なんやかんやで伽藍岳

DSCN3852_convert_20170227231501.jpg

珍しくお客さんの少ない月曜日。
朝から温泉の修理に追われてまったく時間が取れなかった月曜日。
夜もみんな早くに部屋に戻ってしまいやる事なくなった月曜日。
こんな日はそうはないぞ。

そんなわけで同じく遊んでくれる人がいないので暇そうなタイ人お手伝い2人を連れだし、
ナイトハイクに出かけてまいりました。

なにせ都会のビルディング街に慣れきっている彼ら。
途中に現れる鹿に、真っ暗な闇に、満点の星空に、
逐一驚き感動してくれるもんだから連れて行ったこっちも嬉しい限りでした。

DSCN3857_convert_20170227231516.jpg

そして40分歩いてこれまた今宵も眩いばかりに光り輝く別府の夜景スポットへ。
別府湾をくるりと取り囲む大分市と別府市と日出市の街灯かり。
この風景は本当に美しいです。

なかなか見に来れない場所にあるからこそ価値がある。
タイ人達も大満足の夜のナイトハイク。

たまーにはこんな夜もいいでしょう。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

日曜午後のお休みでーす。

DSCN3837_convert_20170226222118.jpg

押し寄せる大陸からの観光客のおかげで完全に狂った年間営業の暦。
かつては一年で一番の閑散期だった2月が、
夏休みという最大の休みを抱える8月並みに忙しくなった。

連日の激務の疲れを唯一癒せるはずの休館の日曜日。
しかし今週末も長女が春から行くアメリカ留学の説明会が押し込まれてしまった~。
しかも朝から夕方まで1日中。
さらに親もなぜか必ず同伴で。

しょーがないので午前中は僕の母に帯同してもらい、
全身全霊で掃除を終えた後マッハで大分市に向かい昼から奥さんが交代。

残された4名の暇人たちは説明会終了の5時半までどこかで時間を潰すことになりました。
じゃーちょこっといっとくか。
本日はあの猿で有名な高崎山登山へ。

[広告]

前回からやり方を覚えた動画の投稿と合わせてどうぞ。
動画って長い説明が要らないのでいいですね~。
これからガンガン活用していきたいと思います。

この高崎山。
海側の崖からは誰もが知るケーブルカーが山腹を走っており、
沢山の観光客が可愛いおサルさん目当てに山へと登っていきます。

しかしその裏にある山側の登山道にはほとんど人は来ません。
それもそのはず。
恐ろしく分かりにくい場所にあるし道は狭いし何より肝心のおサルさんがいないのです。
僕も今回で3度目の登山ですがここでは一度もサルをみたことなし・・・。

それでも途中にはかつてここにあったという城跡の詳しい説明が書かれたりしていて、
とてもためになる登山道となっております。

登山時間も約40分ととってもお手頃。
お時間のある方は普段見れない裏側の高崎山もぜひどうぞ!

VPS
DSCN3841_convert_20170226222139.jpg

最後はいつもの田浦ビーチでみんなで飛んだり跳ねたり走ったりして遊びました。
ゐなせはかなり動けるようになってきましたよ。
バック転ができるのも時間の問題かな?
かけっこもあと3年後くらいには抜かれてしまいそうな勢いです。

そして6時に無事に奥さんと長女と合流し寿司食ってから本日のお休みも終了です。
娘は1か月後に迫る11日間の短期留学に不安を覗かせながらも、
何故かメラメラと闘志を燃やしておりました。

また始まる一週間のサイクル。
皆さんも気持ち新たに頑張っていきましょーう!

湯布院カントリーロードユースホステル  

わをん 6歳 お誕生日

DSC_2874_convert_20170223163152.jpg

少し遅れましたが2月21日は愛すべき我が末っ娘の6度目お誕生日でした~。

おめでと~!

父からも母からも姉からも兄からも格別の愛を受けてスクスクと育っています。
この春からはいよいよ小学生。
強く優しく楽しい学校生活を送ってね。

そして今回は初めてブログに動画投稿を試みてみる。
新たな挑戦だ。

[広告] VPS


湯布院カントリーロードユースホステル  

雪山登山 IN 九重連山のはずが・・・

DSCN3821_convert_20170219212519.jpg

2月だ!
山頂に深く降り積もる雪を乗り越え、
真っ白に固まった樹氷を眺めながら、
凍てついた空気の中極寒の頂を目指す。

そんな冬ならではの雪山ツアーになるはずだったんです。
先週阿蘇ドライブをした時に下から見上げると確かに真っ白に染まった山がそこにはあったのです。

まさかこの時期に限って季節外れの暖かい日が続くとは・・・。
寒いの大嫌いな僕にとっては喜ばしいものの痛恨の誤算。

「雪山登山ツアー」の名に惹かれて集まってきたメンバー達も困惑気味です。
それでも。
この日は山ではそうは経験できないほどのくっきりすっきりブルーの空。

この晴れっぷりならば・・・、
全てを許そう。

DSCN3822_convert_20170219212533.jpg

気温は1℃。
風もほぼ吹いてなく完全防備で歩き出したメンバー達はすぐに汗だくに。
ちくしょー!
こりゃ疑いようもなく春山登山だよ。

そして登山口から15分くらいで到着できる素晴らしき最初のピーク 沓掛山ゲット!
ちなみに今回のツアーは
僕・フランス人・中国人・タイ人・福岡人・大阪人・小学生人と超多国籍なメンバーでお届けします。

DSCN3826_convert_20170219212546.jpg

ただでさえ人気の山の為に草が踏み壊され土が露出しまくりのこの山々なのですが、
こうやって気温が上がると凍っていた土が溶けだしぬかるみとなってしまうのです。

みんな靴にねっちゃりと泥の重みを乗せながら懸命に歩くので、
中々思うようにペースが上がらない。
しょうがないのでとりあえずお昼にしよう!

