話しかけたりポースをとったりしていました。

言いたい・・・。
一言 「頑張って下さい!」
と言いたい。

しかし現場の雰囲気がそれを許さなかった。
僅か10m位の距離ですが実質は10光年位遠かったのです・・・。
何も知らずに物珍しそうに近づいて行く中国人観光客が羨ましい・・・。

結局遠くから眺める以外何もできずにそのまま無念の下山開始。
まぁしょうがないな。

恐らく分単位の時間勝負で登っているはず。
僅かとはいえその邪魔をするなんて言語道断だ。
そして一気に駆け降り再び車に帰るとユースホステルから走ってきた奥さんが待っていました。

「どう??会えた??」
「まー会えたというか、見たというか、なんというか・・・」

その場のいきさつを説明しどうしても声を掛けられなかった事を告げると、
「じゃあもう一回行ってみようよ」
と言い出す智美。

いやいや、そりゃそうしたいけど・・・。
でも迷惑になると困るし・・・。
と思いながらも再び山に向かって二人で歩きだす。

しばらく登っていくと数人のグループが駆け降りてきた!
あ、あれは!!
先頭を走っているのは間違いなく 陽希さんだ!!

立ち止まって躊躇する僕を尻目に、
何も考えてない奥さんはまっすぐに神に向かっていき、
「こんにちは!すみません、ハイタッチしてもいいですか?」
ってお前自由過ぎるやろっ!!

しかしこの彼女の無茶な対応にも陽希さんはすぐに笑顔で立ち止まり、
さらにきちんと手袋まで取ってハイタッチしてくれた。

今しかない!!
僕も急いで隣に行きついに言った!

「どうか頑張ってください!」
そして握手までしてもらえた!!!
か、感動だっ!!!!

この嬉しすぎる状況。
しかし陽希さんはさらにそこからいろいろと話までしてくれたのです。
「どちらからですか?」
「お二人にとってこの山はどんな存在ですか?」

もうパニクッていたのでなんて答えたのかすら覚えていないのですが、
数分間お話した後彼はまた大勢のクルーたちと共に笑顔で去っていきました。

もう日本中の有名人、山岳会のスーパースターのはずなのにそんな素振りはまったくなく、
あくまで謙虚で優しい青年でした。
本当に素晴らしい人でした。

ますます彼のフアンになってしまいました。
どうか無事に300名山歩き切れるように心から願っています。
そして無邪気に彼に話しかけてくれた奥さんにもほんとにありがとう。

鶴見・由布というまるで自分の家の様に愛する山に神が来てくれるということで、
ひたすら心がざわついていたこの2日間。
ずっと言いたかった一言もかけられたのでやっとこれで心置きなくゆっくりと寝れそうです。
いい一日でした・・・。

皆さんもまだまだ続く田中 陽希さん偉大な挑戦の応援を、
どうかよろしくお願いします!

300名山一筆書き

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

憧れのあの人 来ず・・・

P2211390_convert_20180221152651.jpg

僕の最も尊敬する人の一人。
田中 陽希さん。

そうです。
あの「100名山一筆書き」で一躍時の人となったあの方です。
知らない人なんているはずもないと思うのですがあえて説明させてもらうと、
日本の100名山を人力のみ(陸は歩く・海はカヤックで漕ぐ)で恐らく人類初制覇した偉人です。

その後「200名山一筆書き」まで達成されもう神の領域に達しようかという勢いでした。
僕も200名山である由布岳に来られるという情報を聞きつけた時には、
興奮のあまりいてもたってもいられずに山の出口で待ち続け、
はるか遠くから「頑張ってください~!」と声をかけたことをはっきりと覚えています。
(恐れ多くてそれ以上は近づけなかった)

そしてなんと2018年から再びこの神が新たな挑戦を始めたらしいという情報を聞きつけたのです。
それは「300名山一筆書き」

ついにここまできましたか。
日本の300名山を全て歩き切るという途方もない計画。
予定では1年半の期間を予定しているようです。

ただし前回までは陽希さんの居場所をリアルタイムでネットで確認できるようになっていたのですが、
きっと現場にたくさんの追っかけフアンが集まり大変だったのでしょう・・・。

今回はネットでは明確な居場所を知らせない!という方法に出たのです。
それでも陽希さんが時々つぶやくツィッターにてある程度の情報は分かります。

そして昨日ついに大分県に入った!という確かな筋の情報をゲット!
さっそく逆算してみると大分市から次目指すのは恐らく「鶴見岳」「由布岳」のはず。
これは必ず2つセットで登るはずなので陽希さんの足なら今日中に縦走終えるはずだ!