太陽の光をおかずに食べるおにぎりは格別の美味さだっ。

DSCN3830_convert_20170219212556.jpg

結局本日はこの2本目のピーク 「星生山」で登山終了です。
ただみんなほとんど冬山登山とは思えない恰好で登ってますからここまでこれただけでも上出来でしょう。

中国ではリポーターの仕事をしているという美人の女性お手伝いは、
ズボンが汚れるのがイヤだということでパジャマのズボンで登ってました。
人間余計な下知識がなければなんでもできる!

DSCN3833_convert_20170219212614.jpg

途中見事に凍った池を発見!
気温が氷点下いってなくても凍るんですね。

全員で大騒ぎでの氷上遊び。
この後当然のように僕を含む3人が氷を踏み抜き片足ビショビショになるという事件が発生。
ちくしょー。
濡れた靴下で歩くのはとても不快だ・・・。

DSCN3834_convert_20170219212626.jpg

行きの段階でかなりドロドロになっていた登山道は、
午後になりさらに気温が上がった帰りはもはや泥の川みたいになってました。
もうこれは道じゃないっ!
田んぼだ!

これも緑豊かな大地を自らの足で長年汚し続けた人類への罪なのでしょう。
えぇ受けましょうとも。
もう汚れを気にしてる状況じゃない。
既に泥水は防水の靴の性能をはるかに上回り靴下までドロドロ。
これでさっきの池ポチャの失態も一瞬で挽回だ!
いけー!突っ込めー!

こうしてありえないほど気持ちいい天気の中で終わった「一体どこが?冬山登山ツアー」
思い通りにならないからこそ自然の活動は楽しいってもんです。
もう今シーズンの冬山登山はないですがまた来シーズン。
今度こそ埋まるくらいの積雪に期待してツアーを企画したいと思います。

泥と紫外線で真っ黒になった参加者の皆さん、
お疲れ様でした~!

湯布院カントリーロードユースホステル  

冬の阿蘇ドライブ

DSC_2830_convert_20170213072427.jpg

連日続く韓国人の学生フィーバー。
日曜日はその中の唯一心休まる休館日です。

天気も絶好調に晴れているので、
午前中でなんとか掃除を終わらせ長崎から遊びに来てくれた智美のバイクの師匠ご夫婦と共に、
阿蘇方面へとドライブに出かけました。

まずはいつもの豆腐屋さんでランチ。
当然食べるのに夢中で写真撮り忘れる。
満腹になった後はひたすら高原をドライブです。
この時車の温度計 1℃。
やるなー、阿蘇。

寒い寒いと言われる由布院をさらに上回る寒さ。
この標高差が生み出す気温低下の力はやっぱ半端ない!

DSCN3803_convert_20170213072535.jpg

ガンジーファームで一休み。
ここのアイスやば旨ですよ。
寒さにも負けずにソフトとシェイクを一気食い~!
もちろん食べるのに夢中で写真撮り忘れる。

DSC_2832_convert_20170213072444.jpg

途中の雪原で遊ぶの図。
まったく雪装備がないにもかかわらずはしゃぎまわったために、
全員靴下までびちょびちょ。

息子にいたってはどこをどうしたのかわからないのですが、
中のシャツまで濡らしてました。


DSC_2836_convert_20170213072459.jpg

誰かが作った可愛い雪だるまを発見!
しかし驚くべきはその鼻。
これ本物の人参なんですよ。
だれかこのために持ってきたのか・・・?
だとしたら用意良すぎっしょ!
いや、もし偶然持ってたとしてもそれはそれでスゴイシチュエーションなのですが・・・。

いやーふとしたところに落ちてるこんな小さな驚きがあるからこそ、
人生って面白いですよね。

DSC_2845_convert_20170213072522.jpg

本当はこのまま日田の方まで抜けていこうと思っていたのですが、
予想以上に溶けてない雪道に苦戦し、
結局そのまま由布院に戻ってきました。

実は長崎からのおみやげで大量の牡蠣を頂いたので、
夜は家族だけで牡蠣鍋パーティを開催する予定だったのです

20個ほどの特大牡蠣を捌き、豪勢な鍋をたらふくいただきました!
もちろん写真は撮り忘れ~!

来週末は雪山登山のイベント日です。
ドライブ途中見かけた九重連山は実にキレイに白く染まっていて期待は高まるばかり。
まだまだ参加者大募集中ですよー。
ぜひご一緒に雪と戯れましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  

| NEXT≫