そう確信した僕は・・・。
掃除を終えた後・・・。
すかさず鶴見岳の西登山口に立つ。

ここから逆ルートで登っていけば中央登山口から登ってくる彼と、
どこかで会えるはずだと信じて・・・。

P2211397_convert_20180221152717.jpg

奇しくも2日前にも全く同じ鶴見岳に登ったばかりなのですが、
本日の登山はいつもと当然違うのです。

僕にとって鶴見・由布エリアはガチガチのホーム。
そこに神が来てくれるのです!
当然丁寧に挨拶しないといけないでしょう。

前回できなかった目の前での挨拶をなんとしても実践するために、
矢の様なスピードで山頂を目指します。
雪が深い場所はしっかりとラッセルで踏み固めて通りやすくしてと。

P2211393_convert_20180221152703.jpg

ドキドキしながら登っていった僕ですが、
しかし結局誰にもすれ違うことなく山頂に到着。
ひょっとして僕の様に彼の登山を予想して多くの人がいるかも・・・?
なんて思っていたのですがそんなフアンすら一人もいない。

早く着すぎたか・・・?
と思っていたその時。
下界で陽希さんの動向をネットで追ってくれていた奥さんから電話あり!
「陽希さん、今まだ大分駅にいるみたいよ」

なに~!!
そんなバカなっ!!
昨日大分市には入っていたはずなのに・・・。

神がそんなに遅いわけない。
なるほど。
これはきっと追っかけフアンを惑わすため行ってる一人時間差トリックだな。
本当は大分駅なんてとっくに終わって今頃山頂に向かってきているはず。
そうでないと今日中に由布岳までの縦走は難しい。
俺は、騙されないぞ!

そう信じて山頂で待つこと30分。
次々と現れるのはロープウェイで上がってきた煌びやかな服装の中国人観光客だけ・・・。
ガーン。

もう一度奥さんに確認してもらうと今別府湾沿いを歩いてるらしい。
まだ別府にも届いてないのね・・・。

今日は別府までの移動日だったようです。
すっかりと読み間違えました。
結局諦めて仕事があるのでそこから慌てて帰還です。

帰ってからネットでチェックすると別府でまだアンパンを食べられてました。
勝負はどうやら明日の様ですね。

どうにかして一言ご挨拶だけしたい!
これはもう一度明日登らないといけないようです。
ちなみに事務局あてにぜひうちに宿泊するように猛プッシュのメールを送ってるのですが、
これにも一切返事なし・・・。

これからまた明日の作戦をじっくりと練りたいと思います。

湯布院カントリーロードユースホステル  

まだまだ雪山は終わらなかった

P2191385_convert_20180219162207.jpg

朝からシトシトと降りだした雨。
天気予報も見事に的中の雨。
そうか。今日は一日中雨なのか・・・、
と思いながら裏の由布岳を見上げると見事に白く染まっているではないですか!

山の中腹にはっきりと見える白と緑の境界線。
あそこが雪を雨へと変えてしまう温度帯なんだな。

ということはあそこより上に行けば雪山だ!
一日まったりしようかと思案していた奥さんを道ずれにして早速準備開始。
本日向かうのは鶴見岳です。

僕は西登山口から。
奥さんは中央登山口から。
お互いにペースが違うので今日は別ルートで山頂を目指します。

P2191386_convert_20180219162218.jpg

まだ下の方の登山道は地面が見えるくらいのうっすら雪。
ただし今日の雪は歩きにくかったです。
とっても重いべっとりとしたやつ。

雪だるま作るために転がすとみるみると大きくなっていくタイプの雪ですね。
それが足の裏にくっつくんですよ。
歩いていると足の裏の雪塊が徐々に大きくなっていき大変邪魔なのです。
こんなパターンは初めて。
何度も雪を払い落しながら登っていきます。

P2191387_convert_20180219162228.jpg

中腹を過ぎたあたりからはもう一面真っ白。
雪の境界線を完全に越えたようです。
途中の最深部は約40cmほど。
まだ結構残ってますね。
これくらいの深さがあると存分に雪歩きを楽しめます。

P2191388_convert_20180219162239.jpg

そして一気に飛ばして僕は一足先に山頂にゴーーーーール!
ここ鶴見岳は麓からロープウェイが伸びており、
だれでも超お手軽に山頂に来れてしまうという、
あまりありがたみのない山です。

今日もこの山頂の標識の周りには多くのオシャレな普段着の中国人のグループがたむろっていました。
ひたすらカメラを取り続ける彼らの間隙をついてパシャリ!

P2191389_convert_20180219162249.jpg

やり終えた僕は満足感に包まれながら下っていく途中で登り途中の奥さんと合流。
今日はスタートが遅かったのであまり時間がなく、
どちらかが先に頂上に着いて降りてきたら、
2人ともそこで終了という約束だったのです。

ふっふっふ、悪いね。

無念の表情の奥さん。
それもそのはず。
ここ鶴見岳で4月に行われる「鶴見岳韋駄天一気登山レース」に彼女はエントリーしているのです。

海抜0mから走りだし山頂の1375mまで駆け抜けるという鉄人レース。
こんな過酷さにもかかわらず毎年レースは抽選で、
去年外れた奥さんも今年は無事に参加資格をゲット!

その第一陣として本日登りに来たのですが・・・、
まぁ残念な結果となってしまいました。

でもまだ2か月あるぜ!
ガンガン登りに来いよ!

雪山はもう今季終わりかな?なんて勝手に思ってたのですが、
まだしばらく楽しめそうです。
鶴見の山頂は絶景の冬景色でした。
あまり気合いの入っていない人もロープウェイで僅か10分でもう頂上付近まで行けますよ。
ぜひ九州とは思えない真っ白な世界をご堪能くださ~い!

湯布院カントリーロードユースホステル  

あぁなんていい天気なんだ・・・

P2181370_convert_20180218210046.jpg

もう見渡す限り真っ青な青空。
気温もグイグイと上がっていきもう出かける以外の選択肢は一切見当たらない日曜日。
本日は日田で行われているお雛様巡りに出かけることにしました。

まずはその途中でランチを買い込み、
玖珠の街が一望できる切株山でお昼を食べることにしました。

相も変わらずの超絶景っ!
空では無数のハングライダー・パラグライダーが自由自在に風を操って遊んでいました。

この切株山頂には 「KIRIKSBU HOUSE」という見晴らし抜群の無料休憩所があるのです。
そこからの眺めはまさに天空から下界を覗き込むかのような錯覚に陥る程・・・。

残念ながら週末しか空いていないのですが、
週末にはたくさんの人がここにひと時の安らぎを求めて集まってくるはずなのですが・・・、

P2181367_convert_20180218210208.jpg

閉まってるじゃないですかっ!!!
どーしたんだ?玖珠!!
この晴れ渡った日曜日に開けなくていつ開けるんだ??

次々とやってきては開いてない扉にがっくりと引き返していく観光客たち。
なんて罪作りな・・・。
でもこんなに素敵な場所そうはないです。
このまま開くことなく閉鎖って最悪の流れだけはやめて下さいね!

しょうがないので4人で青空ランチです。

P2181377_convert_20180218210100.jpg

そして更に車を走らせて日田へと突入。
さすがにひな祭り期間とあってたくさんの人で賑わっていました。

今回日田に来た理由の一つが「琴音庵」という有名なカフェのかき氷を食べるために来たのです!
僕は以前一度食べたことがあるのですが、
奥さんは過去2度。、母親は過去3度も来ているのに、
売り切れや臨時休業でことごとく食べれなかったといういわくつきの店なのです。

今日はひな祭り期間の日曜日。
事前にネットで開いてるという情報も仕入れてきてるので間違いないだろうと確信して店に立つと、
そこには一枚の張り紙が・・・。

「本日 特別出張の為に休業です」

特別出張・・・?
カフェの店長が何処に出張に行くんだ?
しかも日曜日に・・・。
ありえんやろ。

またも裏切られたかき氷の魅惑。
この期待に膨らんだ胃袋どうしてくれようか。

しょうがないので近くにあった別のカフェに入り、
たらふくパフェとクリームブリュレとくずもち食べまくってなんとか落ち着くことができたのでした。

P2181378_convert_20180218210115.jpg

食べた後は沢山の人でごった返す街中を歩き、
可愛いお雛様も見て回り、
ふと見てみるとある店に「粘土遊び教室」という看板を発見。
こんなの今までなかったぞ。

という訳で早速娘と2人で試してみることにしました。
白い粘土に自分で好きな色をちょっとづつ混ぜていき、
好きな物を作っていくのです。
やばいな~。
こういうの大好きなんですよね。

という訳で懸命に創作する末娘を完全無視して、
一人の世界に入り込み作ったカエルの親子。
作品時間は15分です。

チビッ子も可愛らしいイチゴと雪だるまを完成させました。
これで1人200円っていうのだからものすごくお得ですね!
かなりおススメですよ。
(ただし指導してくれるオバサマは相当怖い)

P2181381_convert_20180218210132.jpg

その後みんなで唐揚げと酒蒸し饅頭を買い食いしながら、
酒蔵の中を見学。

この日田という街は大分県内でも冬は寒いし、
夏にはほぼ毎年最高気温を記録する程の酷暑地帯だし、
水害などの災害にもあうし、
とても大変な場所というイメージが強いのですが最近とっても勢いがあります!
一時はかなりすたれてきてるような感じだったのですが、
今は明らかに上昇気流に乗っていますね。

お客が来るからお店が増えて。
見る場所があるからまた観光客が来る。
この黄金パターンが完全に定着してきています。

別府・由布院に続いて日田も元気が出ればここに大分県の観光大動脈が成り立ちます。
あとは昨年の大水害で流れてしまった鉄橋が復旧されて、
福岡 ⇔ 大分の電車が開通することを願うばかりですね。
頑張れ~、工事の人たち!

湯布院カントリーロードユースホステル  

今季最後との噂の雪とあらば・・・

P2131354_convert_20180213192723.jpg

さぁ心躍るマンデー登山のはずが朝から再び止まる温泉。
これはもう大地の神の怒りとしか思えないですね。

止む無く朝一から一緒に山に行くはずだったお手伝い2人と智美を快く送りだし、
僕は再び温泉復旧及び温泉ラインの解凍作業へと移ります。

しかしもうすっかりと慣れっこのこの作業。
更に昨日の休日で一旦リセットできた心はやる気十分!

テキパキと不具合を直していき、
11時前には再び完温泉全復旧だぁ~!!

まだ時間あるな!
ここから瞬息で着替えて準備して、
遅ればせながら僕も山へとスタートです。

P2131356_convert_20180213192740.jpg

とはいっても車は奥さんが乗っていっているし、
今から山頂まで行く時間はとてもないので、
ユースホステルから由布岳登山口駐車場まで山道をトラバースしていくことにしました。

最近よく通る獣道をかき分け、
ガンガン飛ばして深い森の中に踏み分けていきます。
そして見晴らしが丘に到着!

思ったよりも積雪はない。
恐らく吹き荒れる強風で飛ばされてしまったものと思われます。

P2131357_convert_20180213192753.jpg

なにせ途中の風が吹かないところでは約50cmほど積もっていましたから。
とにかく出だしが遅かったので今日はほんとに急ぎましたよ。

普通に歩くとひたすら滑るので、
途中からはずっと四つん這いの完全四足歩行で登っていました。
おかげで今日は腰が痛い・・・。

P2131359_convert_20180213192806.jpg

そして誰もいない孤高の山頂を極めて下りてきた奥さんと途中で合流し、
そのまま駐車場に辿り着いて無事にゴーーーーール!!

となるはずだったんですよ・・・。
いや、なったんですけどね。

ただ「その後」のストーリーが待っていたのです。
いつも僕たちは空荷で山に登るので全ての物は車に置いていきます。
そう。
車のキーでさえ・・・。

それをどうするかというといつもタイヤの上に置いておくんですよね。
今までずっとこうしてきたのでもう感覚が麻痺してきて、
そこに危機感っていうものは全くなくなっていたのですが、
ついに今日やられてしまいました・・・。

鍵を持っていかれたのです。
タイヤの周り中探し回っても待ったくない。
盗られたとしか考えられないのです。
そして由布岳駐車場の入り口には大きく看板が掲げられていました。
「車上荒らし多発中!お気を付け下さい」と・・・。

あーーーーー!考え甘すぎた~!!
と後悔してもしょうがないのでとりあえず解決法を考える。
今できるのは家に帰ってスペアキーを取ってくることだけだ。
しかしここから家までは走っても1時間以上。
バスに乗る金もすべてロックされた車の中。

こうなればあれしかない・・・。
僕の大得意の 「ヒッチハイク~」」タッタタ~♪(ドラエモン風に)

氷点下の世界で震えながら手を上げること10分。
なんとか中国の観光客が停まってくれユースホステルまで乗せてくれることになりました。
ありがとう~!言葉はうまく伝わらなかったけど国を超えた大いなる愛に多謝!!

そして車を守るために一人極寒の世界に残った奥さんを救い出すべく、
ユースホステルの車をブッ飛ばして登山口へと再び車を走らせる。

さぁ!スペアキー持ってきたぞ!!

そしてここから問題は車内がどう荒らされているのか?ということです。
なんとこの日奥さんは財布はもちろんの事、
この後いろいろと振り込みをするために10万以上の現金を車に入れていたらしいのです。

これは車上荒らしの犯人大喜びだっただろうな・・・、
と浮かれた犯人の顔を想像しながら車を開けてみると・・・。

なんと。
なにもされてない。
財布もお金も全てあるのです。
な、なぜ・・・?

いや本当にありがたいのですが何のために犯人はキーだけを盗っていったのか?
謎だけが残った今回の事件でした。

ただもう今後は鍵は必ず持っていこうと夫婦間協定で決定されました。
「山を登る人に悪い人はいない」という鉄則はあるのですが、
「山に登らない悪い人も山にくる」ってことも覚えておかないといけないですね。

とっても勉強になった今回の雪山登山でしたー。
しかし寒かった・・・。
風邪ひかないようにしないとですね

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